【ビザ】2015-2016年度版!各種ビザ申請費用が値上がりします

【ビザ】2015-2016年度版!各種ビザ申請費用が値上がりします
この記事で説明する準備ビザの申請費用を知ろう
難易度:★☆☆☆☆ | 所要時間:5分

2015年ー2016年度版の主なビザ申請費用のお知らせをします。

2015年7月からの適用です。さすがオーストラリアです。ほとんどのビザ申請費用が少し上がっていますね(汗)

2015 ー 2016年度版のビザ申請費用

実は、オーストラリアでは、毎年のように各種ビザの条件が見直しされています。

今回は2015年5月にオーストラリア連邦政府の予算が決定されましたので、この発表を受けて移民省は各種ビザの申請費用の値上がりを発表しました。

新しい料金表は以下の通りです。

ここをタップして表示Close
ビザの種類 2015年6月30日まで 2015年7月1日から
学生ビザ 535ドル 555ドル
ワーキングホリデービザ 420ドル 440ドル
ETAS 20ドル 20ドル
スポンサービザ(ビジネス) 1,035ドル 1,060ドル

新しい料金は、2015年7月1日から適用となります。6月30日までの申請であれば従来通りの料金にて申請できますので、7月にお申し込みをお考えの方は6月までに済ませるようにしましょう。

ETASは変更無し?

ETAS(観光)だけ、料金に変化が無いように見えますが、実はもともとETASは申請費用が無料なんです。ETASの手配を行なっているウェブサイトに手数料として$20が掛かる仕組みなのです。

なので、手数料引き上げという風にはなりませんので、そのまま据え置きという形ですね。

ここで明記されていない、その他のビザ申請料金についてはお気軽にお問い合わせください。

ツヨシからワンポイントアドバイス

・毎年7月にビザの条件は変わるよ。
・ビザの申請料金は、クレジットカードで支払うとサーチャージが掛かる事も覚えておこう。
・ビザの情報は必ずビザのコンサルタントに確認するように。

無料メール相談受付中

毎月100名以上のカウンセリング実績がある安心の『手続き無料』エージェントです。

留学・ワーキングホリデーの費用や準備に関するお問い合わせを24時間受け付けています。皆様の状況やご希望をお伺いした上で、留学のプロが丁寧にお答えします。どんな些細な事でも、何か気になる事などございましたら、お気軽にご相談下さい☆

この記事がためになったと思ったら、SNSで「いいねぇ♪」して下さい☆

今週よく読まれている記事