失敗しない語学学校の選び方① 自分が本当にやりたいコースを選ぼう

失敗しない語学学校の選び方① 自分が本当にやりたいコースを選ぼう
この記事で説明する準備自分がやりたい語学学校のコースを見つけよう
難易度:★★☆☆☆ | 所要時間:30分間

語学学校の選び方について書いていきたいと思います。

オーストラリアには全国で約250校の語学学校があります。

その中から自分に合った語学学校を探すとなると、とても大変ですよね。

「私の行った学校はいまいちでした、、」という感想を聞く事もあります。。

後悔しないためには、自分に合う、または自分が気に入る学校を見つけるための判断基準を知っておかなければなりません。

基準となるポイントは沢山ありますので、今回から2回に分けて説明したいと思います。

実際に私が、語学留学の相談を受ける際に皆さんに確認する「質問(ポイント)」でもありますので、ぜひ参考にしてください。

前半の今回は、語学学校のコース選びについて。色々なコースを紹介していきたいと思います。自分に合うコースが見つかるでしょうか?

失敗しない語学学校の選び方① 自分が本当にやりたいコースを選ぼう ←今ココです
失敗しない語学学校の選び方② 自分にあった都市と学校選びの大事な判断基準

 

なぜ英語力を上げたいのか

学校を選ぶ上で何よりも大事なのは、自分の「目的」を知ることです。何を目的に語学学校に通うのか。

英語力を上げたいから!と言われそうですが、ええ、それは分かっています(笑)

なぜ英語力を上げたいのか」ですよね。

その目的が、外国人とコミュニケーションを取りたいから、、TOEICの点数を上げたいから、、日本で英語を教えたいから、、大学進学したいから、、将来接客で英語を使いたいから、、映画を字幕なしで見れるようになりたいから、、将来海外で生活したいからなど、、色々あるのではないかなと思います。

まだ目的が明確じゃない人は、まずはこの目的を少しだけ明確にしておきましょう。そして、その目的を達成するために一番適した語学学校選びをする事が失敗しない語学学校を選ぶためには大事な事かなと思います。

 

コースで選ぶ

目的が決まってきたら、その目的に適したコースを選びましょう。語学学校には、本当に様々なコースがあります。

そんなコースもあったの!?なんて事もあります。その中から自分が興味があるコース自分の目的に沿ったコースを選びましょう。

どうせ勉強するなら自分が楽しめるコースで勉強するのが一番です。楽しめないとまったく頭に入りませんから。。(←経験済み)

では、語学学校のコースを紹介していきましょう!

 

一般英語コース

いわゆる一般的な英語のコース。どこの語学学校にもあります。英語習得に必要な4つの能力「話す」「聞く」「書く」「読む」をバランス良く伸ばすためのコースです。

英語の初心者はこのコースからです。まずは初初級(Beginner)・初級(Elementary)クラスで英語の基礎から身につけます。

英語習得を早める・効率的に行えるコース設定

レベル分けがとても細かい学校

一般的な語学学校は、英語クラスが、初初級・初級・初中級・中級・中上級・上級と6つのレベルに分けられる事が多いのですが(英語で書くと、Elementary、Beginners、Pre-intermediate、Intermediate、Upper-intermediate、Advancedの6レベル)、中には更に細かくレベル分けを行っている学校もあります。

また、話す・聞く・書く・読むのレベルをバラバラに分け、個々の能力に適したレベルで学習できるシステムを取り入れている学校もあります。

日本人の場合、英語は読むのは出来るけど、話したり聞いたりすることが苦手という方が多いですよね。そのために初級クラスから始まる事が多いのですが、読む事は得意なため授業の一部は簡単に思える事もあるはずです。

そのような場合に、より自分の能力に適したクラスで勉強する事により、無駄なく英語力を伸ばすことができるわけです。

オリジナルのティーチングメソッドを持つ学校

英語を母国語としない学生の英語習得を研究し尽くしたオリジナルのティーチングメソッドを確立している学校もあります。英語の教え方が徹底しており、学校内でそういったメソッドを共有しています。このような学校では、英語習得が早いです。

 

スピーキングに強いコース

短期間で少しでも英語を話せるようになりたいという方には、特に「話す」能力を伸ばすことに特化したコースを受講すると良いです。時間に余裕のない方、2ヶ月以内の短期留学を希望する方には特にオススメです。

 

実践的な英語力・発音矯正コース

英語の基礎を習得したあと、一般的な語学学校で中級レベル相当の英語力を習得した後の話になりますが、より実践的な英語力を付けたい、よりネイティブに近い発音を身に付けたい方に向いているコースがあります。

英語には日本語では使わない発音が含まれているため、日本人の英語の発音には特徴があります。それを集中的に矯正することにより、英語のネイティブの発音に近づけることができるのです。通常、5週間程度のコースになります。

 

【次のページ】こんなコースも!?もっと色々なコースを紹介します。

無料メール相談受付中

毎月100名以上のカウンセリング実績がある安心の『手続き無料』エージェントです。

留学・ワーキングホリデーの費用や準備に関するお問い合わせを24時間受け付けています。皆様の状況やご希望をお伺いした上で、留学のプロが丁寧にお答えします。どんな些細な事でも、何か気になる事などございましたら、お気軽にご相談下さい☆

この記事がためになったと思ったら、SNSで「いいねぇ♪」して下さい☆

今週よく読まれている記事