【資格学校:ALG】豪4都市にて『フィットネス』『マッサージ』『ダンス』の資格が取得できる専門学校!

【資格学校:ALG】豪4都市にて『フィットネス』『マッサージ』『ダンス』の資格が取得できる専門学校!
この記事で説明する準備フィットネス、ダンス、マッサージ業界の進学方法を知ろう☆
難易度:★☆☆☆☆ | 所要時間:10分間

こんにちは!ののです!

今回は専門学校の紹介です!英語力に自信がついてきたら『英語で何かを学ぶ』ことを考えてみるのはいかがでしょうか?自分の学びたい分野があるのはもちろんですが、手に職をつけてプロフェッショナルとして働く資格も取れるんですよ!

今回の専門学校は「Australian Learning Group(通称:ALG)」という、フィットネス、ダンス、マッサージの資格が取れる専門学校のご紹介です!ALGは、全豪にキャンパスを持ちシドニー、メルボルン、ブリスベン、パースにて就学可能。今回はセールスマネージャーのBenさんにお話を伺いました!ALGとは、一体どんな学校なんでしょうか?フィットネス資格は、有名な人気パーソナルトレーナーのあの方もここのALGで取得したとか…!?

では、いつものようにQ&A方式でみていきましょう!今回は資格ごとに紹介していきます♪

ALGについて

Q1. ALGで学べる分野は何がありますか?

主に『フィットネス』、『マッサージ』、『ダンス』について学べるコースを用意しています。

Q2. キャンパスはどこにありますか?

シドニー、メルボルン、パース、ブリスベンにキャンパスがあります。

Q3. 留学生はどれくらいいる学校でしょうか?

オーストラリア国内に4つあるキャンパス合計で、1,000人ほどの留学生が通っています。

Q4. 国籍比率はどうですか?

学科によって変わりますが、ダンスではヨーロッパ、ブラジル、南アメリカ、アジアと様々な国からの学生さんがいらっしゃいます。フィットネスはアジアの方、マッサージでは特に韓国の方が多めかと思います。

 

英語力について

Q1. 英語力はどれくらいのレベルが必要でしょうか?

Certificate(サティフィケイト)に関しては、IELTS5.5(全スコア5以下がないこと)か提携のある語学学校でUpper-Intermediateのレベルに達している必要があります。Diploma(ディプロマ)に関しては、IELTS6.0(全スコア5.5以下がないこと)か提携のある語学学校でAdvancedのレベルに達している必要があります。

 

フィットネスコースについて

フィットネスコースの様子

Q1. フィットネスで取れる資格は何がありますか?

「Certificate III & IV in Fitness」「Diploma of Sport and Management」が取得できます。

Q2. フィットネスの資格の違いは何ですか?

「Certificate III in Fitness」はフィットネスを学ぶ上で一番最初の資格となります。

「Certificate IV in Fitness」はCertificate IIIの内容に加えて個人のクライアント向けのトレーニングに関する知識を学びます。パーソナルトレーナーまでお考えの方にはぜひCertificate IVまで取っていただきたいですね。なお、Certificate IVはIIIの履修が必要となります。

「Diploma of Sport and Managementはフィットネスの知識とスキルに加え、経営のノウハウも学んでいきます

Q3. どういった進路がありますか?

「Certificate III in Fitness」はフィットネスインストラクター、ジムインストラクター、グループインストラクターとしてフィットネスセンターやジムで働く方が多いです。

「Certificate IV in Fitness」ではパーソナルトレーナーとして働くことができるので、監督者を必要せずクライアントにトレーニングができます。

「Diploma of Sport and Management」はレクリエーション業界、ヘルスセンター、フィットネスセンターをはじめ、アウトドアスポーツと言った業界で働くことができます。

Q4. Diploma of Sport and ManagmentはCertificate III、IV in Fitnessの受講が必ず必要ですか?

「Diploma of Sport and Managment」は「ビジネスプログラム」「フィットネスプログラム」に分けられています。ビジネスプログラムはフィットネス業界で働くことに興味がある学生さん向けで直接入学と言う形が取れますので、Certificate III、IV in Fitnessの受講は必要ありません。しかし、フィットネスプログラムに関してはリハビリテーション、上級応急処置などを学びフィットネス業界のスペシャリストを目指すコースとなっています。そのため、Certificate III、IV in Fitnessの受講が必須となります。

 

マッサージコースについて

マッサージコースの様子

Q1. マッサージはどんな資格になりますか?

マッサージの方は「Certificate IV in Massage Therapy」「Diploma of Remedial Massage」が取得できます。

Q2. マッサージの資格の違いは何ですか?

「Diploma of Remedial Massage」ではCertificate IVの内容に加えスポーツマッサージ、リメディアルマッサージ、栄養学、上級健康学、スチューデントクリニックといった更に上位の内容が組み込まれます。特に「Diploma of Remedial Massage」ではスペシャライゼーションプログラムが選択制で取れるのが魅力です。

>>マッサージの資格の違いはこちらの記事もご参考に♪<<
【資格:AIS】国際資格への近道!オーストラリアの美容とマッサージの資格コースを徹底解説します!

