【必見】豪政府が新型コロナ関連情報をまとめたアプリをリリース

【必見】豪政府が新型コロナ関連情報をまとめたアプリをリリース
この記事で説明する準備新型コロナ関連情報をまとめたアプリを手に入れよう
難易度:★★☆☆☆ | 所要時間:10分間

オーストラリア政府が、新型コロナウイルス関連のアップデートをオンタイムで確認できるアプリをリリースしたのでお知らせします。

アプリ:Coronavirus Australia

本日、29日、オーストラリア政府が新型コロナウイルス関連のアップデートやアドバイス、関連機関の連絡先などをまとめたスマホ用アプリを公開しました。名前は「Coronavirus Australia(コロナウイルス・オーストラリア)」。とても分かりやすい名前ですね!

アプリでは、主にオーストラリア政府保健省のWebページへリンクしています。ここ連日続いているオーストラリア首相によるスピーチや州知事による発表のまとめ等は直接アプリには記載されていませんが、保健省のページの中に更にリンクがあったりします。

本アプリで確認できる内容はこちら:

  • 最新アップデートやニュース
  • 新型コロナ症状チェック
  • 新型コロナ関連アドバイス
  • オーストラリア国内の感染者数情報
  • 関連機関への連絡先など
アプリのダウンロード画面
オーストラリア国内の感染者数、最新の数字が一目で分かる!
新しいニュースやメディアリリースが確認できるぞ!

言語は、英語のみの対応です。アプリ開発は、オーストラリア国内きってのIT企業「Atlassian」が請け負ったのかな。首相会見で名前が出ていました。すぐにアプリ開発してしまう所は素晴らしいですね!

アプリのダウンロードはこちらから:
▶︎ Apple App Store
▶︎ Google Play

 

「集まり」に関する規制の変更

次に、本日の首相会見にて、新たに「集まり(Social Gathering)」に関する厳しい追加規制が発表されました。

  • 屋内、屋外の集まりは2名以下まで(家族や同居人を除く、結婚式・葬儀は今までの規制通り)

そして、外出に関しては、下記の場合以外は自宅待機をするように、改めて強く求めました。

  • 必需品の買い物
  • 医療・健康上の理由
  • 日常的な運動/エクササイズ
  • 仕事や勉強上の理由

その他、スケボー公園、プレイグランド(子供向け公園)、公園に設置されているフィットネスジムスペースなどは閉鎖、屋外で行うパーソナルトレーニングもトレーナーを含め2名までとする制限も発表されています。

屋内・屋外の集まりは2名まで、というのは自分を合わせて2名という解釈で自宅を含みます。友人を自宅に招待するときは1名しか呼べないという事になります。

また、この「集まり(Social Gathering)」に関するルールを破ると、1,000ドルの罰金が課されます。警察による見回りも多くなっていますので、気をつけてください。

上記の施策は、3月30日(月)深夜から適用です。また、各州・準州により細かな規制の違いがありますので、必ずご自分のお住まいの州・準州のルールを確認してください。

以前に発表された「営業停止または制限のある業種」に関する規制については下記の記事から確認できます。

【関連記事】ロックダウン寸前!今のお仕事状況【ワーホリ・留学生向け】

 

オーストラリアの各語学学校・専門学校の対応

先週の1週間で多くの語学学校や専門学校がオンライン授業へ移行する旨を発表しました。すでにオンラインへ移行したところも多くあり、現在、オーストラリア国内の留学生は、自宅でオンライン授業を受けている方が多いです。

また、様々な学校では「コロナ救済キャンペーン」と銘打った格安キャンペーンや、オンライン授業へ移行したことによる割引キャンペーンなど、オーストラリア国内・国外からの新規申込み者向けにお得なキャンペーンを展開しています。

オーストラリア国内でビザ延長を検討している留学生やワーキングホリデーにとっては有難いニュースです。また今日本に滞在中の、今後、留学を検討している留学生やワーキングホリデーの新規申込み希望者にも適用されますので、ぜひお見逃しなく。

ただ、当然、今はオーストラリアへの入国はできませんし、いつ国境が開かれるかも予想が付きませんので、7月や8月以降の開始日で申込みをしておく事が良いでしょう。コロナの影響による入学日の変更等は無料で手続き可能です。

 

オーストラリア国内の新型コロナウイルスの状況

オーストラリア国内での感染者数は増えています。この24時間で331件の新規感染者が確認されました。ただし、過去24時間の感染者数については、以前は25~30%の増加率だったのが、この2日間は13~15%に下がっているとのこと。全国的な自宅待機や各種規制がうまく機能しているようです。この数字が下がれば下がるだけ、コロナウイルスの広がりを遅らせることができ、その間にワクチンの開発を進めることができると言われています。

2020年3月29日付け:
オーストラリア 3,966人
日本 1,693人

オーストラリア国内の感染者数:
NSW州 1,791人
VIC州 769人
QLD州 656人
SA州 287人
WA州 311人
タスマニア 61人
ACT 77人
NT 14人

【参考記事】
Prime Minister Australia – National Cabinet Statement 29 Mar 2020

ABC News – Federal Government launches Coronavirus Australia app and WhatsApp feature

ABC News – Gatherings restricted to two people to slow spread of coronavirus

ABC News – Scott Morrison just announced the two-person rule in the fight against coronavirus, but what does it actually mean?

 

ツヨシからワンポイントアドバイス

・オーストラリア国内に滞在中の方は引き続きしっかり自宅待機をしよう!
・ある研究所の発表によれば、国民の70%が自宅待機をしてもコロナは広がるとのこと。80%以上が自宅待機をしないとコロナは収まらないらしい。皆で取り組む以外方法は無い!

無料メール相談受付中

毎月100名以上のカウンセリング実績がある安心の『手続き無料』エージェントです。

留学・ワーキングホリデーの費用や準備に関するお問い合わせを24時間受け付けています。皆様の状況やご希望をお伺いした上で、留学のプロが丁寧にお答えします。どんな些細な事でも、何か気になる事などございましたら、お気軽にご相談下さい☆