【現地就職への道】語学学校スタッフのなつみさんに聞くマーケターとしての就職方法

【現地就職への道】語学学校スタッフのなつみさんに聞くマーケターとしての就職方法
この記事で説明する準備語学学校で仕事をするヒントを掴もう
難易度:★★★☆☆ | 所要時間:30分間

皆さん、こんにちは。YURIです!

リズムでは、今年も留学生・ワーキングホリデーの現地就職を応援していきます!

そこで、シリーズ第2弾!!「現地就職への道!

このシリーズは、オーストラリアの現地企業で活躍されている日本人の方に「どうやってその仕事に就いたのか」留学生・ワーキングホリデーの皆さんに成り代わって直接インタビューし、真相を探っていく企画です。

前回の記事は、大変大きな反響をいただきました。この記事を読んで一人でも多くの日本人が現地就職にチャレンジしていただけたらと思います。

今回の「現地就職の先輩」は、この方です!!

プロフィール:
名前:Natsumi Asai
役職:Regional Sales & Marketing Manager
会社:Cass Training International College

リズム代表のつよしとなつみさんの対談形式でお届けします。

 

Q1. 自己紹介をお願いします。

つよし:まずは簡単に自己紹介からお願いします。

なつみ:海外に興味を持ち始めたのは高校生の時で、大学生になったら絶対に留学しようと決めていました。そして、初めて留学したのが19歳の時です。語学留学をして、多くのバックグラウンドや考え方が違う方にお会いして素の自分で入れることに楽さを感じ、その時に就職をこっちでしたいと思うようになりました。

大学4年生の後期に学生ビザで就職活動をするためにシドニーに戻ってきました。

 

Q2. インターンシップ期間中

つよし:その留学の時に就職の手応えはありましたか。

なつみ:友達の紹介で1ヶ月半ほど日本のエージェントで無給インターンをさせていただきました。そこで、語学学校で留学したい方のサポートをすることの良さに魅力を感じ、憧れを抱くようになりました。

そして、Cass Trainingのレセプション(受付)での無給インターンのお話をいただき、その後、1度日本の大学を卒業するために帰国し、ワーキングホリデービザで戻ってきました。

つよし:その時はどれくらいの期間の予定だったんですか。

なつみ:2ヶ月の無給インターンの予定でした。

つよし:インターン中はどれくらいの頻度で通われていたんですか。

なつみ:最初にオファーを受けたのは1番忙しい時間帯の朝で、月曜日から木曜日まででした。ですが、スキルを上げたいという意思が強かったので、もう少しシフトを入れてもらえるように頼みました

つよし:へーすごいですね。

なつみ:とりあえずできることを増やしたかったので、自分から進んで仕事を作っていきました。

 

Q3. 就職までの流れ

つよし:インターンの後はどうされたんですか?

なつみ:その2ヶ月のインターンの後に、引き続きパートタイムで働けるように直接お話をする機会を作っていただき、再度面接をしました。そして、そのまま継続して勤務することになりました。

つよし:ワーホリの期間中はずっとそこで働かれていたんですか?

なつみ:レセプションとスチューデントサービスという違うポジションで働かせていただいていました。その後、学生ビザに切り替えて、英語もどこでも生きていけるくらいにまでになりたいと思っていたので勉強しました。

つよし危機感の持ちようがすごいですね。ワーホリ終了後、学生ビザに切り替えることに迷いはなかったんですか?

なつみ:全くなかったですね。楽しくてしょうがなかったのでこの仕事を続けたいと思いました。また、英語の勉強はCass Trainingで「アイエルツ(IELTS)」のコースをとって学んでいました。そして、スポンサーシップ以外の道も残すために「アカデミック(Academic)」のテストを受けました。

つよし:そうなんですね!

なつみ:学生ビザが切れそうになった頃、Cass Trainingにスポンサーシップの援助をしてもらえないか聞きました。すると、ビザ申請に必要な書類を調べてくるように言われました。

つよし:お、前向きな回答ですね!

なつみ:その当時は(前向きな回答だと)気づかなかったのでだめなのかと思っていました(笑)

ビザに必要な書類を調べたら、「ディプロマ(Diploma)」の学位が必要なことが分かりました。日本の大学では国際文化学部を卒業していたので、マネジメントの学位を取得するために再度学校に通いました。ですが、その後スポンサーシップを申請したのですが、ビザがおりませんでした…。

その時は日本に帰ってもいいかと思ったんですが、Cass Trainingからマーケティングに移動してほしいと提案されました。マーケティングだと過去に1人Cass Trainingからスポンサーを出しているので高い確率で通るのではないかというお話をいただきました。

つよし:なるほど。2度目のスポンサーシップを申請する資料は揃っていたんですか?

