【現地就職への道】NSW州でただ一人の日本人騎手、市川雄介さんに聞くオーストラリアでプロの騎手になる方法!

【現地就職への道】NSW州でただ一人の日本人騎手、市川雄介さんに聞くオーストラリアでプロの騎手になる方法!
この記事で説明する準備オーストラリアで騎手(ジョッキー)になる方法を知ろう!
難易度:★★★☆☆ | 所要時間:15分間

こんにちは。YURIです。

皆さん。騎手ジョッキー)というお仕事はご存知ですか?競馬を見る方は知っているかと思います。オーストラリアでも競馬はとても人気で、メルボルンカップなど大きなレースが開催される日は開催州では休日になる程です。

騎手という職業に興味がある方、海外へ行くという方法もありますよ。日本では競馬学校に入学するには年齢制限もあり、厳しい適性検査がありますが、オーストラリアの競馬学校は比較的に入学しやすいです。オーストラリアで騎手になるという選択肢はいかがでしょう?

そこで、このブログ人気シリーズ「現地就職への道」第5弾!

このシリーズは、オーストラリアの現地企業で活躍されている日本人に「どうやってその仕事に就いたのか」という就職への道を、留学生・ワーキングホリデーの皆さんに代わって直接インタビューさせていただき、その真相を探っていく、まさに特攻型の企画です。

今回は、現在シドニーで騎手ジョッキー)として活躍されている市川雄介さんに「どのようにオーストラリアでジョッキーになったのか」「オーストラリアでのジョッキーの仕事の探し方」など、実際にお話を伺いました。

プロフィール
名前:市川 雄介(いちかわゆうすけ)
役職:騎手/Jockey
会社:Tim Martin Racing Stable

では、さっそく行ってみましょう!

 

Q1. まずは自己紹介をお願いします

つよし:今日はよろしくお願いします。まずは簡単に自己紹介をお願いします。

雄介:市川雄介です。東京都出身で、17歳の時に日本の高校を中退してオーストラリアの競馬学校に入学しました。5月でオーストラリア歴10年になります。

つよし:へー!17歳の時に来たんですね。語学学校は行きましたか?

雄介:いいえ、語学学校には行ってないんです。Gold Coastに競馬の専門学校へ入学したんですけれど、その学校には馬学と騎乗に加えて英語の授業もありました。

つよし:そうなんですね。学校以外で英語はどこで身につけたんですか?

雄介:渡航して1年半はホームステイをしていたので、そこで学びました。

つよし:ホームステイ先は良かったですか?

雄介:そうですね。ご飯は準備してくれましたし、結構自由な家でした。

つよし:学校にはローカルの学生もいるんですか?

雄介:いや、ほとんど留学生です。日本人や韓国人、トルコ人などですね。ローカルの学生はほぼいなかったです。

つよし:そうなんですね~。

 

Q2. ジョッキーになるまでの道のり

つよし:では、ジョッキーになろうと思ったきっかけを教えてください。

雄介:14歳の頃に馬に乗り始めて、それがすごく楽しくて、日本の養成学校に入学したかったんですが、入れなかったんです。その時に、「オーストラリアでジョッキーになる」という選択肢を知り、渡航を決めました。

つよし:14歳の頃から乗って職業にしたいと思うほど楽しかったんですね。学校コースの期間はどれくらい通ったんですか?

雄介:まず、トラックワークライダー競馬場で馬に乗るためのライセンス)とステイブルハンド厩舎で働くライセンス)を取るコースに1年通いました。これがないと就職ができないんです。その後、ジョッキーコースに通いました。このコースでは競馬場で乗るスキルを身につけます。コース期間はライセンスをどれくらいの期間で取得するかによって変わってきます。またそのコースには職業研修も含まれていて、ワークエクスペリエンスを積む必要があります。

つよし:学校卒業後はすぐに就職されたんですか?

雄介:そうですね。その研修先にそのまま就職したんですけど、その厩舎が潰れてしまったので、学校に別の厩舎を紹介してもらってシドニーに拠点を移しました。

つよし:学校が手伝ってくれるんですね!

雄介:そうですね。厩舎は基本的に人手が足りていないので、学校と競馬業界の繋がりが強く、仕事や人材を紹介するケースが多いですね。

つよし:実際にジョッキーになるまでの期間はどれくらいかかるんですか?

雄介:1年半ほどです。仕事を覚えたり、馬に乗る技術を磨いたりする期間です。また、就職先のボス次第でジョッキーになれるのか、調教するのがメインになるのか決まってきます。

つよし:ほおー、それでレースに出れるかどうかも決まってくるんですね。

雄介:その前に、またレースに出るための試験があるんです。

つよし:え、それは学校のプログラム以外にですか?

