これであなたもオージー!?これだけは知っておきたい『オーストラリアの英語』まとめ

これであなたもオージー!?これだけは知っておきたい『オーストラリアの英語』まとめ
この記事で説明する準備オージーイングリッシュを知ろう!
難易度:★★☆☆☆ | 所要時間: 10分間

G’day mate!!! YURIです!

渡航予定の方、英語の勉強は進んでいますか?文法も大事ですが、それに合わせてオーストラリアの英語を学んでみてはいかがですか?

この記事では、オーストラリアの英語オージーイングリッシュ)についてお話ししたいと思います。

私たち日本人にとっては、アメリカ英語の方が馴染みがあると思います。オーストラリアは歴史上、イギリスとの関係が深いため、基本的に文法やスペルはイギリス英語です。そのため、私も多々混乱することがありました…。

「英語」と言っても範囲が広いので、今回は、オーストラリアで良く聞く「スラング(略語)」、「単語」、「スペル(綴り)」と、3つの項目に分けてお伝えしたいと思います。

この記事の使い方
・オーストラリアへ来た時に混乱しないように単語を覚えておきましょう☆
・オーストラリア英語の基本は「単語を略す」と覚えておこう!
・面白いオーストラリアの略語動画も紹介するので見てみてね♪

 

1. スラング(略語)

それでは、まず、オーストラリアで良く聞くスラングについてお伝えします。たくさんあるのですが、これさえ知っておけば基本的には大丈夫です。

1. G’day(グダァイ)
「こんにちは」の意味で使われます。原語は、Good Day。飲食店で働いていると多々耳にすることがあります。

YURI’s ポイント
オーストラリア人は「A」を「アイ」と発音します。
《例》Today(トゥダイ)、Date(ダィト)

2. Aussie(オーズィー)/ OZ
「オーストラリア人」や「オーストラリアの」という意味です。

3. How’s it going? / How ya going?
「元気ですか?」「調子はどう?」の意味で使われます。この文章は毎日聞きます。「How are you?」の代わりによく使われる言葉です。

4. No worries(ノー ウォーリーズ)
「心配しないで」や「気にしないで」の意味ですが、「Thank you」の返事で「どういたしまして」の意味でも使われます。「You are welcome」よりも使用頻度は格段に高いですよ☆

5. Cheers(チアーズ)
通常、「乾杯」するときに言う言葉ですが、オーストラリアでは「ありがとう」の意味でも使われます。ウェイトレスとして働き始めた頃、ハンバーガーをテーブルに運んだ時にお客さんから「Cheers」と言われ、「え、なんで?」と混乱したときがありました。

6. Ta(タ)
これも「ありがとう」の意味で使われます。Thank you を略すとTa…。ちょっと略し過ぎのようにも思えますが(笑)ちなみに「Ta-ta」とつなげれば、「バイバイ」の意味になるそうですが、こちらは私は聞いたことがありません…。

7. Mate(マイト)
「仲間」や「友達」の意味ですが、オーストラリア人は口癖のように誰にでも言います。例えば、バスを降りるときに運転手さんに「Thanks, mate」と言います。この単語も「G’day」と同じように「A」の発音に注意です☆

8. Reckon(レコン)
「Think(考える)」の代わりに使われます。「What do you reckon? (どう思う?)」

9. Brekkie(ブレッキー)
「Breakfast(朝食)」の意味です。

YURI’s ポイント
オーストラリアでは単語を略して「◯◯ッキー」にすることが良くあります。
《例》Chocolate(チョコレート)→Choccy(チョッキー)、Biscuit(ビスケット)→Biccy(ビッキー)

10. Maccas(マッカス)
「マクドナルド」の略です。

11. Avo(アヴォ)
「アボカド」の略です。

12. Arvo(アルヴォ)
「Afternoon(午後)」の意味です。

13. Barbie(バービー)
「BBQ(バーベキュー)」のことです。

YURI’s ポイント
「Let’s have a barbie this arvo.(午後にBBQをしよう)」とつなげて言ってみてはどうでしょう??

