【英語学習:インプット編】私が実践したレベル別の英語学習法、効率良く確実に英語上達しよう!

【英語学習:インプット編】私が実践したレベル別の英語学習法、効率良く確実に英語上達しよう!
この記事で説明する準備レベル別の勉強方法を知って効率良く英語学習しよう
難易度:★★☆☆☆ | 所要時間:15分間

英語学習の仕方とレベルの理解によって、伸び方は大きく変わってきます。

「勉強の仕方が自分に合っているのか分からない…」という方にぜひ読んでいただきたい内容。今回は自分のレベルにあった学習方法で効率よく英語上達する方法についてご紹介します!

自分の英語力って何が出来るレベル?と思った方は下記のブログも合わせて読んでみて下さい♪

▼【英語学習】効率良く英語を勉強するために『レベル別の伸び悩み』を知って諦めずに学習を続ける方法!」
http://blog.aus-ryugaku.com/how-to-study-beginner-intermediate/

英語初級レベル:ビギナー・エレメンタリー

オススメの学習ツール
中学で習った英語の文法基礎を振り返ることが出来る教材。

使い方
ビギナーだからこその思い込みがあるこのレベルでは中学校で習った英語文法をもう一度復習して、文法の土台を固めましょう

She/ Her, He/ His の使い分け、動詞の位置はどこで過去・現在の変化系はどんな種類があるのか…。Be動詞なんて簡単!!と言わずにまずはその教材の1ページ目からじっくりと確認しましょう。

 

英語初中級レベル:プレインターミディエイト

オススメの学習ツール
高校で習った英語文法を復習出来る教材。

使い方
中学後半から出てくる◯◯完了進行形。名前を聞いてめまいがする方も多いところ(笑)
日本語にない感覚を表現する文型から、一気に難しくなったと感じ、英語学習に心を閉ざす方が増えるところなんです。

高校では「◯◯完了進行形」の英語が多く出てくる時であるのと、中学校で習ってきた文法を横に横につなげて長い文を作る文法が多くなる時。(ここに来ると、ビギナー・エレメンタリーで土台を固めた作業がすごくいきてきます!!)

ネイティブが日常生活で良く使う文法が多く詰まっているところなので、1つ1つ理解をして消化していきましょう。
テキストを進めるページでは無く、そのページを理解出来てからページを進むようにすると良いですよ!

*学習のポイント*
テキストは2〜3周するのがベスト!!
時間がかかるページは1回目と同じようにじっくり解いて、理解出来たページではそのセンテンスを使ってオリジナルの文章を作ってみると適度に負荷がかかって良い練習になります。

 

英語中級レベル:インターミディエイト

オススメの学習ツール
Youtube
Breaking news English Lessons( 英語学習サイト )

使い方:Youtube編
ポイントは長くても10分以内の動画を選ぶことと、興味のある分野を選ぶこと
ここでは字幕をつけたりはあえてしなくても良いです。耳をすまして英語の音を聞く&どんなことを言っているのかなと理解するように聞いて下さい。

「字幕をつけて映画を見ると良い」というアドバイスを良く聞くかと思いますが、このくらいの短い動画であればひたすら英語を聞き取るよう耳を傾けて下さい。興味のある分野であれば単語も拾いやすいし、分野を定めることで動画作成者が変わっても同じ単語が繰り返されることが多いので聞き取りがしやすいです。

使い方:Breaking news English Lessons( 英語学習サイト )編
オンライン英語学習サイトを使ってディクテーション!
ディクテーションとは、聞き取った英語を文字に起こしていく学習方法です。

▶︎ サイトURL:https://breakingnewsenglish.com/index.html

インターミディエイトであれば『Level 4 か 5 』が適切
記事を読み、分からない単語があったら調べて単語帳へ書き出すようにしましょう。他「Speed Reading」と「Speed Listening」があるのでお好みに応じて使用。

「Speed Listening」では、Faster(比較的早い)で2回ほど聞いた後に、Medium(普通)スピードを聞きながら、ノートに書き出す。(1カンマ、もしくは1センテンスで止めて書き出すと無理なくすすめられますよ!)

スクリプトが確認出来るページもあるので、一通り書き出した後は、抜けている言葉などを確かめるようにしましょう!
(速さを選ぶページ下の方ある「8-page printable」をクリックすると読み上げられた文章がPDFで見れるようになっているので、それを使って答え合わせをすると良いですよ!)

 

英語中上級以上:アッパーインターミディエイト以上

オススメの学習ツール
・映画
・洋書

使い方
アッパーインターミディエイト以上になると基本的にこの2つを定期的に使い、常に新しい単語やイディオムを増やすこと、英語に触れる時間を切らさないようにすること三人称単数や前置詞などの細かい抜けを作らないするようにするのがポイントです。
特に特定の使い方を設定しなくても、これらのポイントを意識していくことで十分です。

というのもここのレベルまでくると、日常会話の中で不便を感じることが無く、ふと身近なものすぎて何ていうのか知らなかったような物の名前やネイティブ特有の言い回しに疑問をいだくようなレベルになります。もしくはお仕事で英語が必要などの場面で更なる英語力の必要性を感じ始める時です。

 

まとめ

自分の現在のレベルからそれに適した学習方法は分かりましたか?今回は「インプット編」として、まとめてみました。

最後に書いた、本を使っての学習方法ですが、インターミディエイトのレベルの方で読書好きであれば早速取り入れるのも良いでしょう。背表紙にペンギンのマークが書いてあるペンギン・リーダーズだとレベル別に分かれているので自分にあったものを選びやすいですよ。是非使ってみてください☆

 

ともみ先生からワンポイントアドバイス

・自分のレベルにあった勉強方法をするのが英語力が伸びるコツ!
・初歩的なミスをおかしやすいことに気づいたら、文法の基礎を確認することを忘れずに。
・勉強の中に楽しみを見つけるのを必ず忘れないで!

無料メール相談受付中

毎月100名以上のカウンセリング実績がある安心の『手続き無料』エージェントです。

留学・ワーキングホリデーの費用や準備に関するお問い合わせを24時間受け付けています。皆様の状況やご希望をお伺いした上で、留学のプロが丁寧にお答えします。どんな些細な事でも、何か気になる事などございましたら、お気軽にご相談下さい☆

この記事がためになったと思ったら、SNSで「いいねぇ♪」して下さい☆