雄介:そうです。「レーシングニューサウスウェルズ(Racing NSW)」という協会が行う試験です。これもレースなんですが、人も馬もそのレースに出ないと通常のレースに参加することができないんです。プロの方も参加するレースなのですが、誰しもが最初に見習いとしてこのレースに出場して最低でも20回パスしないといけないんです。20回パスすれば協会から許可は頂けるんですが、最後は、就職先のボスが許可を出すまでは騎手としてデビューできないんです。

つよし:最終判断はボスなんですね。ボスから認めてもらえないとレースに出れない、と。馬も20回ですか?

雄介:馬はゲートで暴れたり遅れすぎたりしない限り基本的には1回でパスがもらえます。

つよし:馬もレースに出れる状態にしてからレースということですよね。通常の賞金の出るレースとは別のレースということですよね。

雄介:別のものですね。トライアルレースです。僕は競馬場で乗り始めて1年半後にトライアルレースに出始めてその半年後にパスしました。

つよし:レースだけをやっているジョッキーもいれば、契約して調教する人もいますよね。それは、会社に雇われているということになるんですか?

雄介:僕は厩舎に雇われて調教もしているんですけど、調教はせずにレースだけでるジョッキーもいます。その人たちは個人(フリー)でジョッキーをやっていますね。

 

Q3. 厩舎での仕事の探し方

つよし:先ほどおっしゃってましたが、競馬業界が人手不足ということは仕事を探しやすいということですよね?

雄介:そうですね。競馬業界に就職したくて、スキルがあって雇われなかったという話は聞いたことないです。役職が上がると厳しいですが、最初は英語でのコミュニケーションが難しくても雇ってもらえると思います。

つよし:ということは、日本の厩舎で働いていた方がワーキングホリデーで来た場合なども仕事は見つかりやすいと思いますか?

雄介:全然問題ないですね。就職先はシドニーにはたくさんあります。

つよし:仕事情報はどこで見つけるんですか?

雄介:インターネットで「Horse Job」って検索するといろんな求人が出てきます。

つよし:そうなんですね。雄介さんがNSWにこられた時は競馬業界に日本人はいましたか?

雄介:ほとんどいないですね…1人か2人くらいですね。

つよし:仕事先はローカルの人ばかりですか?

雄介:仕事先は完全ローカルですね。

つよし:そうなんですね。雄介さんが1番最初に就職した厩舎からNSWに引っ越した時は誰も知らなかったんですよね。結構勇気いりますよね。

雄介:誰も知らなかったですね。10代だったからできたと思います。

つよし:不安よりやる気の方が強かったという事ですね。

雄介:そうですね。

 

Q4. ビザ

つよし:ビザはどのような形で取得されたんですか?

雄介:ワーキングホリデーのビザを挟んでから今の厩舎にスポンサーを出してもらいました。

つよし:ブリッジングビザ(ビザの申請中に一時的に申請できるビザ)の期間には馬に乗ることができないんでしたっけ?

雄介:職場と競馬協会の両方からお給料や賞金をもらうことができないので、その期間はレースには出れませんでした。

つよし:へーなるほど。ワーキングホリデーだからレースに出れないなどの規則はありますか?

雄介:レースには出れるのですが、ワーキングホリデーのビザのルールが適用されるので6ヶ月間しかレースに出れないですね。

つよし:なるほど~。

 

Q5. オーストラリアでジョッキーになるタイミング

つよし:日本で経験のある方は、競馬学校を卒業後に渡航するべきか、ある程度経験を積んでから渡航するべきか、どちらが良いと思いますか?

雄介仕事をする面では、ある程度日本で経験を積んでいた方が良いと思います。その方がオーストラリアで実際に働くとなった時に仕事がしやすいと思います。やはり、学校で教わることと現場でやることは違うので。日本の競馬の仕組みとオーストラリアの競馬の仕組みも違うので、日本のやり方を知ってから来ても良いと思います。

つよし:オーストラリアではレースとレースの間隔が短くないですか?

雄介:そうですね。国によっても全然違います。

つよし:やっぱり細かい点では日本と違う部分もあるんですね。

雄介:そうですね。また、日本で乗った時に日本の馬場は質が高いなと思いました。馬を調教するスタイルが違うのでその辺りが関係するのかと思います。

つよし:へえ、そうなんですね。日本ではどれくらい乗っていたんですか?

雄介:3ヶ月間レースに出てました。

 

Q6. 競馬業界における日本人の立ち位置

つよし:NSW州に日本人ジョッキーはあまりいない中、日本人として特別に扱われることや良かったことなどありますか?

