インターンのすすめ②  インターンに参加する目的と参加前の準備と心得

インターンのすすめ②  インターンに参加する目的と参加前の準備と心得
この記事で説明する準備インターンシップに参加する目的を考えよう
難易度:★★☆☆☆ | 所要時間:30分間

【インターンシップ特集】の第2回目は、インターンシップに参加する目的と参加前の準備と心得について解説していきます。

インターンシップという言葉が学生の中にも浸透し、多くの企業も採用プロセスに取り入れているという中、インターンシップは確実に受けた方が良いと考える学生が多くなりました。

実際にどのようなメリットがあるのか、具体的に見てみましょう。

日本国内では大学生・大学院生であることが前提であることがほとんどのインターンシップですが、ここオーストラリアや海外では日本人留学生であれば大学生・大学院生以外でも参加可能なプログラムは沢山あります。

日本とオーストラリアのインターンシップの違いについては、次回詳しくお話ししたいと思います。

【インターンシップ特集】
インターンのすすめ① インターンに関する様々な質問にお答えします
インターンのすすめ②  インターンに参加する目的と参加前の準備と心得 ←今ココです
インターンのすすめ③ 日本とオーストラリアのインターンシップの大きな違い

 

インターンシップは就職活動に有利

インターンシップを受ける上で最も大きなメリットは、インターンシップでの経験が就職活動に有利に働く事ですよね。

ここに興味深い記事があります。2014年7月30日のダイアモンド・オンラインによるものです。

そこでは、「OKWave総合研究所」による就職に関するビックデータの解析を引用し、インターンシップが就職に有利だと思うかという分析を行っています。その結果、有利だと思う人が58%、どちらでもないと思う人が42%、不利だと考える人は0%となったようです。

参照記事:ダイアモンド・オンライン(2014年7月30日)「インターンシップは本当に就活に有利なのか?経験者が語る参加すべき3つの理由」

 

インターンシップに参加する目的と利点

では、ここからインターンシップに参加した事で得られる7つの利点をご紹介します。

 

利点① 仕事についてスキルを得ることができる

学校では教えてもらえない実際の業務に触れることができます。例えばウェブサイトは作ったことはあるが実際にどのように運営されて収益を上げているのか知る事ができる。マーケティングは勉強したが、実際にどのようにプロジェクトが立ち上がり実行されていくのかなど。聞くのと実行するのとではまったく違い、業務を行う上で必要なスキルとは何なのかを理解することができます。

 

利点② 会社や業界を知る事ができる

気になる会社や業界について、実際の業務を通じて内外から見る事ができます。日本で開催される1日から2日程度のインターンでは、そこまでの理解を深めることは難しいかもしれませんが、最低でも1週間以上のインターンに参加することで、じっくりと観察することはできます。長ければ長いほうが得れる経験値も増え理解も深まるというものです。

 

利点③ 企業の取り組みについて理解が深まる

企業のホームページからだけでは理解ができないような考えを、実際に社内に入ることで社員の方から伺う事ができます。企業の取り組みを理解していると面接の際にも力強くアピールできます。

 

利点④ 収入を得る事ができる

有給インターンシップの場合に言える事ですが、お給料をもらいながら業務を覚えていくことができます。お給料を得るわけですから企業としてもそれ相当のパフォーマンスを期待しています。その分求められる技術も高くなりますし、選ばれるまでの選考フローも難しいものになります。

 

利点⑤ 敬遠しがちなベンチャーについても知る事ができる

ベンチャー企業も様々なインターンプログラムを出している所が多いです。就職となると、やっぱり大企業に行きたい、ベンチャーはちょっと・・、という方が本当に多いのですが、、実際はベンチャーはどういう所なのか、見て決めても良いのではと思いますよ。大企業もベンチャーも一長一短で、自分に合う所は実はベンチャーかもしれませんよ。

 

利点⑥ 本当の自分、自分の将来について考えることができる

色々な業務体験を通して実際に自分にはどの仕事が合うのか、将来続けていけるのかどうかを考える機会を得ることができます。顧客に直接サービスすること、クリエイティブな業務が良いのか、リーダーシップを発揮できるポジションが良いのか、なぜこの仕事を選んだのか、色んな視点から客観的に仕事に対する価値を見出す機会となるでしょう。

 

利点⑦ 就活の練習ができる

インターンシップの応募は狭き門でもあります。エントリーシートの提出(オーストラリアの場合は英文履歴書の提出)から面接を経て企業により選考されます。本格的な就活の予行演習として、これら一連の作業を行っておくことで、就活時にも慌てることなく対応できるでしょう。

 

以上。インターンシップを受ける事で得れる7つの利点を見てきました。

インターンシップは、就職活動を有利に進める事ができるほか、自分自身を見つめ直すきっかけにもなる事が分かったかと思います。次に、インターンに参加するために必要な事前準備を見ていきましょう。

 

インターンシップに参加しないと就職に不利なのか?