Q3. スペシャライゼーションプログラムではどのような内容が取れますか?

アロマセラピー、指圧、リハビリテーションのマッサージ、リフレクソロジー、妊婦向けマッサージ、スポーツマッサージIIから自分の興味によって選んでいただけます。

Q4. どんな分野で働くことができますか?

クリニックで働いたり、自分でクリニックを立ち上げて働くこともできます。また、クライアントの自宅へ出向いてのモバイルマッサージ師や、スポーツチームに所属したマッサージ師など、幅広く活躍が期待できます

 

ダンスコースについて

ダンスコースの様子

Q1. ダンスはどんな資格が取れますか?

ダンスは「Certificate III in Assistant Dance Teaching」、「Certificate IV in Dance Teaching and Management」の2つの資格が取れます。

Q2. ダンスの資格の違いは何ですか?

「Certificate III in Assistant Dance Teaching」ダンステーチングの資格、「Certificate IV in Dance Teaching and Management」ダンスティーチングに加えて、スモールビジネス経営、栄養学、解剖学を学んでいきますCertificate IVは現在シドニー校のみの開講となりますのでご注意ください。

Q3. ダンスのコースにはどのような進路がありますか?

「Certificate III in Assistant Dance Teaching」を卒業すると、プライベートダンススタジオ、ダンスグループ、放課後の学校のダンスプログラムなどで、アシスタント講師として働くことができます。それに加え「Certificate IV in Dance Teaching and Management」では上記のような分野でダンス講師として働けます。また、監督者が必要ない資格になりますので、自分でダンス教室を開くことも可能です。

Q4. ダンスコースで学ぶダンスはジャンルが決まっているのでしょうか?

ALGのダンスコースはダンス講師になるためのコースになるので、学生さんの学んできたダンスを他人に教えられるように指導していきます。ですのでどんなダンススタイルも大歓迎です!

Q5. 入学の際に必要なダンスのレベルはどれくらいでしょうか?

「Certificate III in Assistant Dance teaching」、「Certificate IV in Dance Teaching and Management」共に必須や前提を求めるものはないですが、様々な年齢や能力のダンスを習う人へやる気を出させたり、引っ張っていくためのコミュニケーション能力があった方がいいですね。また授業についていくために安定した英語力が必要ですね。

Q6. Certificate IIIを受講せずにIVから始めることはできますか?

入学希望者の選んだミュージックビデオかパフォーマンス作品に含まれるダンスに関する基礎を分析したエッセイとダンスティーチングにふさわしい知識とスキルを実証できるオーディションビデオの提出が必要となります。

☆以上のコースをまとめた動画もご覧ください☆

 

姉妹校4ifeカレッジについて

Q1. 4ifeカレッジではどんなコースが学べますか?

チャイルドケアコミュニティ&ヘルスについてのコースを開講しています。

チャイルドケアのクラスメイト

Q2. 英語力はどれくらい必要でしょうか?

こちらもIELTS5.5、または同等の英語力(Upper-Intermediate)が必要です。もし、IELTSのスコアを持っていない場合はキャンパスで英語のテストを受けていただく形になります。

Q3. カレッジの強みはなんですか?

チャイルドケア、コミュニティ&ヘルス共にワークプレイスメントが必要になるので、実践的な力を身に着けることができます。また、ワークプレイスメントはフレキシブルに行えるのも魅力です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?フィットネス、マッサージ、ダンスをオーストラリアでどう学んでいくのか、参考になることも多かったのではないでしょうか?特に日本では無資格でも従事できるフィットネス業界ですが、オーストラリアでは資格が必要となります。ALGでしっかりと学んで安全に指導できるトレーナーを目指したいですね。実は先日『現地就職シリーズ』に登場いただいた野村麻衣さんもALGの卒業生なんですよ♪ 何人もの実力のある人材を輩出している学校でもあります。

また、姉妹校ではチャイルドケア、コミュニティ&ヘルスが学べ、ワークプレイスメントも行えますので、現場で経験を積むことができるのも魅力的です。英語力がついてきた方はぜひ進学も考えてみてくださいね♪

リズムは、ALGの正規代理店です。コース期間や費用、入学日や申し込み手順など、学校相談・手続きを無料で行っていますので、お気軽にお問い合わせください☆

 

NONOからワンポイントアドバイス

・英語力がついてきたら英語で自分の好きなことを学んでみよう!
・業界で活躍する先輩が多数!!
・確かなノウハウを学ぼう!

無料メール相談受付中

毎月100名以上のカウンセリング実績がある安心の『手続き無料』エージェントです。

留学・ワーキングホリデーの費用や準備に関するお問い合わせを24時間受け付けています。皆様の状況やご希望をお伺いした上で、留学のプロが丁寧にお答えします。どんな些細な事でも、何か気になる事などございましたら、お気軽にご相談下さい☆

この記事がためになったと思ったら、SNSで「いいねぇ♪」して下さい☆