【現地就職への道】看護師として永住権を取得!絵梨さんにオーストラリアで正看護師として働く方法を聞きました

【現地就職への道】看護師として永住権を取得!絵梨さんにオーストラリアで正看護師として働く方法を聞きました
この記事で説明する準備オーストラリアで正看護師として働く方法を知ろう!
難易度:★★★☆☆ | 所要時間:20分間

こんにちは!YURIです。

オーストラリアでは「看護留学」や「看護インターンシップ」がとても人気ですが、実際にオーストラリアで看護師として働くってどういうことなのか気になりますよね。もし自分も海外で看護師として働けるのであれば…、どんな気分でしょう…?

海外で働きたい日本の看護師さんに「オーストラリアの看護師さん事情」を知ってもらおう!そこで、当ブログの人気シリーズ「現地就職への道」!第6弾は、オーストラリアの正看護師さんにスポットをあててお送りします♪

このシリーズは、オーストラリアの現地企業で活躍されている日本人に「どうやってその仕事に就いたのか」という就職への道を、留学生・ワーキングホリデーの皆さんに代わって直接インタビューさせていただき、その真相を探っていく、まさに特攻型の企画です。

今回は、シドニーの病院で勤務中の下田絵梨さんに「どのようにオーストラリアで看護師として永住権を取得したのか」をテーマにお話を伺いました!また、「看護師として就職する方法」や「必要な英語力」、「日本とオーストラリアの働き方の違い」など皆さんが気になる「オーストラリアの看護師さん事情」について沢山お話していただきました。

プロフィール
名前:下田絵梨
役職:Registered Nurse(RN、正看護師)
会社:Manly waters private hospital

Q1. 自己紹介をお願いします

つよし:今日はよろしくお願いします!まずは、自己紹介をお願いします。

絵梨:下田絵梨です。オーストラリア歴6年目です。

つよし:(滞在歴が)スーパー長いわけではないんですね。最初はワーキングホリデービザで渡航されたのですか?

絵梨:そうですね、最初はワーキングホリデーで来ました。1年で日本に帰る予定だったんですけど、多くの友達がワーキングホリデーのセカンドビザを取るためにファームに行ったので、私も行こうかな~と思い行きました(笑)バイロンベイにも滞在していたんですけど、仕事があまりないし、友達もみんな帰ってしまったのでシドニーに戻ってきました。そのタイミングで、友達にアシスタントナースの資格が取れることを教えてもらって、日本で7年間看護師をしてたのでやりたいなと思ったんです。

つよし:あれ、ワーキングホリデーでは看護留学や看護インターンシップなどの目的で来たんではないんですか?

絵梨:いや、単にワーホリをするために来たんです。1年間の休憩が欲しかったのと、サーフィンがしたかっただけなんです(笑)

つよし:あ、そーなんですね!サーフィンしたかっただけ!?(笑)てっきり看護目的のワーホリをするために来たのかと思いました。

オーストラリア 正看護師

 

Q2. 就職までの流れ

つよし:アシスタントナースの資格はどうやって取得されたのですか?

絵梨:学校で知識を身につけアシスタントナースの資格を取りました。実習もあり、さらに、ワークエクスペリエンス(職業経験)を積む必要があったんです。学校が私の家の近くのナーシングホーム(介護施設)に配属してくれたのでそこで2週間働きました。

つよし:へー、勤務先を住んでいる地域などを考慮して配属してくれるんですね。

絵梨:そうなんです!2週間のワークエクスペリエンス(職業経験)の最後の日にそのナーシングホームがアルバイトとして雇ってくれたので、その後も続けて6ヶ月間働きました。その後は日本に帰る予定だったのですが、そこのボスがまだまだオーストラリアにいて仕事を探すのであれば紹介してくれると言ってくださって、もしかしたらずっとオーストラリアにいれるかもしれないという希望が一気に高まったんです。でも、アシスタントナースでは永住権の申請はできないので、「Registered Nurse(RN、正看護師)」の資格を取得することにしました。

つよし:そうなんですね。RN(正看護師)の資格を取得するために大学は行かれたんですか?

絵梨:はい。行くことに決めたんですけれど、大学は学費も高いですし、2年は行けないなと思い1年で資格が取得できるアデレードの大学に通いました。大学に進学するにはIELTS 6.5が必要で、それも厳しいと思ったので内部進学のできる語学学校に6ヶ月通ってから大学に入学しました。

つよし:1年で大学を卒業した後、技術独立移住ビザで永住権の申請をしたのですか?

絵梨:はい。Skilled Independent Visa(技術独立移住ビザ)で申請しました。ポイントは年齢と日本での7年間の看護師経験、あとOET(医療英語テスト)で満たしました。1回目申請をした時は、トラブルがあってなかなかビザが下りなかったのですが、2回目に自分で申請した時は1ヶ月で降りました。

つよし:へえ、そうなんですね!そして現在は正看護師として働かれているんですね。

絵梨:はい。RN(正看護師)の資格を取れた時にずっと働いていたナーシングホーム(介護施設)に報告をして、その時にアシスタントナースとして戻っていいか聞くと歓迎してくれたので、アデレードからシドニーに戻りました。OET(医療英語テスト)に受かった後は正看護師として病院で勤務を始めました。現在の病院で働き始めて1年くらいですね。

つよし:なるほど、よく頑張りましたね!

 

Q3. オーストラリアで看護師として働く

つよし:オーストラリアの看護業界で日本人は歓迎されますか?

絵梨:めっちゃ歓迎されますよ!まず、働き者ですし、文句も言わないので。

つよし:看護師の仕事を探す時にもプラスになりますか?

