【学校紹介:ILSC】学生評価高!イングリッシュオンリーポリシー、選択制クラス、毎月の英語学習評価を得れる大人気語学学校!

【学校紹介:ILSC】学生評価高!イングリッシュオンリーポリシー、選択制クラス、毎月の英語学習評価を得れる大人気語学学校!
この記事で説明する準備EOP、選択制クラス、毎月の学習評価を得れる学校を知ろう!
難易度:★★☆☆☆ | 所要時間:10分間

シドニーの中心地、タウンホール駅の目の前に校舎を構える語学学校「ILSC LANGUAGE SCHOOLS(通称:ILSC)」には英語を本気で伸ばしたい学生が集まっています。

ここの特色は生徒のニーズに合わせてプログラムが組まれていること、「イングリッシュ・オンリー・ポリシー(EOP)」が徹底されていること、講師から1ヶ月ごとに英語学習に関する評価を貰えかつそれを元に次に受けた方が良いプログラムを講師からオススメしてもらえることというから、英語学習への本気度が違いますよね。

今回は、自称英語学習オタクの私が、ILSCのマーケティングアシスタントAyaさんに徹底的にお話を伺ってきました!

今回もQ&A形式で見ていきましょう♫

ILSC LANGUAGE SCHOOLSについて

Q1. 学校の特色について教えて下さい。

Aya:一番は「English Only Policy(イングリッシュ・オンリー・ポリシー)」です。基本的に学校の中では英語を使って話をしてもらいます。レッスンの時だけでは無く朝の挨拶や週末の予定などちょっとした会話の時にでも英語を使えるような習慣を身につけることで英語力アップに繋がります。

Q2. ILSCさんのポリシーは徹底的に管理されていると伺いましたが…、辛くなってしまう生徒さんはいませんか?

Aya:(笑) そうですね。厳しくポリシーを管理していると言っても注意するというよりは生徒に楽しみながら意識してもらえるような仕組みを作っています。それと「母国語OKな部屋」があるので、家族に電話をしなければいけない時、英語を使って話すのが難しくどうしても母国語が必要な時にはその部屋に行って母国語を使うことが出来ます。

Q3.「楽しみながら」というのは具体的にどう行った内容がありますか?

Aya:” Green Card System(グリーンカードシステム)“です!
講師がグリーンカードと呼ばれるカードを持っているのですが、積極的に英語でコミュニケーションをとっている生徒を見かけたら講師からカードが渡されます。そしてそれを受け取った生徒は裏に名前を書いて投函するのですが、さらに定期的にその中からカードが選ばれそこに名前が書いてある生徒は賞金がもらえる仕組みになっています。

また、生徒はどの先生が持っているか分からないので、常に英語を使う意識が必要ですね!そして先生の目に止まれば何枚でももらえるので、頑張り次第では当選確率も上がりますよ (笑)

ともみ:「イングリッシュ・オンリー・ポリシー(English Only Policy)」が厳しいと伺っていたので今回のお話を聞いて安心しました(笑)

Ayaさんからも「学生の為を思ってそこは厳しく意識を向けるようにしています。学生達も英語を伸ばしたいという思いからILSCへ入学し、そしてこのポリシーを楽しみながら遂行してくれています」とのこと。生徒自身が自発的に行う環境が揃っていることが素晴らしいですよね!

こちらは、ILSC Sydney校の紹介動画!学校の雰囲気を動画で見てください☆↓↓↓

 

学校の強み

Q1. ILSCのキャンパスはどの都市にありますか?

Aya:ILSCは世界9都市にあり、各都市世界中から生徒が集まります。オーストラリアでは、シドニー、メルボルン、ブリスベンの3都市に校舎があります。語学を学ぶだけではなく国際感覚と経験を身につけることが出来ます。

Q2. ILSCならではの強みを教えてください。

Aya:ILSCの強みでいうと、何と言っても講師陣ですね!
ILSCの講師は、全員が大学卒業資格と英語教授法資格の両方を保持し教授経験があります。また全講師はネイティブスピーカーであることも強みです。ただ “英語を教えることができる英語スピーカー” では無く、こうした条件のもと講師も選ばれているので、レッスンの質にも自信があります。

 

タイムテーブルについて

Q.1. 1番人気のタイムテーブルを教えて下さい。

Aya:Full – Time Morning(フルタイムモーニング)8:30 〜 13:00PMです。セッション内容(クラス内容)の選択肢が多く英語力向上へ向けて積極的にアプローチをしていくことが出来ます。
その他にFull – Time Afternoon(フルタイムアフタヌーン), Full – Time Evening(フルタイムイブニング), Full – Time Intensive (フルタイムインテンシブ)があります。

Q2. モデルケースのタイムテーブルの取り方はありますか?

Aya:Full – Time Morning(フルタイムモーニング)を2〜3ヶ月受講した後に他のタイムテーブルを選択されていかれる流れが多いですね。

例:
①Full – Time Morning(フルタイムモーニング)+ Full – Time Afternoon(フルタイムアフタヌーン)
②Full – Time Morning(フルタイムモーニング)+ Full – Time Evening(フルタイムイーブニング)

 

自分で選べる「選択制クラス」!

Q1. クラスの1周期はどのくらいですか?