インターンシップに参加しないと就職に不利に働くかと言うと、不利ではありません。確かにインターンを受けた学生は、インターンで用意されたスキル・経験を得る場が準備されるので就職に有利ではありますが、受けていない方はそれ相応の活動・経験内容を別で準備すれば良いかと思います。

例えば、部活動・サークル・ボランティア・アルバイトの中でも十分に色々な活動が行えます。企画を立ち上げ、実行し、結果を出して、結果を精査し、改善し、、と一つの物事においても色々な取り組みが行えます。そういった点は就活の際にアピールポイントになるし企業側も必ず評価をするでしょう。

そのほか、在学中の起業や学生団体での活動、海外留学なども就活の際には立派なアピールポイントとなります。

就職活動を始めれば、業界研究や企業研究も行うことになりますので、その際にはしっかり会社についても勉強できます。

先ほどのダイアモンド・オンラインの記事中にもありますが、インターンシップは自分自身の成長のための機会です。一緒に参加している学生や他の学生に気を取られすぎて自分自身の成長に目が向いていないとうまく強みを引き出せずに終わってしまうこともあります。

要するに何が大切かと言うと、インターンに参加するしないに関係なく、きちんと目的を持って行動することです。目的が明確ではないインターンや例えば学生団体での活動、海外留学、ボランティアなどもあまり成果が得られない事が多いかと思います。

あとは、自分自身が楽しみながらやる事も大事で、それが大きな成長の原動力になります。精一杯楽しみながら色々な活動に打ち込みましょう。

 

インターンシップに参加するための事前準備

それでは、ここからはインターンシップに参加する方のために、参加前に必要な準備についてお話しします。

 

社会人としてのコミュニケーション

やはり実際の企業に入って社員さんと一緒に業務に携わるため、社会人としての言動を身につけておく、または勉強しておく必要があります。

実際に顧客サービスを行う業務の場合は、その会社の顔としてお客さんと接することにもなります。法人営業の場合は、相手の企業と直接顔を合わせ交渉などに同席する機会もあります。

社会人としてのコミュニケーション方法やふるまい、態度が求められることになります。電話対応やメール対応、対面でのコミュニケーションなど事前に勉強しておきましょう。

 

社会的責任を感じる

学生のうちはあまり感じる場面が少ないかもしれませんが、社会に出て仕事を始めると人のため社会のために自分が貢献していると感じる場面が多くあります。

インターンシップでは、社会人経験をすることによって、会社の意義や業務の意義を知り、自分の行動がそれらに影響を与えることを身を持って覚えていきます。

事前に社会的責任に対する理解を深めておくこと、会社や業務に対する理解を深めておくことも重要になります。

 

参加目的を明確にしておく

インターンシップへ応募をする前に、自分がなぜインターンシップに参加したいのか、参加目的を明確に書き出しておきましょう

文章に書き出すという作業は、面倒な気もしますが、実はとても重要なことです。

文字にすると頭でもう一度理解し直さなければなりません。 目的という事に対して自分自身の言葉を文字に表すことで、理解を深めることが出来、目的に沿った行動をする事ができるわけです。

目的の中に入れる項目としては、以下のような事を書き込むと良いでしょう。

  • インターンシップを通して自分の伸ばしたい能力
  • 得たい知識・技能
  • 果たしたい役割
  • 貢献したい事
  • 自分の将来のキャリア像

そして、これらの項目をインターン中やインターン後に振り返って見るようにして下さい。

私もインターンシップに参加される方全員に、参加前に必ず「目標設定シート」というものにそれらの目標をなるべく具体的に書いて頂いて、インターン後に振り返って頂くようにしています。

 

では、インターンシップの必要準備として、他に何が必要なのか、そして、面接対策についてとなぜ企業がインターンシップを受け入れるのか企業の本音について見てみましょう。

 

インターンシップ時の持ち物

次に、インターンを受ける際に持っていった方が良い持ち物を挙げます。

  • 筆記用具、ノート
  • ノートパソコン(業務内容や企業の環境による)
  • ランチボックスと飲み物
  • 応募に使ったESや英文履歴書
  • 学生証(オーストラリアの場合はあまり必要無い)

以上。最低限のものがあれば十分です。

 

インターン中の服装は?

インターンシップ先の企業により異なりますが、派遣先がスーツ着用であれば、男性はスーツ、女性はシャツにジャケットを羽織りましょう。

ホテルの場合は制服が支給される場合が多いです。高級アパートメントでのコンシェルジュの場合は、男性はスーツ、女性はシャツにジャケット。

オフィスでもカジュアルな服装の場合は、派手になりすぎない格好で、スマートな格好を心掛けましょう。

オーストラリアの場合は特に、いくら服装が緩いと言っても、短パンやサンダルは論外ですよ(笑) ビジネスの場面にふさわしくシャツやパンツ(スカート)、靴やカバンなども少しキレイ目な格好を心掛けて下さい。

 

英語力はどのくらい必要?

