【英語でシェアハウス探し】よく見かけるシェアハウス用語と英語フレーズを解説します

【英語でシェアハウス探し】よく見かけるシェアハウス用語と英語フレーズを解説します
この記事で説明する準備シェアハウスの時に使う用語と英語のフレーズを覚えよう
難易度:★★☆☆☆ | 所要時間:20分間

こんにちは!YURIです。

前回は、「シェアハウスの探し方」として探し方にフォーカスを置いた記事をアップしました。日本語でも英語でも部屋探しのチェックポイントは同じですよね。

今回の記事では、英語を使って部屋探しをしたい方向けに、部屋探しでよく使う「英単語」とオーナーと連絡をする時やインスペクションで使える「英語のフレーズ」をお伝えしたいと思います。

単語やフレーズは、そのまま使えるので、丸暗記で覚えてくださいね☆

 

1. 外国人とシェアハウスしたい場合の部屋の探す方

まずはおさらいです。前回の記事でもお伝えしましたが、外国人とシェアハウスをしたい場合は、基本的にはインターネットで探します。また、手順も同じです。

詳しい手順は、前回の記事を参照してくださいね☆

 

2. 部屋探しでよく使う英単語

では、まずは英単語から見ていきましょう♪これらの用語は、シェアハウスの広告に使われています。

部屋探しでよく使う用語

Inspection(インスペクション):
家の下見に行くことです。決める前に必ず見に行きましょう。

Rent(レント) :
「家賃」のことです。家賃は大体2週間おきにキャッシュまたは送金でオーナーに支払います。

Bond(ボンド):
「保証金」のことです。基本的には入居する際に2週間分の家賃を支払います。家や家具などに傷を付けなければ退去時に全額返金されます。

Bill(ビル):
電気代やガス代、水道代のことです。

Unlimited Wi-fi(アンリミテッド・ワイファイ):
制限なしに利用できるWi-fiのことです。ちなみに「制限のあるWi-fi」は「Limited Wi-fi」です。

Minimum Stay(ミニマムステイ):
最低滞在期間です。基本的には最低でも2ヶ月や3ヶ月の滞在を求めてくるシェアハウスが多いです。長いと6ヶ月くらいのもあります。

Furnished(ファーニッシュドゥ):
家具が付いている部屋のことです。付いてない部屋は「Unfurnished」と言います。寝具は各シェアハウスによって違いますので事前に確認しましょう!!

In Advance(イン・アドバンス):
事前に支払う(先払い)ことです。例えば、「You pay two weeks rent in advance.」は「2週間分の家賃を先払いする」ということです。

Available on(アベイラボル・オン):
入居可能日を指します。「Available on 25th Jan」だと「1月25日から入居可能」であるということです。

Per week (p/w)(パー・ウィーク):
「週あたり」の意味です。例えば、「180 p/w」は「週180ドル」ということです。

Per person(p/p)(パー・パーソン):
「一人あたり」の意味です。「180 p/p」は「一人あたり180ドル」ということです。

Fortnight(フォートナイト):
2週間のことです。「every fortnight」は「2週間ごと」という意味です。

Included (inc)(インクルーディッド):
これは「含まれている」という意味です。「All bills included」は「すべてのビル(ガス、水道、電気)が含まれている」ことです。

Notice(ノーティス):
「通知」という意味です。退去する時によく使われる用語で、は2週間前にオーナーに知らせる必要があります。「2 weeks notice」

Refundable(リファンダブル):
「返金される」ということです。ボンドについてよく使われる用語です。

Preferred(プリファード):
「望ましい」ということです。例えば、「Female Preferred」は「女性が好ましい」ということです。

Negotiable(ネゴシエーブル):
「交渉できる」ということです。たまに、レントやボンドを交渉によって決めることができます。

結構いっぱいありますね☆よく使われている単語なので、知っておいてくださいね。

 

3. オーナーにメッセージを送る時に使う英語のフレーズ

それでは、気になるシェアハウスを見つけたところで、次は部屋のオーナーにメッセージを送ります。インスペクション(下見)の日程を決める英文メールの例を紹介します。

まずは、私が実際に送ったメールを紹介します。

こんな感じで会話を進めていきます。日本語訳は下で解説をしています。

上の会話の英語フレーズを解説

1. Hi, I’m Yuri.
《訳》こんにちは。ユリです。

2. I’m a female from Japan.
《訳》私は日本から来た女性です。

YURI’s ポイント
国籍はどちらでも構いませんが、性別は、同じオーナーがいくつも部屋の広告を掲載している場合には記載しましょう。どの部屋に興味があるのかしっかりと伝える方法でもあります。

3. I’m looking for an own room.
《訳》私はオウンルームを探しています。

YURI’s ポイント
「a room」でも良いですが、「オウンルーム」を探しているのか「シェアルーム」を探しているのかはっきり伝えた方が◎です!!

