【社会人の英文履歴書】英文履歴書の書き方〜仕事が取れる履歴書を作ろう

【社会人の英文履歴書】英文履歴書の書き方〜仕事が取れる履歴書を作ろう
この記事で説明する準備英文履歴書を作る(社会人編)
難易度:★★★★★ | 所要時間:2時間〜3時間

この記事は、社会人歴2年以上の方向けの「英文履歴書」の書き方です。

現役大学生向けの英文履歴書の書き方は、こちらの記事をご覧下さい。

仕事が取れる履歴書

オーストラリアで仕事を探す上で、英文履歴書は120%必要であり、オーストラリアに着いてすぐに準備しなければならないものの一つですね。

私も前職の際には、よくローカル学生やイギリス人・アメリカ人ワーホリの履歴書を見る機会がありました。今は日本人留学生・ワーホリの皆さんの英文履歴書をよく見る機会がありますので、その違いがよく分かります。

その「違い」というのは、、、ずばり仕事が取れる履歴書かそうじゃないかの違いです。

履歴書は6秒で決まる

良い資料を発見しましたので引用させていただきます。Business Insider Australiaというビジネス誌の「素晴らしい履歴書」についてという記事で、ほとんどの人事担当者は1つの履歴書について6秒見て合否の判断をする、と書いてあります。

あなたの出した履歴書も、実はたったの6秒しか見られていないのかもしれません。。では、この6秒の間で何をみて判断しているのでしょうか。これがポイントですよね。

今日は見られる履歴書と見られない履歴書の違い。強いて言えば仕事が取れる履歴書を作成するためにはどうしたらいいのか、ポイントを追って説明したいと思います。

ポイント① 履歴書のレイアウト

シンプルに見やすい形が一番です。読みづらいレイアウトだったり、見て中身がすかすかだったりするとそれだけで不合格の判断がされそうです。

シンプルに、なるべくA4用紙1枚にまとまるように作りましょう。そして、履歴書の書き方には順番がありますので、それに沿って書いてみましょう。

ここに、Business Insider Australiaで紹介されていた英文履歴書を元にレイアウトを解説してみます。

Resume_HowToSetUp02

色々なレイアウトがあるかと思いますが、用紙の真ん中センターに揃えてタイトルを配置しましょう。

では、これから書く内容について具体的に説明します。

ポイント② 名前、携帯番号、Eメールアドレス

まず履歴書の最上部は、名前、携帯番号、Eメールアドレスです。

履歴書に使う携帯番号は必ず一つに統一しましょう。できれば留守番電話もそれなりにプロフェッショナルに設定しておきましょう。

Eメールアドレスも携帯のEメールではなく、最低でもGmailにしましょう。個人プロフィールを乗せたホームページをお持ちであれば、そのアドレスも良いです。

上級編

オンラインプロフィールの活用

日本でも人事担当の方がFacebookなどのSNSで本人の素行を確認するとの記述を多く見かけるようになりましたが、オーストラリアではLinkedInがよく利用されます。

日本人はあまり利用者が多くないようですが、LinkedInはプロフェッショナルなSNSネットワークでプロフィールを持っている場合は、アドレスを履歴書に記載しておきましょう。

オーストラリアでは多くのビジネスパーソンがLinkedInを活用しており、より詳しい活動内容を紹介できます。

ポイント③ 自己アピール

まず、自分の職務内容を簡潔に表すタイトルを記入します。その下に自分のスキルや実績をより具体的かつ簡潔に記載しましょう。

応募する企業のポジションや要件に合うようにその点を特に強調して書くとより人事の目に留まりやすいです。

上級編

志望動機(Objective Statement)は要らない

よくあるなぜこのポジションに応募したのか、”I’m looking for opportunities that will allow me to….”や”I am looking for a full time position where I can use my skills…”などの文章は特に意味をなさないので必要ないです。

