初心者向け【カフェの接客英語の全て】覚えておきたいフレーズ29選

初心者向け【カフェの接客英語の全て】覚えておきたいフレーズ29選
この記事で説明する準備カフェで使う接客英語を覚える
難易度:★★☆☆☆ | 所要時間:30分間

皆さん、こんにちは!YURIです。

前回「仕事探しに使える英語例文集」の記事をアップしました。覚えていただけましたか?

この記事では、ワーキングホリデーでは欠かせない「使える接客英語のフレーズ」と日本とは少し違う「接客のポイント」をお教えします。

今回は、カフェでお仕事をする際に使う英語です。あなたが、ウェイトレス(ウェイター)の時にはこれだけ覚えておけば、英語でのお仕事はバッチリです☆

また、仕事探しで面接まで辿り着いた方トライアルを控えている方にもとても役立つフレーズですので、これから面接を行う方も覚えていると便利ですよ。

この記事の使い方:
・接客英語のフレーズが自然に使えるように練習してください!
・トライアルがある方は当日までに覚えましょう!
・最後にオーストラリアでの接客のポイントをお伝えします♪

 

カフェで使える接客英語フレーズ

「来店」の際の接客英語

お客様が来店した際に、まずは声を掛けます!

1. Hello. How are you? / How’s it going?
こんにちは。元気?(調子はどう?)

※英語で「いらっしゃいませ」と言う習慣はありません。基本的には軽く挨拶を交わします。ちなみに「How’s it going?」はオーストラリア英語で挨拶の時に使いますよ♪よく聞くので覚えておいてね☆

2. Here’s your menu.
メニューをどうぞ。
3. How many of you?
何名様ですか?

※「How many people?」でもOKです!

4. Please have / take a seat anywhere you like.
お好きな席にお掛けください。

※「Please sit down.」は使わないように注意しましょう!たとえ「please」を付けても少し失礼に聞こえます。

5. Do you have a reservation?
予約はしていますか?

※「reservation」は「予約」という意味ですが、「booking」も同じ意味で使えます。

「注文」の際の接客英語

注文は、カウンター越しに聞く場合と、テーブルで聞く場合があります。

1. Are you ready to order?
ご注文はお決まりですか?
2. What can I get for you?
ご注文は何にしますか?

※オーストラリアでは「get」をよく使いますよ☆

3. Would you like anything to drink?
飲み物はいかがですか?

※Any drinks for you?でもいいですよ☆
※Would you like〜?は「〜はいかがですか?」という意味です。様々な場面で使えるのでしっかり覚えておきましょう♪

4. We’re running out of Coke.
コーラを切らしています。

※「run out of〜」は「〜を切らす」という意味です。
※「We have no Coke at the moment.」でも良いでしょう。「at the moment」は「今(今のところ)」という意味で使います。

5. Anything else?
他には何かありますか?
6. Is that everything?
ご注文は以上ですか?

※「Is that all?」も使えます。

7. Please let me repeat the order.
注文を確認させてください。

※「Please let me〜」は「〜させてください」という意味です。

8. Have here or takeaway?
店内でお召し上がりですか?それともお持ち帰りですか?

※「Takeaway」の方がよく耳にしますが、同じ意味で「To go」という方もいます。
※日本でよく使う「テイクアウト」は言いません。

9. Could/Can I get your name please?
お名前を伺ってもよろしいでしょうか。

※テイクアウトを希望された時は名前を尋ねることがあります。
※「get」は「have」にも言い換えれます。

 

「会計」の際の接客英語

オーストラリアでのお会計の場合、ほとんどの人がカードで支払いを好みます。

1. Would you like  to pay by cash or card?
お支払いは現金ですか?カードですか?
2. This is your change.  / Here’s your change.
おつりです。
3. Would you like a copy of your receipt?
レシートのコピーはいかがですか?

