【学校紹介】2016年開始!ダンスで学生ビザが取れますよ!

【学校紹介】2016年開始!ダンスで学生ビザが取れますよ!
この記事で説明する準備ダンス専門学校で学生ビザが取れる事を知ろう
難易度:★★☆☆☆ | 所要時間:20分

今朝はAustralian College of Danceさんのローンチイベントに行って来ましたので、ご報告です。

2016年から!ダンスで学生ビザが取得可能

とうとう2016年1月からダンスで学生ビザが取れるようになります。

「アシスタントダンスティーチャー」という資格で、オーストラリア政府認定の資格という事になります。将来的には「ダンスティーチャー」という資格まで取得可能になるようです。

シドニーとメルボルンで受講可能という事で、今朝はシドニー市内中心部にあるスタジオ(校舎)にお邪魔して来ました。

実際のコースは、1週間に2日の授業で、実技とセオリーを学びます。

このコース受講で1年間の滞在が可能になりますので、オーストラリアで学生ビザを取得しダンス三昧な生活を送りたい人にはもってこいのコースかもしれませんね。

IMG_1951

更に、こちらの学校はAustralia Learning Groupのグループ校。ALGではフィットネスとマッサージが本格的に学べる学校。ダンスをした後に本格的に身体について学び幅広く手に職を付けるのも良いでしょう。

ここまではとても革新的な内容で、これからのオーストラリア留学に新しい風となるのではないかと期待できます。

ダンスの授業内容は・・・

さて、あとは気になるダンス授業の内容ですが(少し厳しい目で見させてもらいますと)、まだとても不透明で正直に「こんな事を学びますよー」という事が何も言えません。

・バレエ、ジャズ、タップ、ストリート、ラテンなど様々な種類のダンスに対応する
・先生になるために、『教え』の部分にフォーカスを置き、授業の進め方、ショーケースの作り方、安全対策などを講義する
・コース受講希望者は自分でダンスを披露できるぐらいのレベルを持っていないといけない(先生になるためのコースのため)

という説明を本日は受けてきました。

どんな人が対象か・・・

それでは例えば、

  • ダンスレベルが中級以上でこれから先生を目指しているダンサーだけが対象なのか、
  • 先生を経験していた人には再度先生としての心得を教えるコースという事で勧めていいのか、
  • ダンス初級の方はまったく入れないコースなのか、
  • 授業では色んなダンスの種類の中上級クラスを受けることになるのか、
  • それとも実技よりもレッスン組み立てなどのセオリー重視なのか、

色んな???マークが頭に浮かびました。

先生のラインアップも・・・

先生のラインアップを見せてもらえばある程度イメージできるんですけどね。

今日はまだ一人の講師の方しか紹介してもらえず(公開レッスンもお遊戯的な・・、よく理解できないものだったので・・)。

今日は沢山のエージェントの方々も居てあまり詳しく質問できませんでしたので、またレッスン内容等については、改めて聞いてきたいと思います。

日本のいわゆるダンス専門学校という立ち位置と考えるのは間違いでしょうね。

しかしダンスカレッジというものが出来、学生ビザが取れる、という事実は素晴らしいことです。是非とも応援したいと強く思っています。また、コース内容など明確に情報が分かり次第アップデートしていきたいと思います。

弊社は、Australian Dance College の正式な代理店になっております。学校についてご質問等ありましたらお気軽にお問い合わせください。

その他、バレエスクールでのバレエ留学なども手配可能です。オーストラリアには優秀なバレエスクールが沢山あります。こちらもお気軽にお問い合わせ下さい。

ツヨシからワンポイントアドバイス

・ダンスの種類は、ジャズを中心にオールジャンル。
・コースは、1年〜2年、専門学校に入学するための英語レベルが必要。
・授業は週2日、セオリーと実技のレッスンが行われる。

無料メール相談受付中

毎月100名以上のカウンセリング実績がある安心の『手続き無料』エージェントです。

留学・ワーキングホリデーの費用や準備に関するお問い合わせを24時間受け付けています。皆様の状況やご希望をお伺いした上で、留学のプロが丁寧にお答えします。どんな些細な事でも、何か気になる事などございましたら、お気軽にご相談下さい☆

この記事がためになったと思ったら、SNSで「いいねぇ♪」して下さい☆

今週よく読まれている記事