なつみ:マーケティングで申請するには、「バチェラー(Bachelor)」の学位が必要だったんです。そこでまたビジネスマネジメントを学びに学校へ通いました。今度は「グラジュエイト・ディプロマ(Graduated Diploma)」でも良いとのことで、最短の9ヶ月で取得しました。

つよし:学校に通いながらマーケティングの仕事をしたということですね!

なつみ:そうですね。

 

 

Q4. マーケターとしての仕事

つよし:マーケティングの仕事をし始めた頃はどうでしたか?

なつみ:コースの内容などは、スチューデントサービスをしていたのですごく得意だったのですが、ビザのプロセスなど、知らなかった点については一から学びなおしました。

あと、これまでずっと英語で対応していたので敬語や日本語でのビジネスメールが苦手だったんです。少し苦労しましたね。そして、今年の6月に学校を卒業して、ついにビザを取得することができました。

つよし:今はマーケターとしてやっていく自信もついてきましたか?

なつみ:そうですね。みんなに助けてもらいながらどんどん自分でできることを増やして、自信もついてきました

つよし:学校で学んだ知識は実際に現場で活かされていると思いますか?

なつみ:そうですね…50%くらいかな…。でもやっぱり、仕事で学んでいる方が大きいです。学校で学ぶことを実際にそのまま使うことはあまりないですね。

 

Q5. マーケターの仕事の魅力

つよし:学校で働く魅力、また、マーケターとして働く魅力はなんですか?

なつみ:学校で働く魅力は、学校を良くしていって生徒さんに還元することですかね。

マーケターとしての魅力は、生徒さんへの思い入れが深いことですかね。留学したい生徒さんがどこの学校で学ぶか決める前に、生徒さんのやりたいコースとCass Trainingの良いところのマッチングに繋がるように言葉でエージェントさんにCass Trainingの魅力を伝えます。

一人一人に対してより深く関わりを持つことができるのがマーケターとしての魅力だと思います。

つよし:マーケターをしていて良かった点などはありますか?

なつみ:たくさんの人と知り合えたことですかね。

つよし:始めにインターンを始めた時は、英語を伸ばしたいと思ったからですか。それとも仕事を覚えたかったからですか?

なつみ:どっちもありましたね。英語で自分の伝えたいことを的確に伝えれるようになりたいという思いもありました。いろんな国の人と働く環境で仕事も覚えたかったですね。

 

Q6. これから留学・ワーホリする方へのメッセージ

つよし:では最後に、これから、留学・ワーホリをする方に向けてのメッセージをお願いします!

なつみ:自分自身に質問を投げ掛けてほしいです。やらないための理由を考えるのではなく、やりたいと思うことがあればとことんその理由を追求していってほしいですね。

ぼんやりとでもやりたいことがあればそれを無視せずに、自分にもう一度問いかけて本当にしたいことに一歩踏み出す勇気を持ってほしいです。寝る前の1分間でも、シャワーを浴びている時の5分間でもいいので自分のための時間を作ってやりたいことに目を向けてほしいですね!

つよし:そうですね。中途半端な熱意では達成できないですもんね。そのエネルギーは必要ですね!

今日はありがとうございました。熱意たっぷりのなつみさんでした!

 

最後に

2度も学位を取得し直し、スポンサーシップ申請まで一筋縄ではいかない道のりでしたが、なつみさんの熱意と危機感の持ちようで、大変ながらも楽しく乗り越えてこられたようです。

なつみさんからのメッセージを大事にし、1日の少しの時間でも良いので、自分に問いかけてみてください。

>>次の記事はコチラ>>
留学を考えている方はコチラの記事をチェックしてください☆▼▼▼
【留学準備】初めての留学、留学を考え始めてから出発までの留学手順ガイド

 

YURIからワンポイントアドバイス

・毎日自分の時間を作って自分が本当に何をやりたいのかを自問自答しよう!
・時にはなつみさんのように危機感を持つことも大事、そして一歩を踏み出す勇気を持ちましょう!

Photo: Ayami Tsuyukubo

無料メール相談受付中

毎月100名以上のカウンセリング実績がある安心の『手続き無料』エージェントです。

留学・ワーキングホリデーの費用や準備に関するお問い合わせを24時間受け付けています。皆様の状況やご希望をお伺いした上で、留学のプロが丁寧にお答えします。どんな些細な事でも、何か気になる事などございましたら、お気軽にご相談下さい☆

この記事がためになったと思ったら、SNSで「いいねぇ♪」して下さい☆

今週よく読まれている記事