【学校紹介:ELSIS】日本人比率なんと1%!シドニー・メルボルン・ブリスベンの進学向け語学学校をご紹介!

【学校紹介:ELSIS】日本人比率なんと1%!シドニー・メルボルン・ブリスベンの進学向け語学学校をご紹介!
この記事で説明する準備日本人の少ない学校を選んでみよう!
難易度:★☆☆☆☆ | 所要時間:10分間

こんにちは、ののです!

みなさんは語学学校選びにおいて何を重視されますか?「スピーキングがしっかり伸ばせる」「ケンブリッジ対策が充実している」「大学、専門学校へのパスがたくさんある」「ホスピタリティ英語が学べる」「真面目な雰囲気がいい」「校外アクティビティが魅力的」などなど、みなさんそれぞれあると思います。その中でも「日本人比率が低い学校」を重視される方も多いのではないでしょうか?

そんな皆さんに朗報です!今回はなんと『日本人比率1%』という驚異的な日本人比率の低さをほこる語学学校『ELSIS(エルシス)』のマーケティング担当MIKUさんに学校の特徴をお伺いしてきました。今回もQ&A方式で観ていきましょう♪

キャンパス、学生数について

Q1. ELSISはシドニーだけの学校ですか?

シドニー、メルボルン、ブリスベンの3都市にキャンパスを構えています。シドニーには2校キャンパスがあります。

Q2. 全体の学生数はどれくらいですか?

シドニーキャンパス2校で450人ほどになります。現在日本人比率1%ですが、アジア人比率自体が少ないです。コロンビア、ブラジル、ヨーロッパからの学生さんが多いですね。フレンドリーな人が多いです。
一方、メルボルンキャンパスは学生数160人、ブリスベンキャンパスは190人となっておりいずれも日本人比率はほぼ1%となっています。

メルボルンキャンパスの様子

Q3. 設備は新しいですか?

シドニーキャンパスは2017年に移転したばかりですので、設備は新しくとてもきれいです。学生用のキッチンは各フロアに設定されています。

シドニー校の学生用キッチン

Q4. 途中でキャンパス(都市)を変えたくなった場合、手数料は発生しますか?

転校で手数料は一切かかりませんが、コースも変更した場合はその差額は発生します。

 

コースについて

Q1. ELSISで受けられるコースについて教えてください。

一般英語コース、ケンブリッジ対策コース、IELTS対策コース、EAP(大学編入)コースの4つを開講しています。

一般英語は現在5つのレベル(Elementary、Pre-Intermediate、Intermediate、Upper-Intermediate、Advanced)で開講しています。

ケンブリッジ対策コースは1月、3月、6月、9月の3ヵ月ごとの開講です。先生が熱心なので一番おすすめのコースです。

Q2. 一般英語の内容はどういったものになりますか?

読む、書く、聞く、話すを総合的に伸ばします。プレイスメントテスト(レベルチェックテスト)は6週間に1回です。先生が学生さんの苦手なところを見つけた場合、先生の方からそれに合ったフリーワークショップをすすめるようにしてもらっています。

Q3. 時間割について教えてください。

コースはモーニング(8:15-12:30)とイブニング(17:10-21:30)の時間帯のどちらかで選んでいただけます。イブニングの場合はシティで17時までアルバイトをされていてもギリギリ間に合う時間で設定しています。

 

フリーワークショップについて

Q1. お昼の時間帯のフリーワークショップとは何ですか?

自分の強化したいポイントに焦点を当てて自由に受けることができるシステムです。面接練習、レジュメの添削、ホスピタリティ英語、アカデミックライティング、IELTSの練習、そして一番の目玉はインディヴィジュアルチュートリアル(Individual Tutorials)です。この科目は先生と20分間マンツーマンのレッスンが受けることができ、自分が学習で気になるポイントをしっかり押さえることができます。また、ホスピタリティ英語ではお皿の運び方、ワインのつぎ方、テーブルセッティング、お客さんとの会話、電話での予約対応などを学ぶことができ、Certificate(その分野を学んだ等いう証明)も発行されます。オーストラリアのホスピタリティ業界で働いてみたい方にはお勧めです。

シドニー校のフリーワークショップの時間割

Q2. フリーワークショップはその日飛び入りで参加できますか?

フリーワークショップは事前予約制です。学校のサイトから簡単に予約ができます。

 

学校の方針、雰囲気について

Q1. イングリッシュオンリーポリシーは実施されていますか?

クラス内と受付はポリシーを実施しておりますが、特にペナルティは設けていません。

Q2. どういう雰囲気の学生が多いですか?

