英語初心者でも安心!留学女子のための【ショッピング英語】フレーズ22選!オーストラリアの服サイズ早見表付き

英語初心者でも安心!留学女子のための【ショッピング英語】フレーズ22選!オーストラリアの服サイズ早見表付き
この記事で説明する準備ショッピングで使える英語フレーズを覚えよう!
難易度:★★☆☆☆ | 所要時間:15分間

皆さん!こんにちは。YURIです!

オーストラリアは徐々に夏から秋へと季節が移り変わっています。そろそろ衣替えをしないといけないし、冬服も買いたいなと思う今日この頃です。

留学・ワーホリ予定の女性の皆さん。オーストラリアでショッピングをする時はしっかり試着をして選んだほうが良いですよ!サイズ表記も日本と異なるので要注意です!

今回は、オーストラリアでもショッピングを楽しむために「ショッピングをする時に使える英単語」、「ショッピングで使える英語フレーズ」そして「日本とオーストラリアのサイズの違い」についてお話します。最後にサイズ早見表も付けますね!ご活用ください☆

 

1. ショッピングをする時に使える英単語

ショッピングをする際、和製英語には要注意です!例えば、日本語で言うジャンパーは主にカジュアルな上着を指しますが英語のジャンパーはセーターのことを指します。探しているものをしっかり店員さんに伝えれるように覚えておきましょう☆

T-shirt(ティーシャートゥ) :Tシャツ
※「ティー」を強めに「トゥ」は小声で発音
Trousers(トラウザーズ):ズボン
Skirt(スカート):スカート
Jeans(ジーンズ):ジーンズ
Shorts(ショーツ):短パン
Coat(コート):コート
Jumper(ジャンパー) /  Sweater(スウェター):セーター
Jacket(ジャケット):ジャンパー
Sweatshirt(スウェットシャートゥ):トレーナー
Hoodie(フーディー):パーカー
※主にフード付きパーカーを指す
Dress(ドレス):ワンピース
Hat(ハット):縁がある帽子
Cap(キャップ):縁がない帽子(野球帽のようなもの)
Scarf(スカーフ):マフラー
Gloves(グローブス):手袋

Stripe(ストライプ):ストライプ / ボーダー
※縦縞も横縞も同じStripeなので注意しましょう!
Plaid(プラァドゥ):チェック
Polka dot(ポーカ ドット):水玉
Flower print(フラワー プリント):花柄
Solid(ソリッド):無地
Animal print(アニマル プリント):アニマル柄

 

2. ショッピングをする時に使えるフレーズ

ショッピングをする時に使えるフレーズをシチュエーション別に紹介します。

2.1. 店員さんに話しかけられた時 / 店員さんに訊ねたい時

店員:May I help you? (何かお探しですか? / 何か手伝えることはありますか?)

1. I’m just looking. / I’m just browsing. (見ているだけです。)

2. I’m looking for a T-shirt. (Tシャツを探しています。)

3. Do you have a hoodie?(パーカーはありますか?)

4. Do you have a flower printed dress?(花柄のワンピースはありますか?)

5. Do you have this in a medium size?(これのMサイズはありますか?)

6. Do you have a bigger / smaller one?(これの大きい / 小さいサイズはありますか?)

7. Do you have this in another colour?(この色違いはありますか?)

8. Do you have this in red? / Do you have a red one? (これの赤色はありますか?)

9. What’s on sale?(何がセールですか?)
YURI’s ポイント
Buy one get one for free(1点買うと2点目はタダ)」のサービスをよく見かけます。服屋さんに行った時は目を光らせましょう☆

10. Which one do you recommend?(どちらがオススメですか?)
YURI’s ポイント
I’m deciding between black one and white one.(黒と白で悩んでいます。)」
自分で決められないほど迷っている時は店員さんにアドバイスをもらうのも良いですね。「Which one is more popular?(どちらの方が人気ですか?)」など、お店の売れ筋、トレンドを聞くのもアリです♪

 

2.2. 試着

店員:How many items do you have?(何点お持ちですか?)
YURI’s ポイント
オーストラリアで試着をする際は、何点試着室に持ち込むか聞かれることが多いですよ!

11. Can (Could) I try this on?(試着しても良いですか?)

12. Where is the fitting room?(試着室はどこですか?)

13. I didn’t like it on me.(私に似合わなかったです)
YURI’s ポイント
「I didn’t like it.(気に入らなかった)」だけ言うとその商品が気に入らなかったことになるので要注意です。

14. It’s too big / small.(大きすぎた / 小さすぎた)

15. It’s too tight.(きつすぎた)

16. It’s too long / short.(長すぎた / 短すぎた)

17. I’ll take this.(これをください)
YURI’s ポイント
「buy」ではなく「take」を使いましょう。「I’ll buy this.」でも通じるとは思いますが「I’ll take this.」の方がより自然ですよ☆

2.3. お会計

18. How much is this?(これはいくらですか?)

19. Do you take credit cards?(クレジットカードは使えますか?)

20. I’ll pay in cash.(現金で支払います)

21. I’ll pay by card.(カードで支払います)

22. Can (Could) I please get a receipt?(レシートをいただけますか?)
YURI’s ポイント
お会計後、ほとんどのお店はレシートを購入した商品と一緒に袋に入れてくれます。

 

3. 日本とオーストラリアのサイズ表記の違い

最後に、日本とオーストラリアのサイズ表記の違いをお伝えします。サイズをしっかり確認して、できれば試着もしましょう☆

XS:Extra small(エクストラ スモール)
S:Small(スモール)
M:Medium(ミディアム)
L:Large(ラージ)
XL:Extra large(エクストラ ラージ)

サイズ表記はブランドによっても異なります。下記の表は大体の目安としてお使いください。

 

最後に

皆さん、いかがでしたか?留学先、ワーホリ先でもショッピングは欠かせませんよね!?

実際にこれらのフレーズを使う場面はとても多いと思います。店員さんに話しかけられた時、また話しかけた時に欲しいものを明確に伝えれるようにしましょう☆また、サイズチェックにも気をつけてくださいね!

フレーズを覚えてショッピングを楽しみましょう☆

 

YURIからワンポイントアドバイス

・和製英語には要注意です!
・日本とオーストラリアのサイズ表記は異なります。できるだけ試着をしてから購入しよう☆
・フレーズを覚えてショッピングを楽しみましょう!

無料メール相談受付中

毎月100名以上のカウンセリング実績がある安心の『手続き無料』エージェントです。

留学・ワーキングホリデーの費用や準備に関するお問い合わせを24時間受け付けています。皆様の状況やご希望をお伺いした上で、留学のプロが丁寧にお答えします。どんな些細な事でも、何か気になる事などございましたら、お気軽にご相談下さい☆

この記事がためになったと思ったら、SNSで「いいねぇ♪」して下さい☆

今週よく読まれている記事