ポイント④ 職歴

ここが一番重要なセクションで、日本の履歴書と大きく違う点かもしれません。

まず、職歴は、新しい経歴から順に書きましょう。

ポイントとしては、会社の説明を簡単に加えること、その役職の就いていた時にどような業務に携わっていたのかを具体的に簡潔に説明することです。

人事担当者は、日本の会社名だけ書いてもそれがどんな規模の会社でどこに所在しどんな業務をおこなっているのかまったく想像つきませんよね。

従業員数が300人で支店が全国7店、日本の伝統的なお菓子では関西を中心に幅広く認知されている企業です、などと書いてあると想像できます。

同じように、その役職についていた際に、実際にどのような業務に携わっていたのかも具体的に説明しましょう。

一つ一つの文章はなるべく簡潔に無駄な言葉を省きシンプルにまとめて下さい。

あなたが実際に会社の中でどのような位置、責任、業務を行っていたかを伝わる文章を作りましょう。

私はリーダーシップがあります、と書くよりも、私は10人のチームリーダーでメンバーの業務管理、トレーニングを任されていました、と書いてあるほうが説得力がありますよね。

実際の数字などを用いると伝わりやすいですよ。

ポイント⑤ 学歴と資格

新卒者以外であれば、学歴は履歴書の下部にシンプルに書きます。

基本的に最終学歴だけで大丈夫です。学歴よりも職歴に重点をおいて書きましょう。

同じように資格も一番下にシンプルに書きましょう。運転免許証などは業務に直接関係ないのであれば記載する必要はありません。

ポイント⑥ 余計な記述や資料はいれない

履歴書はできるだけシンプルにまとめて下さい。

ヘッダーやフッターは入れない。写真や表・グラフなど使わない。赤や青など色を付けない。フォントも読みやすいものを使うよう心掛けてください。

以上。6つのポイントにまとめてみました。

履歴書を作る際には、履歴書を見てもらう人、通常人事担当の方が見易いかどうかを意識して作ってください。

自分の事がうまく伝わらないようであれば、まったく意味がありません。どうすれば伝わりやすいのか、よく考えながら作成してください。

まずは日本語で書けば良い

英文で書けないと言う方も多いと思いますが、まずは日本語で詳しく書いてみて下さい。それから英語に訳すよう頑張ってみましょう。

よく英語学校の先生に手伝ってもらって作成された英文履歴書も拝見します。とてもキレイにまとまっていてよく出来ています。

しかし、惜しいですね。「もっと会社情報の説明、役職に就いていた際の業務の具体的な説明を足したほうがいいよ」、「応募するポジションは?それならここを強調した方がいいよ」と学生にアドバイスをして欲しいんです。

それで、その内容を先生がキレイな英語でまとめて書いてくれると100点な履歴書ができます(笑)

英文履歴書のサンプル

日本語でも「英文履歴書の書き方」とググってみるとすごく沢山出てきます。

私が見た中で良いなと思った英文履歴書サンプルは、Daijob.comマイナビ転職DODAグローバルのものですね。こちらから、サンプルをダウンロードしてみて下さい。

弊社でも、無料で英文履歴書のアドバイスや作成のお手伝いをしています。是非お気軽にご利用ください。

今日これを読んだ皆さんは、次の求人応募からはバシバシ仕事の面接が入ってくることでしょう(笑)そうしたら是非ご一報ください!

皆さんのオーストラリア生活が更に充実したものとなりますように。

参考資料:Business Insider Australia(クリックすると新しいウィンドウが開きます)

ツヨシからワンポイントアドバイス

Tsuyoshi_photo_v05_512_circle
・社会人の方の履歴書は、職歴80%、自己アピール20%で作成。
・応募先の役職に合わせてアピールポイントは変えましょう。
・英語力に自信がなくても大丈夫!シンプルに見易い履歴書作りを心掛けて!

無料メール相談受付中

毎月100名以上のカウンセリング実績がある安心の『手続き無料』エージェントです。

留学・ワーキングホリデーの費用や準備に関するお問い合わせを24時間受け付けています。皆様の状況やご希望をお伺いした上で、留学のプロが丁寧にお答えします。どんな些細な事でも、何か気になる事などございましたら、お気軽にご相談下さい☆

この記事がためになったと思ったら、SNSで「いいねぇ♪」して下さい☆

今週よく読まれている記事