進学を目的にされている方が多くいらっしゃいますので、まじめな雰囲気の学校です。真剣に英語を伸ばされたい方にこそ選んでいただきたいですね。

 

※ELSISの動画からも真面目な雰囲気が感じ取れますのでぜひご覧ください☆

 

サポートについて

Q1. 日本人スタッフはシドニー校だけですか?

日本人スタッフはシドニー校のみですが、ブリスベン校には日本語が喋れる韓国人スタッフがいます。メルボルン校は日本語を少しだけ喋れるスタッフがいる状態です。

受付では様々なサポートが受けられる

Q2. 学生へのサポートはどのようなものがありますか?

カウンセリングルームにカウンセラーが常駐しています。生活上で何か問題があればいつでも相談していただけます。また、アコモデーション手配もしています。

Q3. 学校のイベントは充実していますか?

毎週金曜日のお昼にアクティビティの他、6週間に1回の卒業パーティや、週末を利用したスキーツアーなども多数開催しています。

 

入学について

Q1. トライアル(お試し授業)は受けることができますか?

火曜日、水曜日、木曜日の基本は午前10:00スタートです。プレイスメント用の簡単な英語でのカウンセリング+学校案内で30分、その後10:30スタートのクラスにご案内させて頂き、12:30に終了です。またイブニングコースのトライアルも受け付けております。こちらは16:30からスタートです。ワーキングホリデーで渡航後に学校選びを予定されている方はぜひお気軽にご連絡ください。

Q2. 入学時のプレイスメントテストについて教えてください。

コースによりますが、一般英語コースはオリエンテーションの当日に、それ以外(IELTS、ケンブリッジ、EAP、その他ELSISが所属するECAグループの専門学校のコース)は事前にお受けいただきます。方法は三種類ありまして、ELSISのキャンパスでの受験、エージェント(リズム留学センターなど)のオフィスでの受験、ご自宅での受験+Skypeテストです。

 

卒業後の進路について

Q1. 専門学校、大学への進学を考えているのですが、提携校へ進学できますか?

ELSISでEnglish for Academic Purposes(EAP)コースを受講して進学することもできます。提携している専門学校、大学は多く、学べる分野も多彩です。またELSISが所属するECAグループの大学や専門学校への進学もできますよ

Q2. 卒業後に参加できるインターンシップはどのような内容でしょうか?

基本はコース修了後、3ヵ月の無給インターンです。業界は主に、Finance/ Accounting/ IT/ HR/ Marketingです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?日本人比率1%には驚きですが、それ抜きでも自由に自分の弱点を追求できるフリーワークショップ制度、その中でも先生とマンツーマンで授業を受けることができるインディヴィジュアルチュートリアルは他の学校ではなかなかないカリキュラムですね!他にも進学できる大学、専門学校のパスが多い点、明るい学生さんが多い一方で進学を目指されている方が多く、真面目な雰囲気で学習できるところがすごく魅力的だと思いませんか?ゆくゆくは専門留学をされたい方はもちろん、トライアル授業も多く開催されているので、ワーキングホリデーで学校は渡航後に選びたい方にもおすすめですね♪

さらにMIKUさんからのスペシャル情報です!ELSISでは5週間申し込むと1週間分の授業料が無料になるキャンペーンを実施中とのことですので、気になられた方はぜひお問い合わせくださいね☆

また、ELSISが所属するECAグループは他にも大学や専門学校を経営されていて、グループ校のヴィクトリア大学(VICTORIA UNIVERSITY)では初年度から受けられる奨学金制度もあるそうです!お得に進学できるチャンスがあるECAグループ、一度チェックしてみてください♪

リズム留学センターでは語学学校のご相談を随時承っております。気になる学校や受けてみたいコースがあればお気軽にお問い合わせください!

 

NONOからワンポイントアドバイス

・日本人比率1%はなかなかない数字!
・フリーワークショップが英語力をさらに伸ばしてくれる!
・進学を考えている方にもオススメ☆

無料メール相談受付中

毎月100名以上のカウンセリング実績がある安心の『手続き無料』エージェントです。

留学・ワーキングホリデーの費用や準備に関するお問い合わせを24時間受け付けています。皆様の状況やご希望をお伺いした上で、留学のプロが丁寧にお答えします。どんな些細な事でも、何か気になる事などございましたら、お気軽にご相談下さい☆

この記事がためになったと思ったら、SNSで「いいねぇ♪」して下さい☆

今週よく読まれている記事