「留学の目的」って何?どれが本当は正しいの?とお思いの方、私が留学の目的の作り方を教えます

「留学の目的」って何?どれが本当は正しいの?とお思いの方、私が留学の目的の作り方を教えます
この記事で説明する準備留学の目的を決めよう
難易度:★★☆☆☆ | 所要時間:1時間

「留学の目的」という事について、約30本以上のウェブサイトやブログを拝見し、留学会社のページから個人の留学経験者のブログ、投稿サイトの意見なども読ませて頂きました。

そこには、色々な意見があるんです。

語学留学(英語の習得)だけでは目的にならない、いや英語習得でも十分目的だ、目的が不明確すぎる、十分じゃない、もっと具体的にイメージしよう、大学卒業が目的です、高校卒業です、いや中身の方がもっと大事だ、異文化体験なんか目的じゃない、海外じゃなくてもいいじゃないか、しまいには、最初から目的なんて要らない、などなど。。

さて、、これはえらいトピックを選んでしまったのか、と(笑)

私としてどういう記事を書こうかと、考えさせられたわけです。

一応、私自身も留学生としてオーストラリアに渡航したのが始めであり、今までにも数え切れないほどの留学生やワーホリの方を見てきて、現在は留学エージェントという天職に就いてるわけですが、私的にこの「留学の目的」についてどのように見解を示すのか。

私なりにまとめてみようと思います。

目的は100人いれば100通り違います。正解はありません。上から目線の人の言う事も聞く必要はありません。

留学の目的で悩んでいる方、数ある意見の中の一つとして、私の考える留学の目的も参考にして頂けたら幸いです。

目的が必要か必要じゃないかについて

まず最初に、留学に行くにあたり目的が必要か必要じゃないかの話について。必要ありません!と言うとそこでこの記事終わっちゃうんですけども・・(笑)

目的の決め方というのは、人それぞれですよね。他人から見たら低く見える目的もあれば高く見える目的もあります。自分の留学なのですから自分の裁量で決めればいいんです。

 

私の意見は、目的はあった方が良い、です。具体的にできるのであれば、より具体的に作った方が良いです。

だからと言って「え、、私、全然目的が無い・・」と構えないで下さい、これから説明します・・(笑)

 

曖昧な目的 vs 明確な目的

明確な目的は持ってなく、海外に憧れてたり海外で生活してみたいから漠然と留学に行きたいと思ってる方は多いと思います。

海外のアーティストや映画、作品などに影響されますよね。

知っていますか?それも立派な目的の一つなんですよ。

そう思って友人やエージェントに相談すると、いやいや、行きたいのはいいが、もっと明確な目的を持って下さい、と言われます。。

そこで、「え、、やっぱり私の目的は不純なんだ、、」と落ち込まないでくださいね(笑)

あなたにとって、まず最初の目的は、① 留学に行く事、② 海外で生活する事なわけです。それに変わりはありません。

ただ、そこで、それが目的であるのならば、留学じゃなくてもいいんじゃないか、という事も考えて下さい。

もしかしたら2週間の海外旅行でも十分満たされるのではないでしょうか。

 

それでも、いや、、留学でもっと長く滞在したいんです、、という事であれば、他に何か目的が出来るかなと考えてみましょう。

③ 英語が喋れるようになる、④ 外国人の友人を作る、2つ増えました(笑)

英語が上手になりたい、英語を使えるようになって外国人の友人を作りたい、これも十分な目的じゃないですか。

英語が分かるようになるには1ヶ月以上勉強した方がいいし、学校へ通えば外国人の友人も出来ます。4つ全ての留学の目的を達成できます。

1ヶ月の留学目的としては、この4つでも十分なんです。

 

留学の期間と目的の関係

1ヶ月という時間があればもっといっぱい出来るよ、という意見もあるでしょうが、最初に書いた通り留学の目的は、100人いれば100通りです。本人がやりたいと思う事をやる事が一番ですよね。

