【お仕事紹介】皆が気になるお仕事、シェフの給料って実際幾ら?

【お仕事紹介】皆が気になるお仕事、シェフの給料って実際幾ら?
この記事で説明する準備職業:シェフのお給料を知ろう
難易度:★★☆☆☆ | 所要時間:30分

オーストラリアのシェフのお給料は幾らだろう、思っていてもなかなか知る機会が少ないのではないでしょうか。

私もよくシェフの方からご相談を頂くことがありますが、相談の内容は、どんなお仕事に就けるのか、ビザはどうなるのかといったものが多いです。

実際に、今どんな求人があって、どんなお店で働けるのか不安ですよね。そこで、今日は、シェフ/調理師という職業にスポットを当てて書いてみたいと思います。

外食・レストランブームと人材不足

まず先にお伝えしておきたい事は、オーストラリアでは全国的に外食・レストランブームが続いている、という事です。

セレブリティシェフによる有名レストランやレストラングループが多数あり、一味も二味も違うバーフードにパブフード、アートと掛け合わせたお洒落なフードトラックにフードストールや、様々なテイクアウェイフードに色んな食が集まったフードコート、オーガニック食材をふんだんに使ったカフェのご飯など、様々な形態で食が楽しまれています。

オーストラリア国民も1度のランチに平均$12~$20(1,200円〜2,000円)、ディナーに$25~$40(2,500円〜4,000円)ぐらいを消費していると思います。

そんなブームの元、多くの経営者はどんどん新しい店舗を展開していきますが、それを支えるシェフの数は慢性的に不足しているという状態です。これから先、シェフとしてお仕事を探したい場合、ご自身がどんなお店で働きたいのか、よくイメージすること、よく調べることが大事ですね。慢性的に人材が不足していてもそれだけ競争が激しい業界だということです。

シェフの業務実態

2015年7月8日に発行されたオーストラリアのホスピタリティ・マガジンでそんなシェフのお給料について興味深い記事が出ておりましたので、ここにご紹介致します。

始めに、今回の統計に使われた数字は、過去12ヶ月でフロントラインという人材紹介会社経由で人材募集をし、人材の獲得に至ったホスピタリティ業界(レストランやホテルなど)での人材紹介の成功例を元に平均を算出しているという事とあります。

ですので、かなりシェフの人材市場を表している信憑性の高い数字ではないかと思います。

シェフの勤務時間はどのくらい

まず、シェフの勤務時間について。ホスピタリティ業に従事している社員は1週間に平均30〜40時間の労働をしている、もしくは30時間以下の労働をしている、ということ。

つまり週休2日であれば1日平均6〜8時間労働であるということ。

そして、75%の雇用主は自身の店舗経営状況がこの先12ヶ月も成長すると見込んでいるとのこと。更には、80%の雇用主は、この先12ヶ月で従業員のお給料も1〜6%上昇すると見込んでいるとのことです。

これは素晴らしいですねぇ(笑)将来も明るい。

ですが、各州によって少し環境が変わるようです。

各州の現状

ブリスベンでは顧客の購買力が上昇気味であり新しいレストランも沢山できている状態のようです。様々なレストラングループが進出を繰り広げていると書いてあります。

キャンベラでも過去12ヶ月に多くの新しいレストランが開いている反面、顕著なシェフの人材不足に直面しており、それが給与の引き上げを起こしているとあります。

また、元祖食の街メルボルンでは、現在でも新しいレストランが頻繁に開店しており、シェフの求人は溢れ、人材が一つの仕事に長居しないという事が起きているようです。特に地位の低いシェフ(厨房の責任者や料理長、副料理長以外)はよく職場を変えるとされています。

しかし、パースでは炭鉱業の落ち込みにより市民の購買力が落ちレストランの新規開店等も少なく求人も比較的少なくなっているようです。

最後に、シドニーではレストラン形態に変化があるようで、個性を出した比較的小さいサイズの店舗が増えており、それが求人市場でも影響しているとの事、しかしながら慢性的なシェフ不足は変わらないと書かれています。

(*この資料元ではアデレードやタスマニア、他の都市については記述無し。)

