【大学生の英文履歴書】英語初心者でも大丈夫!確実に仕事が取れる英文履歴書の書き方

【大学生の英文履歴書】英語初心者でも大丈夫!確実に仕事が取れる英文履歴書の書き方
この記事で説明する準備英文履歴書を作る(大学生編)
難易度:★★★☆☆ | 所要時間:1時間

大学生の英文履歴書の見本を作成しましたので公開します。

オーストラリアに来たら必ず準備しなければならないものの一つ、英文履歴書。

皆さん、どのようにして作っていますか?

英語があまり得意で無い人は、友達や語学学校の先生にお願いしてるのでしょうか?それともオンラインのテンプレートを使って書いてるのでしょうか?

履歴書の書き方というのは本当に人それぞれなんですけど、それはもちろん、個人の学歴や職歴、持ち合わせるスキルや資格なども皆バラバラだからですよね。

その履歴書を一番見る人というのは、会社の人事担当やアルバイトの採用担当者なのですが、採用担当が1枚の履歴書に使う時間は、6秒〜10秒だけと言われています。。これ、本当に、チラッと見て終わりなんですよ(笑)

その中で、担当者の目に止まる「見やすい」履歴書なのか「見づらい」履歴書なのかで、大きく運命が別れることになります。

結果、その6秒の間に目を引く履歴書が、しっかり最後まで読んでもらえる履歴書であり、その後の面接に繋がる履歴書なんです。

今回は、大学生向けの英文履歴書について、必ず担当者の「目に止まる」履歴書の作り方を解説します。

履歴書は、ただ作ればいいってもんじゃないんです。オーストラリア企業やオーストラリア人の会社で本気で仕事が欲しい人は、仕事の取れる履歴書を作りましょう!

記事の最後に、ダウンロード可能なテンプレートも作りましたので、皆さん自由にダウンロードして使って下さい。それを使えばバシバシ面接が決まっていくでしょう!(笑)

社会人歴2年以上の社会人向け英文履歴書の書き方は、こちらの記事を参考にしてください。

 

履歴書の最も重要な部分は1ページ目の上半分

さて、先ほども書きましたが、採用担当者が一枚の履歴書に費やす時間は、6秒〜10秒だと言われています。仮に1人の履歴書が2ページあったとしたらその2ページを6秒で読むとしたら、どんな読み方をすると思いますか?

いわゆる「斜め読み」もしくは「1ページ目の上半分」を見ますよね。これがすごく重要です。覚えておいてください。

今の時代の採用担当者は、あなたと同じような大学生からの履歴書を1つのポジションにつき100枚以上受け取ります。メールでの応募がほとんどだと思いますが、毎日メールで20件〜30件の履歴書が送られてくる訳です。

そうするとどうなるのか。。履歴書なんて見飽きてきますよね。その中でやはり「見やすい」 (斜め読みの場合は、読むというより見るですよね)履歴書だけしか目を通さなくなるんです。正直、見づらい履歴書や文章を読むと目も疲れるので。。

また、履歴書の1ページ目の上半分の文章をまず最初に読みます。その上半分部分を読んで、採用担当の人が「いいねぇ」と思ったらあなたの勝ちです。その下半分や2ページ目も読んでもらえます。

まず、ここがすごく重要なので是非覚えておいてください。

 

日本語の履歴書と英文履歴書の大きな違い

次に、日本語の履歴書と英語の履歴書の違いを知りましょう。日本語の履歴書は、学歴や資格が重視されますが、オーストラリアの場合は、スキルが重視されます。

学歴・資格 < スキル

求人の応募要項の中に、すでに学歴や資格についての基準は定められているので、基本的に応募してくる人はその基準を超えているという前提です。

あとは、個人のスキルが重視されますので、履歴書もスキル重視の履歴書が求められます(担当者に好まれます)。

履歴書の書き方についての細かな「違い」や「ルール」は沢山ありますので、記事の最後に注意点として一つずつリストにしています。そちらを確認して下さい。

 

英文履歴書で使う英語

さて、早速、大学生の英文履歴書の書き方を説明していきます。

個人の英語力によっては、内容が左右されるかもしれませんが、いきなりすごくキレイな英語で書こうとしなくてもいいです。

履歴書は流暢な英語なのに、インタビューしたら全然違った、というのじゃ話になりませんよね。まずは、あなた自身の言葉、英語で書くことが大事です。

その上で、語学学校の先生やオージーの友人に添削をお願いしてください。

 

大学生の英文履歴書の見本

では、早速、英文履歴書の見本を見ていきましょう。

今回の見本は、数々の英文履歴書のサンプルサイトなどから3つのサイトを参考にして、内容を一般的なワーキングホリデーの方向けに作成してみました。(ページ最後にてワードファイルでテンプレートをダウンロード可能)

サンプルの設定は、、大学を休学してオーストラリアにワーキングホリデーで渡豪中。大学では商学部を専攻。日本に居る間に居酒屋でアルバイトをし、オーストラリアに来て語学学校に通った後、現在、レストランやバーでのアルバイトを探している。。こんな設定ですw

 

では、次のページで、見本を公開し更に具体的に解説も入れていきます。

 

【次のページ】確実に仕事が取れる大学生の英文履歴書、見本を公開

無料メール相談受付中

毎月100名以上のカウンセリング実績がある安心の『手続き無料』エージェントです。

留学・ワーキングホリデーの費用や準備に関するお問い合わせを24時間受け付けています。皆様の状況やご希望をお伺いした上で、留学のプロが丁寧にお答えします。どんな些細な事でも、何か気になる事などございましたら、お気軽にご相談下さい☆

この記事がためになったと思ったら、SNSで「いいねぇ♪」して下さい☆

今週よく読まれている記事