留学女子の【通学カバン選び】8ヶ国の学生の通学カバンをご紹介

留学女子の【通学カバン選び】8ヶ国の学生の通学カバンをご紹介
この記事で説明する準備自分に適した通学カバンを選ぼう
難易度:★☆☆☆☆ | 所要時間:10分間

皆さん、こんにちは!YURIです。

留学準備中の方、持ち物選び順調に進んでいますか??留学予定の女性のみなさん。「通学カバン」選びに悩んでいませんか?リュックサック派、トートバッグ派など、それぞれの好みもあると思いますが荷物の量も気になりますよね。

この記事では、悩める留学女子のための「通学カバンの選び方」についてお話しします。実際に語学学校へ行って学生さんがどんなカバンを使用しているか徹底調査してきました!!

ですがその前に!!実際の学校教材はどれほどの分厚さなのか、必要なものは何か、不明な点が多いですよね。まずは、授業に必要なものについて少しお話ししたいと思います♪

 

学校の教材ってどんな感じ??

《大学に交換留学・認定留学に留学予定の方》

大学の教科書は比較的分厚く、幅をとります。また、パソコンが必要になる可能性もあるので荷物の量は多いと考えていた方がいいでしょう。

《語学学校に留学予定の方》

教材はA4サイズより少し大きめですが薄いです。プリント中心のクラスもあります。電子辞書を持って行くことを考えている人もいるかと思いますが、携帯のアプリで代用している人が多いです。比較的荷物は少なくすむでしょう。

しかし、「ケンブリッジ(Cambridge)対策」や「アイエルツ(IELTS)対策」のコースの方は教科書が分厚いこともあります。

 

みんなどんな通学カバンを使っているの??

それでは、皆さんに学校やコースによって教材が違うということを知ってもらった上で、語学学校の学生さんがどんなカバンを利用しているのか「リュックサック」「トートバッグ」「ショルダーバッグ」の3種類に分けて紹介していきたいと思います。

1. リュックサック

1番人気があるのは王道の「リュックサック」です。大学留学を予定している方には、かさばる教材やパソコンなど、重たい荷物も両肩で持つことができ、通学にはとても便利でオススメです☆

また、語学学校に通う予定の方も、授業後にビーチへ行ったり、観光したりする方には内容量が多いリュックサックがオススメです。水着やビーチタオル、カメラなど授業外でも必要な荷物が入れやすく、また、動きやすいこともリュックサックの利点ですね☆

1-1.「オシャレさん」にオススメ!リュックサック

やっぱり、学校にもオシャレをして行きたいですよね!個々の荷物の量に合わせ、また、見た目にもこだわった学生さんのリュックを紹介します。

国籍:韓国

「使いやすさ」と「オシャレさ」を重視し、この「Cath kidston」のリュックを選んだそうです♪

YURI’s ポイント
「ブランドのカバンを持って治安は大丈夫なのかな?」と不安になる方もいるかもしれません。もちろん、荷物を放ったらかしにするのは良くありませんが治安の良さは日本とほぼ変わりありません。たまに、通学カバンに「南京錠」をつけるように促す記事もありますが、オーストラリアではそれほど過剰に気にする必要はないですよ☆

ただ、個人的な意見ですが、ハイブランドのものを学校に持っていってる人を見かけたことはないので、ハイブランドリュックサックは避けた方が無難だと思います。

安全情報については、下記の留学のための安全のしおりの記事を読んでください!留学前にチェックしておいてくださいね♪

 

国籍:タイ

YURI’s ポイント
日本でも海外でも大人気の「adidas」です!残念ながらシドニーではあまりadidasショップを見かけません…。adidasが好きな方は日本から持参してみんなとオシャレの差をつけてもいいかもしれませんね♪

国籍:スペイン

YURI’s ポイント
薄型で必要なものだけ入っているという印象ですね。服装ともマッチしていてとてもオシャレですね!

1-2.「荷物スッキリさん」にオススメ!小さめリュックサック

筆記用具や化粧品をあまりたくさん持ち歩かない荷物の少ない方は「コンパクト」なリュックサックでも十分ですよ!ですが、大学留学予定の方には△です。

国籍:韓国

YURI’s ポイント
時々、筆箱を持ち歩かない学生さんもいます。鉛筆やボールペンをそのままカバンに入れるようです。小さなカバンで荷物の量を最小限に抑えたい方、内ポケットの機能は重視した方が良いですよ♪

 

【次のページ】まだまだご紹介!「リュックサック」〜「トートバック」まで!

無料メール相談受付中

毎月100名以上のカウンセリング実績がある安心の『手続き無料』エージェントです。

留学・ワーキングホリデーの費用や準備に関するお問い合わせを24時間受け付けています。皆様の状況やご希望をお伺いした上で、留学のプロが丁寧にお答えします。どんな些細な事でも、何か気になる事などございましたら、お気軽にご相談下さい☆

この記事がためになったと思ったら、SNSで「いいねぇ♪」して下さい☆

今週よく読まれている記事