シェフの平均給与

では、実際にお給料の額はどうなのでしょう。以下、一般的なレストラン(ハット無し)、有名レストラン(ハット有り)、ホテルを抜粋してまとめました。

ここをタップして表示Close
レストラン(ハット無し) ブリスベン キャンベラ メルボルン パース シドニー
シェフ(一般) $48K – $50K $40K – $45K $47K – $50K $40K – $45K $45K – $48K
シェフ(持ち場担当) $50K – $55K $50K – $55K $50K – $55K $50K – $55K $52K – $55K
シェフ(副料理長) $50K – $58K $55K – $65K $55K – $65K $60K – $65K $60K – $65K
シェフ(料理長) $60K – $70K $60K – $80K $65K – $80K $75K – $80K $75K – $110K
シェフ(総料理長) $70K + $80K – $100K $85K – $100K $90K – $100K $75K – $110K
ここをタップして表示Close
レストラン(ハット有り) ブリスベン キャンベラ メルボルン パース シドニー
シェフ(一般) $42K – $47K $40K – $45K $47K – $50K 該当無し $50K
シェフ(持ち場担当) $50K – $55K $50K – $60K $50K – $55K 該当無し $55K – $57K
シェフ(副料理長) $55K – $60K $60K – $65K $55K – $65K 該当無し $62K – $68K
シェフ(料理長) $70K + $65K – $75K $65K – $80K 該当無し $80K – $110K
パティシエ $65K – $70K $50K – $70K $52K – $58K $50K – $55K $60K – $70K
ここをタップして表示Close
ホテル ブリスベン キャンベラ メルボルン パース シドニー
シェフ(朝食) $45K – $47K $40K – $45K $47K – $50K $60K – $65K $45K
シェフ(一般) $47K – $50K $40K – $48K $47K – $50K $45K – $50K 該当無し
シェフ(持ち場担当) $48K – $50K $52K – $58K $50K – $55K $50K – $55K $55K
シェフ(副料理長) $53K – $60K $65K – $70K $55K – $65K $55K – $60K $60K – $65K
シェフ(料理長) $60K – $70K $70K – $80K $65K – $80K $65K – $75K $70K – $90K
シェフ(総料理長) $80K + $90K – $100K $85K – $100K $90K – $100K $80K – $120K
パティシエ $50K – $70K $50K – $70K $52K – $58K $50K – $55K $60K

*通貨はオーストラリアドル。K=$1,000。金額は年収を表しています。
*1ドルは約100円で考えて下さい。$50K = 約500万円

いかがでしょうか。シドニーは総じて高水準に思えます。また、州別比較でも書いてありましたが、キャンベラもお給料水準が高いようですね。日本の平均給与と比べてもかなり高いのでは無いでしょうか。

シェフの皆さん、オーストラリアで是非お仕事を探してはいかがでしょうか。シェフは永住権の職業カテゴリーにも今年度も選ばれています(2015-2016年度)。移住を考えている方、絶好のチャンスですよ!

エボリューション調理師専門学校

また、これからシェフを目指している留学生の皆様、私が一押しする調理師専門学校「エボリューション」はかなりオススメです。

2年で調理師資格を取得でき、修了生はトレーニングビザも取得し更に2年間フルタイムで就業可能です。費用も他の専門学校よりも割安なので本当に留学生の味方です。

トレーニングビザの2年間にビジネスビザを貰える就職先を探しても良いでしょう。実際にビジネスビザサポートをしてくれる企業は沢山あります。どの企業も優秀なシェフを確保したいんですね。そのためにはしっかり腕を磨き、英語力を上げ、ご自身の準備をしておきましょう。

実力のある方は、2年の専門学校履修、2年のビジネスビザ、その後永住権申請とたった4年で永住を獲得しています。

エボリューションでは、実際に意識の高い学生のみが集まって毎日切磋琢磨しています。学校にも多くの求人情報が集まっています。卒業後または在学中から就業して現場で活躍している学生も沢山いらっしゃいます。

最近では、あるレストラングループから3ヶ月間で100名という規模の雇用を約束されています!今まさに募集を行っており、沢山の優秀な学生が応募しているようです。学生にとっては在学中から常にチャンスが舞い込んでくる学校であり、他の調理師専門学校とは一味も二味も違う学校です。

コース詳細については、こちらのエントリーも参考にしてください。

オーストラリア調理師資格2年で取得!調理師資格+現地でお仕事

エボリューション・ホスピタリティ・インスティチュートは、2007年開校、プロのエグゼクティブシェフによって経営管理されているシドニー唯一の料理&オペレーション専門学校です。

今日本でシェフで働いている方も、これからシェフを目指している方も、どちらにも可能性はあります。是非オーストラリアでシェフとしてのキャリアを築いてみませんか?

弊社は、エボリューションの正式な代理店でもあります。必要な手続き等、無料で行っておりますので、是非お気軽にご利用ください。

皆様のこれからのオーストラリア生活を応援しております。

evolutionstudent01エボリューションで頑張っている日本人学生

*更に詳しい統計が読みたい方、こちらをご参照下さい。参考資料:ホスピタリティ・マガジン(クリックすると新しいウィンドウが開きます)
*トップの写真は、エボリューションで頑張っている学生の方々です。

ツヨシからワンポイントアドバイス

・シェフという仕事は現在人材不足で求人が多く出ている。
・給与標準は高く、将来的にとても明るい職種。
・2015年ー2016年度は永住権の職業カテゴリーに入っているため永住権取得にとても有利。

無料メール相談受付中

毎月100名以上のカウンセリング実績がある安心の『手続き無料』エージェントです。

留学・ワーキングホリデーの費用や準備に関するお問い合わせを24時間受け付けています。皆様の状況やご希望をお伺いした上で、留学のプロが丁寧にお答えします。どんな些細な事でも、何か気になる事などございましたら、お気軽にご相談下さい☆

この記事がためになったと思ったら、SNSで「いいねぇ♪」して下さい☆

今週よく読まれている記事