Aya:4週間ごとに違うクラスを受講することが出来ます。

Q2. (学校側で)選択制クラスはどのように作られていますか?

Aya:実は、生徒の声を元に作っているんです。例えば「習ってきた単語を使って話すことは出来るけど相手の話が理解しづらい(会話のキャッチボールが出来ない )という話があると → 単語力を補ってリスニングを強化する必要がある → それから、”リスニング&単語力強化のクラス”が出来上がる」といった仕組みになります。案があがった後はそこからさらに多数決によって最終的に決まります。なので、生徒の皆さんが「英語を伸ばす為にこれが必要」と言うまさにピンポイントのクラスを作っています。

Q3. 幾つの選択肢がありますか?

Aya:1番人気なFull – Time Morning(フルタイムモーニング)の時間割で言うと約40以上のクラスが準備されています。
時間も8:30〜11:15、11:45〜13:00の2部構成になっているので、前半の部で英語の基礎を固め後半の部で英語力4技能のより細かい部分を鍛えていくクラスを選び組み合わせることなども出来ます。

Q4. そんなに選択肢があると迷ってしまいそうですが、皆さんはどのように選んでいますか?

Aya:クラスが終わる頃に講師から各生徒に成績評価が下されるのですが、その際に” 英語力の弱いところを伸ばす為のオススメのクラス” についてアドバイスをもらうことが出来ます
スタート時からの成長を見ている先生だからこそ細かなサポートをすることが出来ますよね。(例:読み書きのレベルは高いんだけど会話をする時に流暢さに欠けてしまう。→ そこを改善する為に会話と発音のクラスを受講する。)

Q5. 評価方法はどのようになっていますか?

Aya:ホームワークの提出頻度、出席日数、遅刻、テスト結果、発言量、課外授業に参加している際にはその時の積極性なども評価対象になります。

 

クラスメイトについて

Q1. クラスメイトはどのように決まりますか?

Aya:入学前のレベルチェックがベースになることはもちろんですが、同じ国籍が多く重ならないようにしています。日本人の方も1クラスに3〜4名くらいになるようにしています。

Q2. 1クラスは何名でしょうか?

Aya:1クラスは約10〜15名になるので、先生が十分に生徒の学習状況を把握できる人数になっています。

 

入学に関すること

Q1. 入学日について教えて下さい。

Aya:4週間を1セッション(クラス)としているのですが、基本的にセッション最終週基本的には理想的なのは毎月1回、決められている月曜日の日です。
もちろんその日以外での入学も可能なのですが、クラスが満席になっていたり、クラス内容が途中からになってしまうことがあるので、出来る限り月1回の日をお勧めします!

Q2. 入学の際のレベルチェックは事前に日本から申し込むことも出来ますか?

Aya:はい。オンラインテストで受けて頂くことも可能です。

 

抜群のロケーションと環境

Q1. キャンパス周りの環境について教えて下さい

Aya:シドニーの中心地、タウンホール駅の目の前に位置している為、通学しやすいのはもちろんアルバイトと学業の両立もしやすい場所にあります。学生さんには勉強もプライベートも一生懸命、オーストラリアライフを充実させて頂きたいです!

ともみ:なるほど!すばらしいですねぇ☆ ILSCの校内は本当に綺麗なんです。校内の様子についてはこちらの写真もご覧ください↓↓↓

 

最後に

今回ILSCさんを訪問して感じたのは、学生のことを最優先に考えた学習環境と柔軟性のあるカリキュラムが揃っている学校ということ。生徒自身が興味を持って学習意欲が湧くようなシステムが作られていることが大事なポイントですよね!何事も興味を持って取り掛かることが1番の学びにつながります。

例えば、午後のクラスで開催されている「Cafe work skills and hospitality(カフェでのカスタマーサービススキル)」では各教室にいる生徒を周り注文を取った後は、校内にあるエスプレッソマシーンを使って実際にコーヒーを作り届けるところまでを一連の流れで行います。起こりうるであろう流れを体験しておくことで、実際カフェで働く時にスムーズに業務に入ることが出来ます。

カフェでのカスタマーサービススキル講座の様子をこちらの動画で見れます↓↓↓

今回のブログだけでは紹介しきれない魅力的なコースもあるので、ぜひホームページや学校の動画も沢山Checkしてみて下さいね!

 

>> 次の記事はこちら >>
シドニーのイチオシおすすめ語学学校を目的別に紹介、お気に入りの学校が必ず見つかる!▼▼▼
<シドニーで英語を勉強するならこの学校!目的別シドニーの語学学校おすすめ7選>

ともみ先生からワンポイントアドバイス

・自分の興味に沿って勉強をしよう!
・英語を使って何かを学ぶことで2つのスキルが同時にアップ!
・英語環境にどっぷり遣って英語脳に!

無料メール相談受付中

毎月100名以上のカウンセリング実績がある安心の『手続き無料』エージェントです。

留学・ワーキングホリデーの費用や準備に関するお問い合わせを24時間受け付けています。皆様の状況やご希望をお伺いした上で、留学のプロが丁寧にお答えします。どんな些細な事でも、何か気になる事などございましたら、お気軽にご相談下さい☆

この記事がためになったと思ったら、SNSで「いいねぇ♪」して下さい☆