絵梨:そうですね…、日本人の働きっぷりはとても歓迎されますが、問題は英語力だと思います。例えば、ネパール人やフィリピン人は彼らの国でも英語を日常的に話しますし、やっぱり比べると日本人の英語力は落ちてしまいます。ネパール人やフィリピン人でさえ仕事を見つけるのは難しいみたいです。

つよし:そうなんですね。やっぱりポイントは英語力なんですね。求人も少ないんですか?

絵梨:州立病院の求人は出てるんですけれど、入るのは難しいみたいです。ただ、州立の病院で1度働き始めたら横のつながりがありますし、仕事は見つけやすくなるという話は聞きました。私立病院の仕事の方は、見つけやすいと思います。

つよし:州立病院と私立病院での(仕事環境の)違いはありますか?

絵梨:州立病院の方がお給料が高いです。なので、みんな州立の病院で働きたがります。それに比べると私立病院は州立病院よりお給料が安いですし、さらに忙しいです。また労働環境も比較すると劣るように思います。

 

Q4. 必要な英語力

つよし:病院で看護師として働き始める前に大学を卒業したり、OET (医療英語検定テスト)を受けたりとすでに十分な英語力があったと思うのですが、それでも仕事の際には英語に困ることはありますか?

絵梨:困ります…。まず、おじいちゃんやおばあちゃんが多いので英語の発音が聞き慣れなかったり、モゴモゴした聞き取りにくい喋り方だったりするんです。それを理解するのが大変です。

つよし:いやー、おばあちゃんの英語はレベルが高い!!(笑)

絵梨:そうなんですよ!!予想外の返事が返ってくることもあるので、日本語でも難しいのに英語だとさらに難しいです。最初は全然わからなかったです。また、症状がどんな痛みなのか、どこが痛いのか、いつから気持ち悪いのかなどできるだけ簡単な文章で聞くようにしていました。その後に自分で考えて判断し、さらに患者さんに質問をするようにしていました。

つよし:それは苦労しそうですねぇ。

 

Q5. 日本とオーストラリアの「働く環境」の違い

つよし:日本で7年間看護師をされていましたが、オーストラリアの働きやすさはどうですか?日本との違いはありますか?

絵梨:そうですね…まず、オーストラリアでは残業は絶対ないです。また、日本では30分前には出勤して情報を取っていたのですが、オーストラリアでは10分前です。私は、日本の習慣の流れで早く来すぎて、逆に「早く来すぎ!」って注意を受けました。(笑)勤務時間外にウロウロしているのが邪魔なんですかねぇ。基本的にオーストラリアでは勤務時間の8時間以外は勉強をしたりもしますが、自分の好きなように時間が使えます。

つよし:面白いですねぇ。自分で時間を調整できるのは良いですね。

絵梨:そうなんです。日本では有給が7日間だったのですがオーストラリアでは5週間取れます。オーストラリアでは休みを取ることに関して寛容なので有給後は「ホリデーどうだった?」という話でナースステーションが賑わっています。(笑)みんな真面目な話よりも楽しい話の方が好きなので、もう雰囲気が違いますね。

オーストラリア 正看護師

 

Q6. これから留学・ワーホリをする方へのメッセージ

つよし:それでは最後の質問となりますが、これから留学・ワーホリをする方へメッセージをお願いします!

絵梨:もし興味があるのであれば、日本で考えていないで行動した方が良いと思います。病院を辞める抵抗がある気持ちも分かります。でも、1度辞めてしまえば過去になるので。自分の人生に向き合わないといけないですし、自分で道を切り開いていく必要があると思います。いろんな別れ道もあったんですけれど、今は幸せですし、あの時自分の気持ちを押し殺さなくて良かったと思います。少しでも興味があるのであれば、まずはワーホリで来て、オーストラリアを体験して、それでもオーストラリアにいたければ道はありますし、日本に帰ったとしてもその時はすっきりしていると思います。

つよし:そうですね。自分の気持ちに素直にやりたい事に向かって一歩踏み込んで欲しいですね。今日は、インタビューにご協力いただき、ありがとうございました!!

 

最後に

正看護師として働く傍ら、自由な時間にサーフィンを楽しんで素敵なオーストラリア・ライフを送っている下田絵梨さん。キラキラした絵梨さんの笑顔からは絵梨さんの明るさや前向きさを感じ、私もパワーをもらいました。

海外で挑戦してみたいけれどまだまだ不安がある看護師の方、とりあえず一歩踏み出してみてはいかがでしょう?絵梨さんがおっしゃっていたように、日本で考えるのではなく、とりあえず行動してみて、オーストラリアに来てみて、それから考えてみませんか?

もちろん不安な点は誰しもあると思います。しかし、1度きりの人生、タイミングを逃さずチャンスを掴みましょう☆

リズム留学センターは、オーストラリアで看護留学・看護インターンシップをしたい方を全力でサポートしています。興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください!

>>次の記事はコチラ>>
オーストラリアでの看護・介護インターンシップに興味のある方はナーシングホームでのお仕事についての記事を是非チェックしてください!▼▼▼
海外【看護・介護インターンシップ】日本人看護師さんに最も人気のナーシングホームでのお仕事とは?

YURIからワンポイントアドバイス

・興味があるならば、日本で考えていないで行動してみましょう☆
・オーストラリアで有意義な生活を送りましょう♪
・1度きりの人生、一歩踏み出してみませんか!

無料メール相談受付中

毎月100名以上のカウンセリング実績がある安心の『手続き無料』エージェントです。

留学・ワーキングホリデーの費用や準備に関するお問い合わせを24時間受け付けています。皆様の状況やご希望をお伺いした上で、留学のプロが丁寧にお答えします。どんな些細な事でも、何か気になる事などございましたら、お気軽にご相談下さい☆

この記事がためになったと思ったら、SNSで「いいねぇ♪」して下さい☆

今週よく読まれている記事