【学校紹介:Laneway International College】教材はリアル・ビジネスケース!スタートアップハブがキャンパスの起業家コース専門学校をご紹介します

【学校紹介:Laneway International College】教材はリアル・ビジネスケース!スタートアップハブがキャンパスの起業家コース専門学校をご紹介します
この記事で説明する準備オーストラリア初「Diploma of Entrepreneurs」のコースが開講!現役の起業家から実際のビジネスケースを使って学ぶ専門学校について知ろう

難易度:★★☆☆☆ | 所要時間:15分間

今日は、オーストラリアで初となる「Diploma of Entrepreneurs(アントレプレナーズ)」のコースを開講したシドニーにある「Laneway International College(レーンウェイ・インターナショナル・カレッジ)」という専門学校のご紹介です。

一昔前の日本では終身雇用が一般的でありましたが、今の時代は、個々の能力や個性が強く求められるようになっています。フリーランサーや起業という選択肢も身近なものになってきました。現在、留学中の方でも将来は自分で経営をしたいという想いを胸に学習をされている方もとても多いです。

今回紹介する学校は、現役のビジネス経営者による実際のビジネス案件を扱う授業で、2,000社以上のスタートアップ企業が起業家の卵(学生)を育てていくなど、実践的な学習が出来る学校です。在学中にインターンシップを経験し、卒業後にはそのまま就職へ繋がったケースもあるという、オーストラリアでも随一の実践的な起業家コース専門学校をご紹介します。

Laneway International CollegeのCEOダン・ウォースリー(以下:D)さんに詳しくお話を伺いました!

Laneway International CollegeのCEOダン・ウォースリーさん

Laneway International Collegeについて

Q:学校のある環境がとてもユニークですよね。学校の特徴からまず教えて下さい。

D:オーストラリア最大級のスタートアップハブ(*)がある施設に隣接してキャンパスがあります。スタートアップハブには2,000人以上の起業家がいるのですが、そのプロフェッショナルなビジネスマンとのネットワークを作るチャンスに囲まれている環境にあります。

*スタートアップハブ:
既に起業をしている、またはこれから起業を計画しているというという起業家達が集まっているコワーキングスペースやオフィスのような場所。

Q:スタートアップハブと学校では直接関わりがありますか?

D:大いにあります。

Q:多くの起業家に囲まれた環境での学習にはどんな特権がありますか?

D:学生たちはそのスタートアップから出される実際のプロジェクトに取り組むのですが、そのプロジェクトを終えた頃には推薦状を発行します。ポートフォリオなどの作成も進めることが出来るので、インターンシップや就職の際には取り組んだプロジェクトの成果としてその作品や推薦状をそのままアピールすることが出来ます。

Q:どのような目標を持った学生が集まりますか?

D:既に起業しビジネスを立ち上げている人もいればこれから検討している人、または起業予定はないけれどここで学ぶきっかけから何か学び今後に活かしていきたい、といった想いを持った学生が集まっています。

 

コース内容について

Q:Lanewayならではのコース内容について教えて下さい。

D:ビジネス(起業家コース)、マーケティング(デジタル&ソーシャル)そしてリーダーシップ、マネージメント(社内ベンチャー知識)などのに特化したコースを、サーテフィケート4からアドバンス・ディプロマレベルまで提供しています。

Q:先ほど学生は実際のプロジェクト活動に取り組むと伺いましたが、これまでどのような活動がありましたか?

D:Settlement Services International(オーストラリアでの難民問題の受け入れと解決の問題に取り組むNGO団体)とグーグルが共同したプロジェクトに取り組みました。難民が立案したビジネス案(キャンドル作成と販売などシンプルなもの)をサポートし、グーグルアナリストチームがそれに必要なプロジェクトウェブサイトの管理やデータ分析を運営者自身で管理できるようなシステムを補うなどし、キャンペーンを成功させる為に共に活動をしました。

Q:Lanewayでは起業家を招いての講義もあるそうですね!どのくらいの頻度で行われているのでしょう?

D:ほとんど毎晩何かイベントを行なっています。起業家を招いての講義もあれば、ワークショップやネットワーキングイベントもあります。

 

イベントについて

Q:イベントに参加する為の手続きなどはありますか?

D:特にありません。Lanewayへ入学された学生さんには自動的にタンク・ストリーム・ラボ(*)のメンバーになり、それがイベントに参加する条件になります。

*タンクストリームラボ:
Lanewayのキャンパスが入っているコワーキングスペースの名前。

Q:どのような内容が取り扱われるのでしょうか

D:これまでだと、仮想通貨やブロックチェーンについてのワークショップを行なっています。他にはシャークタンク(*)にも出演していたアンドリュー・バンクスとのメンタリング・セッションもあります。アンドリュー・バンクスはとっても有名な起業家で、つい最近Lanewayと同じスペースでの活動を始めています。今後はスタートアップ設立者のサポートやタンク・ストリーム・ラボのメンバーとして活動するほか、Lanewayの生徒とも関わっていきます。

*シャークタンク:
ビジネスオーナーたちが、投資家たちの前で自分のビジネスをプレゼンし投資してもらう、というテレビ番組。日本でも昔「マ◯ーの虎」というのがありましたが、それがモデルになっているとか。

Q:今後学生が関わっていくであろうスタートアップ企業はどのようなところが挙げられますか?