※消費税の表示がされているレシートのことを「invoice(インボイス)」とも言います。
※飲食店ではほとんどの場合がレシートが必要かどうかお客さんに尋ねます。

「提供」の際の接客英語

オーダーされたものを提供する際は、カウンター越し、またはテーブルにお持ちします。

1. Here’s your ◯◯.
こちらが◯◯です。

※料理を提供する時に言います。

2. Do you have everything you ordered?
ご注文された料理はすべてお揃いですか?
3. Thank you for waiting.
お待たせいたしました。

※このフレーズは日本の飲食店のように料理を提供するたびに言うフレーズではありません。本当にお客さんを長時間待たせてしまったときに言いましょう☆

4. How’s everything?
料理はどうですか?

※料理を提供した後もこまめにお客さんの様子を確認します。

5. Are you done? / Are you finished?
お済みですか?(食べ終えましたか?)
6. Can I take your plate? / May I take your plate?
お皿をお下げしてもよろしいでしょうか?

※「May I〜」の方がより丁寧な言い方ですよ!

「見送り」の際の接客英語

お客様を送り出す時にも声をかけましょう!

1. Have a good day!
良い1日を!

※「Have a good afternoon/night/weekend」など、場面によって使い分けてみましょう!
※「Have a good one!」とも言い換えれます。少し軽い印象です。

2. See you later. / See you next time.
またね!

「困った時の対応」に使う接客英語

時には、自分で対応できない場面もあります。その時は他のスタッフに助けを求めましょう!

1. Just a moment please.
少々お待ち下さい。
2. I’ll check with the kitchen staff.
キッチンスタッフに確認します。
3. Could you repeat again?
もう一度言っていただけますか?
4. Please let me check on it.
確認いたします。

以上、来店、注文、会計、提供、見送り、困った時の対応時に必ず使う英語フレーズをお伝えしました。何度も復唱して丸暗記してくださいね!

 

日本とは少し違う!?接客のポイント

では、最後に、私がみた日本とオーストラリアの接客の違い、とっておきのポイントをお伝えします!ポイントは全部で3つです。

① オーストラリアのお客さんは店員さんに対してとてもフレンドリー!?

オーストラリアではお客さんも店員さんもとてもフレンドリーです☆明るく、日常会話もよくします。そのため、店員さんも高級レストランなどを除けば、礼儀正しいというよりは友達のように話すことが多いです。皆さんが店員さんの立場に立った時は、日本の「おもてなし」の文化も大事にしつつ、恥ずかしがらずに明るく、フレンドリーに接してみましょう♪

② 料理を提供した後もこまめにお客さんの様子をチェック☆

たとえ料理を提供した後でも「How’s everything?(料理はどうですか?)」「All good?(問題ない?)」など、声をかけます。ここにもフレンドリーさを感じます。最後までお客さんを気にかけましょう!

③「オージーイングリッシュ」を使ってみよう!

誰もが苦労する道…「オージーイングリッシュ」。コテコテの訛りがある人の英語を聞き取るのは本当に難しいです。私も、だいぶ慣れてきましたが、働き始めた頃は大変でした。面白いことに、今ではイギリス人の友達に「YURIの英語はオーストラリアの訛りがある!」と言われるようになりました。オージーイングリッシュで接客をするとお客さんにも親近感を持たれることがあります。笑顔で使ってみましょう!

 

まとめ

今回の記事では、ワーキングホリデーの方向けに使える接客英語のフレーズをお伝えしました。自然に言えるように練習してみてください☆

オーストラリアの接客は少し日本と違ったところもあります。私の感覚ですが、日本人の仕事振りはオーストラリアでも好まれるように思います。日本の「おもてなし精神」も持ちつつ、フレンドリーな雰囲気で対応しましょう!

>>次の記事はコチラ>>
カフェの仕事探しはレジュメ配布が重要です!コチラの記事をチェックして仕事をゲットしましょう☆▼▼▼
【確実に仕事をゲット】仕事探しに使える英語例文集13選、ワーホリ向けレジュメ配布編

 

YURIからワンポイントアドバイス

・自然に使えるように練習しよう!
・オージーイングリッシュの使いすぎには気をつけてね☆
・接客は笑顔とフレンドリーを心掛けて☆

Coffee photograph designed by Peoplecreations – Freepik.com

無料メール相談受付中

毎月100名以上のカウンセリング実績がある安心の『手続き無料』エージェントです。

留学・ワーキングホリデーの費用や準備に関するお問い合わせを24時間受け付けています。皆様の状況やご希望をお伺いした上で、留学のプロが丁寧にお答えします。どんな些細な事でも、何か気になる事などございましたら、お気軽にご相談下さい☆

この記事がためになったと思ったら、SNSで「いいねぇ♪」して下さい☆

今週よく読まれている記事