【セカンドワーホリ】2017年版ファームの求人・探し方と探す際の注意点まとめ

【セカンドワーホリ】2017年版ファームの求人・探し方と探す際の注意点まとめ
この記事で説明する準備2017年ファームジョブの探し方と見極め方を知ろう!
難易度:★★★☆☆ | 所要時間:15分間

こんにちは。YURIです!

これからワーホリで渡航される方、滞在は1年の予定ですか?それとも2年の予定ですか?

2年目もオーストラリアに滞在したいと考えている方、セカンドビザワーキングホリデービザを取得するためには政府が規定する地域で3ヶ月(88日)以上の季節労働をする必要があります。

しかし、そのような認識はあっても実際どのようにファームの情報を手に入れたら良いか分からないですよね。

そこで今回は、「オーストラリアでのファームジョブの求人の探し方」と「探す際の注意点」についてお話したいと思います。ファームジョブと言っても種類は様々です。フルーツなどのピッキングもあれば、ミートファクトリー、さらに真珠ファームでのお仕事などもあります。

では、さっそく行ってみましょう!

1. 都市別に作物が収穫される時期は?

オーストラリア政府が出している「HARVEST GUIDE」から見てみましょう☆

上記の例では「タスマニア州」の収穫時期を表したものです。色が濃い部分ほどよく採れる時期を示しています。
Burnieでは1月から6月までは野菜がよく採れることが分かります。また1月から5月まではベリーのシーズンですね。

果物や野菜によっても働き方が変わってくるので「HARVEST GUIDE」で収穫の時期を確認して、計画的に予定しても良いですね☆

 

2. ファームの求人情報はどこで見つけるの?

次に、ファームの求人情報についてです。探し方は様々ですよ!いろんな方法でチェックしましょう☆

① ウェブサイトで探す

インターネットで自分で探す事が可能です!セカンドビザを申請予定の方は、ビザを申請する条件を満たしているファームであるかの確認が必要です。できれば雇用主に直接連絡をとって確認しましょう。ファームで働いたのにセカンドビザが申請できないということがないように注意しましょうね☆

<日本語で探そう>

<英語で探そう>

*英語求人サイトで探した方が、良いファームに当たるという噂もあります。理由としては日本語求人サイトでは韓国系などいわゆる悪徳ファームコントラクターからの求人情報が乱立しているから、、という意見です。ただ、日本人の方からも沢山投稿があるため、一概にどれが悪徳か見分けるのは困難です。

② Facebookで探す

Facebookには多くの「オーストラリアワーキングホリデー」に関する情報交換グループがあります。季節にもよりますが、ファームの情報をゲットできますよ♪

③ 友達から情報を得る

ワーキングホリデーをしている人で2年目だという方もたくさんいます。日本人だけでなく、韓国人やイギリス人、チリ人やドイツ人など他国からも多くのワーキングホリデービザ保持者がオーストラリアに滞在しています。友達や街、語学学校で出会った人に情報をもらうのも一つの手ですね☆

また、いわゆる悪徳なファームも多く存在するので実際にファームで実際に働いたことがある人の情報が1番信頼できると思います☆

④ 地域の情報センターかバックパッカーズで情報を得る

実際にファームジョブのたくさんある街に行って直接情報を手にいれるという方法もあります!街のインフォーメーションセンターやホステルでも情報を入手することが可能です。

おまけ:車を持っていると仕事探しに有利!?という話もよく聞きます。オーストラリアは国土が非常に広くファームの仕事場も街から離れていることが多いので、自由に移動するための手段を持っておいた方が有利ということでしょうね。

 

3. ファームを探す際の注意点(←重要)

ファームは稼げる」という認識を持っている方も多くいると思います。しかし、そうとは限りません。お給料が安く奴隷のように働き、さらにはセカンドビザが却下された話も聞きます。ここに注意点を挙げておきます。

① 歩合制給与の注意

日数が足りていても収入が低ければセカンドビザの申請が却下される可能性があります。詳しく知りたい方はコチラの記事をチェック!低収入によるセカンドビザへの影響について書いています。▼▼▼

最近では、国内のメジャーなニュースでも『ファームの摘発』が取り扱われるようになりました。不法労働者を取り締まるのが目的ですが、同時に、ファーム側の不当な雇用が見つかる場合もあるようです。

② 奴隷のような扱いをされないように注意

ファームは当たり外れがあります。時給もしっかりしていて労働時間も管理されているファームもあれば、奴隷のように働かされさらに低賃金といった悪徳のファームもあります。ファームの情報はできるだけたくさん集めましょう。また、人脈もとても大事です。友達や経験者の声にも耳を傾けましょう。

③セカンドビザを申請する条件を満たしているか確認しましょう

冒頭でも述べましたが、セカンドビザを申請予定の方はそのファームがビザ申請が可能な条件を満たしているファームであるのかの確認が必要です。ワーキングホリデーの皆さんにとっては、セカンドビザの取得が一番の目的のはず。セカンドの規定を満たすには就労日数だけでなく給与額も重要です。入念にチェックしましょう☆

④ファームの候補は多めに探しておこう

ファームは「行ってみないと分からない」というところがあります。もし、奴隷のように扱われたり、お給料が違法であるのならばすぐに移動することも考えたほうが良いですね。そのためにもいくつかファームはチェックしておきましょう☆

 

最後に

ファームを探すのは簡単な作業ではないようです。慎重に行うようにしましょう。特にセカンドビザを取得したい方はできるだけ多くの情報を集めるに越したことはありませんよ☆

近年、出稼ぎワーホリと呼ばれる貯金目的でワーホリを渡航される方も増えています。インターネットで検索してもファームで数百万円貯金した!という記事もよく見かけますね。充実したファームライフというのも、もちろんあるんでしょう。ただ、多数の方は苦労しているような話を聞きます。

何度も言いますが、実際にファームを体験した方の話に耳を傾けましょう!ファーム探しにおける人脈は大事ですよ!また、オンラインで探す場合も雇用者に直接連絡を取って確認事項はチェックしましょうね☆

 

>>次の記事はコチラ>>
ファームの探し方と問題点についてさらに情報が知りたい方はコチラの記事をどうぞ▼▼▼
【ファーム】2016年のファームの探し方と問題点を知ろう

 

YURIからワンポイントアドバイス

・友達、経験者からのファームの情報は信頼できますね☆
・雇用者に直接コンタクトを取って必要事項は確認しよう!
・悪徳ファームには気をつけて下さい!!!!!

無料メール相談受付中

毎月100名以上のカウンセリング実績がある安心の『手続き無料』エージェントです。

留学・ワーキングホリデーの費用や準備に関するお問い合わせを24時間受け付けています。皆様の状況やご希望をお伺いした上で、留学のプロが丁寧にお答えします。どんな些細な事でも、何か気になる事などございましたら、お気軽にご相談下さい☆

この記事がためになったと思ったら、SNSで「いいねぇ♪」して下さい☆

今週よく読まれている記事