雄介:そうですねぇ…良い点は勝ち始めたら目立つことですかね。悪い点はやっぱりローカルの人の方が強いので彼らの方がチャンスをもらえる確率は高いですね。そこに押し入っていくのはなかなかハードです。

つよし:そういった逆境を楽しめる人じゃないと難しいんですかね…。

雄介:今考えるとよくできたなと思いますが、その時はジョッキーになりたい思いとレースで勝ちたいという思いが強かったので、楽しめたと思います。

つよし:この厳しい世界では自分自身で楽しめないと心折れちゃいそうですね。

雄介:そうですね…。しかし、オーストラリアでは競馬業界で働いている人たちに日本に比べてラフに仕事させてもらえる分、思い詰めることはないと思います。労働環境がとても良いので。だからと言って仕事が適当なわけではなく、しっかり最初から教えてくれます。

つよし:日本人は仕事面の丁寧さなど重宝されると思いますか?

雄介:やっぱり日本人は真面目なので、酔っ払って次の日来ないようなオーストラリア人よりはしっかり働くので、良いイメージの方が大きいと思います(笑)

 

Q7. ジョッキーという仕事の魅力

つよし:実際にジョッキーになってどうですか?ジョッキーの仕事の魅力は何だと思いますか?

雄介:ずっと乗ってきた馬と大きいレースに出れると嬉しいですし、また勝てば達成感を得られるところが大きいです。もちろん賞金が得られることも魅力のうちの1つです。

つよし:実際、レースで勝つには、馬とジョッキーの勝因の割合ってどのくらいだと思いますか?

雄介:馬8割、ジョッキー2割くらいですね。

つよし:全く乗ったことのない馬に乗ってもその馬の走り方や特性はすぐに掴めるものなんですか?

雄介:乗る前にリプレイを見てチェックしたり、前回乗った人にどんな馬か聞いたりしますね。あとは、ゲートに行くまでに乗って感覚を掴むようにします。

つよし:え~、あの短い時間でコツを掴むんですね!すごいなぁ~。やはりプロなんですね。雄介さんは、これから先もオーストラリアで仕事をしていく予定ですか?

雄介:そうですね。また、海外でもレースに出たいですね。

つよし:海外のレースに出るためにはどうすれば良いのですか?

雄介:海外レースに呼ばれたり、オーストラリアで優秀な成績を残してライセンスを取得したりする必要があります。

 

Q8. これから留学・ワーホリをする方へのメッセージ

つよし:なるほど、一つ一つの実績が大切なんですね。では、最後の質問なのですが、これからオーストラリアに留学・ワーホリをする方へメッセージをお願いします。

雄介:オーストラリアでやりたいことがあるのであれば、挑戦した方が良いと思います!日本では難しい事でもオーストラリアでは意外と簡単にできたりすることもあるので。来てみて、見てみて、やってみることが大切だと思います。日本にいると日本のことだけに目が行きがちですが、オーストラリアに来てみて、こっちの方が自分のライフスタイルに合っているかもしれないし、逆に日本の良さに気づくかもしれないですしね。

つよし:やりたいことがはっきり決まっていなくても、いろいろ吸収していくと新しくやりたいことが見えてきますよね。日本から出てみるのが重要かと思います。雄介さん、今日はありがとうございました!

 

最後に

ジョッキーという仕事がオーストラリアでできると知らなかった方も多いのではないでしょうか。年齢制限や体重制限も厳しくないオーストラリアではジョッキーになるのに遅すぎるということはありません。

雄介さんが話してくださったように、日本では難しいことでもオーストラリアでは意外と簡単にできたりすることもあります。恐れずに挑戦することが重要ですよ!

リズムからのご案内
リズムでは、オーストラリアでジョッキーになりたい、という方向けの専門学校をご案内可能です。興味がある方がいましたら是非ご相談ください。

>>次の記事はコチラ>>
留学を検討中の方!下記の記事で留学の手順ガイドをチェックしましょう☆▼▼▼
【留学準備】初めての留学、留学を考え始めてから出発までの留学手順ガイド

YURIからワンポイントアドバイス

・日本で年齢制限を理由にジョッキーになる夢を諦めてしまった方!オーストラリアでジョッキーになるという道はまだありますよ!
・何事にもまずは失敗を恐れずに挑戦してみることが大事です☆

無料メール相談受付中

毎月100名以上のカウンセリング実績がある安心の『手続き無料』エージェントです。

留学・ワーキングホリデーの費用や準備に関するお問い合わせを24時間受け付けています。皆様の状況やご希望をお伺いした上で、留学のプロが丁寧にお答えします。どんな些細な事でも、何か気になる事などございましたら、お気軽にご相談下さい☆

この記事がためになったと思ったら、SNSで「いいねぇ♪」して下さい☆

今週よく読まれている記事