しかし、これが1年の留学となるともう少し検討が必要です。

今までの4つの目的だと1ヶ月もあれば達成できてしまうわけです。あと11ヶ月何をしようか?という事ですよね。

留学にはお金が掛かるものでダラダラ過ごすのはお金がもったいないし、何かもっと具体的に目的を持たないと、と思うわけです。

自分が留学する期間に応じて目的を決めましょう。本来は、自分の留学の目的に応じて留学期間を決めるんですけど、まだ曖昧な場合は逆の発想でもいいです。

 

親が期待する目的 vs 留学者本人が決める目的

学生であれば、親に留学の資金を工面してもらうことになります。その場合、親からの期待が大いにありますよね。そりゃ高いお金を出すわけですから、当然、親御さんの想いも強いことでしょう。

海外の大学を出て欲しい、高校を出て欲しい、英語が話せるようになって欲しいなどなど。

ここで大事なのは、親からお金を出してもらう場合は、親を納得させるところまできちんと話し合いをする事です。

今回の留学の目的は「◯◯する」事だと。双方が同意できる目的を持ちましょう。海外の大学を卒業する、海外でサッカーする、海外で保育士の資格を取る、こういった目的で十分です。

ただ一点、これは親御様向けのメッセージになりますが、このブログを読んで頂いている親御様にお願いしたいことがあります。それは、最初にこうやって目的を設置した事に対して、本人がどんなパフォーマンスをするのかは長い目で見て欲しいって事です。

大学入ったが成績が上がらない・・、サッカーチームに入ったが活躍できていない・・、資格取得をしたが仕事が見つからない・・など、思うようにパフォーマンスが上がらない場合もあります。海外での生活は期待通りにいかない事は多々あります。海外生活自体、チャレンジの連続なんです。本人は一生懸命やっていますので、結果を焦らないで頂きたいのです。

最初に決めた目的が達成されるかどうか“だけ”に、執着しないで下さい。

 

留学の目的 vs 費用

留学の目的を決めた方が良い理由の一つに、留学費用を抑えることができるという事があります。

先ほども書いたように留学に1年行くとすると費用が200万円から300万円掛かるわけで、高校留学・大学留学・語学留学・専門学校留学など自分がやりたい事をなるべく明確に決めた方が良いわけです。

海外高校卒業、海外大学卒業、英語を習得してTOEICで850点取得・児童英語指導法を取得する、保育士の資格を取得するなど。

しかし、海外生活をしたい、英語を覚えたい、仕事をしたい、旅行したい、スポーツ留学したいなどの場合は、ワーキングホリデーという選択肢もありますよね。その場合、100万円〜200万円を準備すれば十分で、留学とはまた違った海外生活を送ることが出来ます。

仕事をおもいっきりできますので、貯金も出来ます。お金をかけずに長期滞在が可能になりますよね。

目的を明確にしておけば、目的に合わせた滞在方法・手段を決めることができ、目的に沿った学校選びができ失敗を防ぐ事が出来ます。結果、費用も抑えることが出来るわけです。

どういった方法で留学・またはワーホリをすれば良いのか、渡航方法や滞在方法、最適な学校や仕事探し、生活の情報、どうすれば費用を抑える事ができるのかなど、信頼できる留学エージェントに相談して下さい。

このブログでも留学・ワーホリに必要な費用について詳しく書いています。こちらの記事も参考にして下さい。

【留学費用】語学留学費用を徹底解説 2016年版

【留学費用】ワーキングホリデー費用を徹底解説 2016年版

 

ここまでで、留学目的の必要性が少しずつ分かって頂けたかと思いますが、いかがでしょう。

次のぺージでは、更に目的に対する捉え方を考えてみます。そして、目的の作り方について解説します。

 

【次のぺージ】その留学がもったいない!?勝手に判断してんなよ、って話と、留学・ワーホリの目的の作り方とその具体例

無料メール相談受付中

毎月100名以上のカウンセリング実績がある安心の『手続き無料』エージェントです。

留学・ワーキングホリデーの費用や準備に関するお問い合わせを24時間受け付けています。皆様の状況やご希望をお伺いした上で、留学のプロが丁寧にお答えします。どんな些細な事でも、何か気になる事などございましたら、お気軽にご相談下さい☆

この記事がためになったと思ったら、SNSで「いいねぇ♪」して下さい☆

今週よく読まれている記事