4. I saw your advertisement on Gumtree.
《訳》あなたの広告をGumtreeで見つけました。

5. Is the room still available?
《訳》まだその部屋は空いていますか?

YURI’s ポイント
他の希望者がすでに部屋を抑えてしまっている場合もあります。確認をとりましょう。

6. I’m interested in the room.
《訳》その部屋に興味があります。

7. I’d like to go to inspect the room.
《訳》その部屋を見に行きたいのですが。

8. When are you available?
《訳》いつお時間空いていますか?

9. Could you send me your address?
《訳》あなたの住所を送っていただけますか?

10. I’m looking forward to hearing from you.
《訳》ご連絡お待ちしております。

 

4. インスペクション(下見)の時に使う英語のフレーズ

では次に、実際にインスペクションへ行った時に使う英語のフレーズを場面別に紹介します。

1. シェアハウスについて尋ねる時に使う英語のフレーズ

1-1. How many people are in the house?
《訳》この家に何人住んでいますか?

1-2. How many bathroom are there in the house?
《訳》いくつバスルームがありますか?

1-3. Are there any convenience stores around here?
《訳》この近くにコンビニはありますか?

1-4. Should I bring my beddings?
《訳》自分の寝具を持ってきた方が良いですか?

1-5. Are there any rules in this house?
《訳》この家にルールはありますか?

 

2. 料金の確認をする時に使う英語のフレーズ

2-1. How much is the rent?
《訳》家賃はいくらですか?

2-2. How much is the bond?
《訳》ボンドはいくらですか?

2-3. Does the rent include all bills?
《訳》家賃にすべての光熱費は含まれていますか?

YURI’s ポイント
必ずインスペクション時にガス代、電気代、水道代、インターネット代が家賃に含まれているか確認しましょう!!

2-4. Are there any extra fees I have to pay?
《訳》私が払わなければならない追加費用はありますか?

2-5. How should I pay the rent?
《訳》家賃はどのように支払えば良いですか?

YURI’s ポイント
家賃の支払い方は、現金を手渡しする場合もあれば、銀行から直接送金する場合がありますよ!

 

3. 退去の確認をする時に使う英語のフレーズ

3-1. How long is the minimum stay?
《訳》ミニマムステイはどれくらいの期間ですか?

3-2. How much notice do I have to give you when I leave the house?
《訳》家を退去する時、どれくら前に通告しなければなりませんか?

 

4.インスペクション後の連絡の時に使う英語のフレーズ

インスペクション後に、住むのかどうかをオーナーに伝えましょう。直接その場で伝えても良いですが、他にもインスペクションのある方は電話やメールでも構いません。

《その家が気に入った場合》
4-1. I’d like to move in the room.
《訳》この部屋に引っ越したいと思います。

《他の家に決めた場合》
4-2. Sorry, I’ve decided not to take the room.
《訳》すみません、その部屋を借りないことに決めました。

 

5.まとめ

今回は、部屋探しでよく使う「英単語」とオーナーと連絡をする時やインスペクションで使える「英語のフレーズ」についてお伝えしました。いかがでしたか?皆さんの参考になれば嬉しいです!

オーストラリアに住むのであれば、インターナショナルなシェアハウスを体験してみてください☆

言葉や文化の違いなど、様々なことに直面すると思いますが、是非オーストラリア生活を満喫してくださいね♪

 

YURIからワンポイントアドバイス

・インスペクションへ行く際は、事前に確認事項をまとめておくと良いですよ!
・気軽にどんどんいろんな部屋を見に行きましょう☆
・英語で生活をしてオーストラリアライフを満喫しよう♪

無料メール相談受付中

毎月100名以上のカウンセリング実績がある安心の『手続き無料』エージェントです。

留学・ワーキングホリデーの費用や準備に関するお問い合わせを24時間受け付けています。皆様の状況やご希望をお伺いした上で、留学のプロが丁寧にお答えします。どんな些細な事でも、何か気になる事などございましたら、お気軽にご相談下さい☆

この記事がためになったと思ったら、SNSで「いいねぇ♪」して下さい☆

今週よく読まれている記事