14. Ciggie (シギー)
「タバコ」のことです。

15. Defo(デフォ)
「Definitely(確実に / 絶対に)」の略です。

16. Veggies(ベジーズ)
「Vegetables(野菜)」の略です。

17. Heaps(ヒープス)
「たくさんの」という意味で使われます。

オージーイングリッシュについてもっと知りたい方はコチラの動画をチェックしてね☆

 

2. 単語

では次に、単語についてお話しします。オーストラリア冒頭でもお伝えしたように、基本的にはイギリス英語と同じです。アメリカ英語との違いを見ていきましょう☆ 左側がオーストラリア英語、右側がアメリカ英語です。

オーストラリア英語 / アメリカ英語

1. petrol / gasoline(ガソリン)
YURI’s ポイント
ガソリンスタンドは「petrol station」です。

2. flat / apartment(アパート)

3. bill / check(伝票)

4. car park / parking lot(駐車場)

5. chips / french fries(フライドポテト)
YURI’s ポイント
「フライドポテト」は通じません。和製英語に要注意!

6. taxi / cab(タクシー)

7. thongs / flip-flops(ビーチサンダル)
YURI’s ポイント
ビーチサンダルのことを「Thongs」と呼ぶのはオーストラリアの特徴であり、イギリスやアメリカでは「Thongs」は「Tバック」のことなので他国でこの単語を使う場合は要注意です!!!

8. holiday / vacation(休暇)

9. mobile phone / cell phone(携帯電話)

10. shop assistant / sales clerk(店員)

11. ground floor / first floor(1階)
YURI’s ポイント
これが本当にややこしいところです!

3階 Second floor
2階 First floor
1階 Ground floor

エレベーターのボタンでは、「Ground floor」は「G」と書いてあります。

12. lift / elevator(エレベーター)

 

3. スペル(綴り)

最後に、スペルの違いについてお伝えします。アメリカ英語を学んでいた私は、最初はとても混乱しました!!しかし、違いには規則性があるので、それさえ理解すれば大丈夫です。先ほどと同じように左側がオーストラリア英語、右側がアメリカ英語です。

オーストラリア英語 / アメリカ英語

☆「-or」の間に「u」

1. colour / color(色)

2. harbour / harbor(ハーバー)

3. favourite / favorite(お気に入りの)

☆「-re」と「-er」の違い

4. centre / center

5. theatre / theater

☆「-se」と「-ze」の違い

6. realise / realize

7. analyse / analyze

 

まとめ

いかがでしたか?結論は…オーストラリア英語は慣れるのみです!身近な人の口癖って移っちゃうことがありますよね。言葉は何度も何度も繰り返し聞くと自分のものになります。また、豆知識として、オーストラリアではアメリカ英語を使うことをあまりよく思わない人もいますので、特に「履歴書」などを書くときは意識してオーストラリア英語を使うようにしてくださいね☆

オーストラリアにいる方は徐々に慣れていきましょう☆ これから渡航予定の方は事前に知識として知っておくと、オーストラリアに来た時に困らないですよ!

 

YURIからワンポイントアドバイス

・オーストラリアでよく使われるスラング(略語)は知っておくととっても便利ですよ!
・たくさん聞いて自分のものにしましょう☆

無料メール相談受付中

毎月100名以上のカウンセリング実績がある安心の『手続き無料』エージェントです。

留学・ワーキングホリデーの費用や準備に関するお問い合わせを24時間受け付けています。皆様の状況やご希望をお伺いした上で、留学のプロが丁寧にお答えします。どんな些細な事でも、何か気になる事などございましたら、お気軽にご相談下さい☆

この記事がためになったと思ったら、SNSで「いいねぇ♪」して下さい☆

今週よく読まれている記事