D:このような企業名が挙げられます。(たくさんあるので、このウェブサイトを参照!https://www.tankstreamlabs.com/community/members/)

 

現地企業インターンシップ

Q:インターンシップに参加の機会もあると聞きました。

D:スタートアップ企業へのインターンシップへ申し込むことが出来ます。過去にはそこから就職に繋がったケースもあります。参加するためには条件もありますが、頑張り次第で可能性が大きく広がります。参加費も無料なので見逃すのはもったいないです。

 

学生サポート内容

Q:学生サポート内容について教えて下さい。

D:1対1でのビジネスコーチング起業立ち上げの指導なども行なっています。ビジネスのプロに直接サポートをしてもらえる貴重な機会です。また選ばれた生徒にはスタートアップ奨学金として$50,000の企業資金を受け取ることが出来るチャンスもあります。

“You don’t need a 100 person company to develop that idea.(そのアイディアを発展させる為に100人規模の会社はいらない)”写真右奥にある格言がインパクトがあります。

 

Lanewayの基本情報

Q:魅力的な立地条件にあるキャンパスですが、その環境について教えて下さい。

D:キャンパスはシティエリアに位置しており、ビジネスマンが多いビジネスエリアにあります。ウィンヤード駅からキャンパスは直結なので雨に濡れず学校に来れることも嬉しいですね。学校の周りにはレストランやお洒落なカフェも沢山あるので、学校以外の生活も充実出来ますよ。

Q:キャンパスの様子について教えてください。

D:皆さんが、キャンパスライフをイメージしやすいようにVRキャンパスツアーを用意しています。

▽ VRキャンパスツアー。以下のURLをクリック
https://captur3d.io/view/laneway-college/sydney-startup-hub?m=cjDccywDWya&wh=1#

Q:どのような国籍の生徒さんがいらっしゃいますか。

D:ヨーロッパや南米、アジアの学生を始め現地オーストラリア人の学生もいるのでとても国際色豊かです。

Q:キャンパスはシドニー以外にもありますか?

D:キャンベラとシドニーの2校です。元々は、3年前にキャンベラで最初のキャンパスとして開校し、シドニーでは、2018年4月から開校してます。新しい学校ということもあって最初は3人だった入学生も(笑)、8ヶ月後には140人まで増えました。実は最初の学生は日本人だったので日本人の学生さんとは何か縁を感じます(笑)

キャンパスラウンジ。ここでも授業が行われます。

 

入学を検討している学生へメッセージ

Q:最後に、学生さんへ向けてメッセージをお願いします。

D:起業をプロフェッショナルに学ぶ学校というと敷居が高いイメージを持つ方も多いのですが、授業やイベントに真剣に取り組む姿勢と、少し遅れをとっているような生徒には必ず声を掛けてフォローアップをしたりアットホームな雰囲気と両方あり、生産性の高い学校生活を送れるはずです。また起業を目指している学生には起業をする上で必要となる、 知識・セオリー・行動理念を学び、次世代の実業家になるためのノウハウを身に付けることができるのはもちろん、まだ具体的に計画をしていないという人でも、ここで学んだことを1つのアイディアとして今後に活かしてもらえると嬉しいです。

Lanewayの学校紹介動画です。学生が、Lanewayで学ぶことがどういうことなのか、なぜLanewayを選んだのかを語っています。「Why Laneway? Discover why our students choose us!」

 

最後に

就職時にアピール出来る資料を学生の時から作成出来るのは嬉しいですよね。2,000人以上の起業家と同じ空間で学習し、かつリアルなビジネス案件を使った授業を行う「Laneway International College」だから出来ること。

留学生の方に特に人気がある現地企業インターンシップも、Lanewayでは無料で参加出来るというから魅力的です。これだけ環境が整っているのに、実は費用も手が届きやすいので、学生さんにも嬉しい限りだと思います。(学校の特徴について、弊社の遠藤がDanにしきりに「ぇえ〜!?」とテレビショッピング並みにリアクションをしていたのが思い出されます。笑)

キャンパス内の環境は「これぞ夢の留学生活」そのもの!笑
コース内容はもちろん、綺麗に管理されたビルやカフェ、学習スペースにも満足いくこと間違い無しです。

同じビルにはカフェと併設されたコワーキングスペースがあります
ミーティングルームもあります

リズムは、Laneway International Collegeの正規代理店です。学校についてのご質問はお気軽にお問い合わせください♪

 

ともみ先生からワンポイントアドバイス

・オーストラリア最大級のスタートアップハブにある学校はここだけ!
・200以上ものアントレプレナーが講師
・実際のアントレプレナーから働き方のノウハウを肌で感じることが出来る学校

無料メール相談受付中

毎月100名以上のカウンセリング実績がある安心の『手続き無料』エージェントです。

留学・ワーキングホリデーの費用や準備に関するお問い合わせを24時間受け付けています。皆様の状況やご希望をお伺いした上で、留学のプロが丁寧にお答えします。どんな些細な事でも、何か気になる事などございましたら、お気軽にご相談下さい☆

この記事がためになったと思ったら、SNSで「いいねぇ♪」して下さい☆