オーストラリアで現地企業インターンシップ応募に必要な英語力について、実際にはどのくらい必要ですか?という質問を多く頂きます。

英語力については、当然、あればあるだけ良いです、という回答になるのですが、英語力が高いと、より様々な業務を担当させてもらう事ができ、責任感のある仕事を任されてもらえるという事に繋がります。

目安としては、英語学校での中上級クラス(Upper Intermediate)以上を修了すること。TOEICで言うと700点ほどあると良いでしょう。

まだ学校も行ってないし、テストも受けたことが無いのですが、、という方は、自分が英語で日常会話に支障がないのか、英文がどの程度書けるのか、読む事ができるのか、聞く事ができるのかを自問自答してみて下さい。

英語力がそこまで無いのですが、という方もいらっしゃるかと思いますが、それでも安心して下さい。仕事の選択肢は減りますが、英語力が低くても応募可能なインターンシップはあります。

 

インターンシップの応募に面接はありますか?

オーストラリアで現地企業インターンシップに応募する場合は、ほとんどの場合において面接があります。

面接の際には、自己紹介、志望動機、どんな業務をやりたいのか、今までどんな勉強をしてきてどんな経験があるのか、いつから参加可能でいつまでやりたいのか、どのくらいの頻度で参加したいのか、などの質問を聞かれます。

遠方からの応募の場合は、電話やスカイプでの面接となりますので、直接会って話をするよりも難しく感じる事が多いです。そのためにも、これらの質問に英語で答えられるように準備をしておきましょう。

具体的な準備としては、回答を文字で書き出し、それらを声を出して読み上げる事です。

代表的な質問:

  • Tell me about yourself?
  • When did you want to start?
  • How long did you want to intern?
  • Why are you interested in this position (role)?

そして、皆さんに覚えておいてもらいたい事は、面接の際の一番大事な事は、会話のキャッチボールだという事です。

自分の言いたい事だけを伝えるのではなく、相手が聞いてきた質問にだけ答えるようにし、くれぐれも会話の流れを壊さないように心掛けて下さい。

 

選考で落とされることはありますか?

はい。インターンシップは意外に狭き門です。ES選考(オーストラリアの場合は英文履歴書選考)から面接選考の後、応募者の中から適任者だけが選ばれます。

インターンシップという言葉が定着しつつある現在でも、応募者数に対してインターンシップを受け入れる企業数は少ないのが現実です。

インターンシップの機会を逃さないためにも、応募の際には、複数社に応募して、同時に選考をしてもらうのも一つの手です。

 

企業の本音!なぜインターンシップを受け入れるのか

日本の企業にしてもオーストラリアの企業にしても言えることは、企業がなぜインターンシップを受け入れるのかという、企業側からの共通の視点があるという事です。

企業がなぜインターンシップを受け入れるのか、企業から見た主な視点は以下になります。

  • 企業に対して良いイメージを持ってもらうため
  • 会社と業務に対してより理解を深めてもらうため
  • 業務と採用学生のミスマッチを抑えるため
  • より優秀な人材を確保するため
  • 特定の業務を担当してもらうため

これらの理由を理解することで、インターンシップの内容を見たときに、どのタイプのインターンなのかを見抜くことが出来るようになります。

インターンの「内容」x「対価」x「自己成長」の3つの視点から、自分が受けるべきインターンなのかどうかを判断するようにして下さい。

 

まとめ

【インターンシップ特集】第2弾の記事として、インターンシップの参加目的と参加前の準備と心得について書いてきました。

インターンシップは就職には有利に働く事は一目瞭然です。参加する機会があれば是非応募して下さい。

しかし、参加しないという選択もあるかと思います。そういう方は、それなりに就活時にアピールできる経験を積めるよう学生生活・留学生活を送るように心掛けて下さい。

参加に対しては色々な準備や心構えが必要です。社会人としてのコミュニケーションや責任感が必要となります。

オーストラリアで応募する場合は、英語力はもちろんの事、英文履歴書の準備、面接の対策も必要になります。

インターンシップは自分自身を成長させるとても良い機会ですが、企業にとっても有益な制度です。企業が何を想いインターンシップを募集しているのか、その点もしっかり理解しておくことで本当に応募したいプログラムかどうかを判断できます。

インターンシップは素晴らしい制度です。より多くの方が最高に有益なインターンシップ体験ができますよう願っています。

 

次回、「インターンのすすめ③ 日本とオーストラリアのインターンシップの違い」に続きます。

 

弊社が現地企業と提携して行うインターンシッププログラム「ワーホリシップ」について知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。大学生〜社会人ワーホリまで人気です!実際に私が手配しています!

【リズム】ワーホリシップがなぜオンリーワンのサービスなのか

ツヨシからワンポイントアドバイス

・インターンシップに参加する利点は自分自身の成長と仕事への理解にある
・インターンの内容を理解し応募のための準備を進めておこう
・本当に自分に必要なインターンは何か?見極めも大事

無料メール相談受付中

毎月100名以上のカウンセリング実績がある安心の『手続き無料』エージェントです。

留学・ワーキングホリデーの費用や準備に関するお問い合わせを24時間受け付けています。皆様の状況やご希望をお伺いした上で、留学のプロが丁寧にお答えします。どんな些細な事でも、何か気になる事などございましたら、お気軽にご相談下さい☆

この記事がためになったと思ったら、SNSで「いいねぇ♪」して下さい☆

今週よく読まれている記事