経験者が語る!留学中に【ホームシック】にならないための心構えとは!?

経験者が語る!留学中に【ホームシック】にならないための心構えとは!?
この記事で説明する準備留学中にホームシックにならないための心構えを知っておこう!
難易度:★★☆☆☆ | 所要時間:10分間

こんにちは!YURIです。

皆さん!留学に対する悩みはありますか?
きっと「友達できるかな?」「英語は上達するかな?」「体重は維持できるかな?」などそれぞれあると思いますが、「ホームシックにかかるかもしれない」という不安がある方も多いのではないでしょうか?

実は!!私も1度ホームシックにかかりました。家族や友人からはホームシックになりにくそうなタイプと言われていたのですが…。誰しもがなり得る可能性はあるということです。

今回は、「ホームシックになる原因」「ホームシックの症状」「ホームシックの克服方法」「ホームシックにならないための予防法」の4点についてお話したいと思います。私の経験も踏まえて☆

 

1. ホームシックとは

まずは、ホームシックとはなんでしょうか。見てみましょう。

故郷から離れて暮らし、家族や元の生活が恋しくなることです。新しい生活や習慣に馴染めず憂鬱な気持ちになります。ホームシックにかかり始めるとやる気がなくなり、ネガティブ思考に陥ってしまい悪循環が生まれます。

ホームシックになる原因

ホームシックになる原因についてです。

・新しい環境に馴染めない
日本から離れて、環境が変わりホームシックになります。日本での居心地の良い生活や環境が恋しくなります。

・言語の壁
「英語が分からない」や「言語の壁が原因で友達ができない」、「授業についていけない」などが主な原因です。

・家族や友達、恋人と離れる寂しさ
日本に対する家族や友達、恋人やペットへの恋しさが原因でホームシックにかかることがあります。

・生活環境 / 生活リズム
私はホームシックになった時の「生活環境」が原因でした。仕事場と家の往復で友達と会う機会も少なくなり、その上にオウンルームに住んでいたことが理由だと考えられます。リラックスできないストレスの溜まる生活はホームシックにかかるきっかけになります。

・理想と現実の差
留学・WH前に描いていた理想の生活と現地で生活した時の現実の差がホームシックの原因になり得ます。ワクワク気分の渡航後すぐというよりは、生活に慣れてきた頃に陥りやすいです。

 

2. ホームシックの症状

ホームシックになるとどういう症状がでるのかを見てみます。

  • 悲しい気分
  • ストレスを感じやすくなる
  • 涙が理由もなく流れる
  • 不安
  • 引きこもり
  • 拒食症 / 過食症
  • 対人恐怖症
  • 鬱病

私の場合は「日本語の恋しさ」も感じていました。今まで英語の音楽を聴いて英語の映画しか観ていなかったのですが、その時は普段全く見ない「日本のお笑い番組」をYoutubeで観たり、「テラスハウス」をNetflixで観たりするようになりました。その辺りから自分がホームシックになり始めていたと思うのですが、徐々に理由もなく涙がでてくるようになりようやく気がつきました。

軽いホームシックもあれば深刻なホームシックにかかることもあります。少しでも「今までの自分と違うな」、「ホームシックにかかったかな」と思った時はすぐに克服しましょう。

 

3. ホームシックの克服方法

では、どうやってホームシックを克服するのか、いくつか方法をお伝えします。

・頼れる人、安心できる人に相談する
家族や友達に電話するのも良いですし、現地の友達に話すのも良いですよ!話を聞いてもらって、泣いて、リフレッシュすることが大切です。1人で抱え込まず相談しましょう!

・生活環境を変える
その時の生活環境や生活リズムが原因の場合は見直しましょう。例えば、仕事ばかりしていてプライベートの時間がない場合、ホームシックに陥りやすくなります。リラックスをできる時間を持ちましょう。

・運動を始める
ジョギングを始めるのも良いですし、ジムに行き始めるのも良いですよ!カラダとココロは2つで1つです。心身ともにリフレッシュしましょう☆

・外出を頻繁にする(学校や仕事ではなくプライベートで)
ビーチやカフェ、美術館など好きな場所へ足を運びましょう!

・コミュニティを見つける
兎に角、「人と話すこと」「コミュニケーションをとること」はとても重要ですよ☆

・家を変える
これは私が実際にホームシックを解消したうちの1つの方法です。「ホーム」と思える居心地の良い家に住みましょう。

 

4. ホームシックにならないための予防方法

ホームシックにならたいための予防法を知っておきましょう!

・悩みすぎない / 考えすぎないこと
よく分かります…考えすぎちゃいますよね。私自身も心配性なので悩みだすと止まらないタイプです。しかし、視点を変えて物事を見ることはとても大事ですよ!ピンチだと思った時こそ実はチャンスだったりします☆

・コミュニケーションをしっかりとること
1人で解決するのはなかなか難しいです。家族や友達に頼ることを恐れず、深刻になる前に悩み事などは相談してみましょう☆言葉にして自分の気持ちを伝えるだけでもリフレッシュできますよ。

・自分の時間を大切にすること
忙しくても自分の時間はしっかりとるようにしましょう。好きなことに費やす時間は心を癒してくれます。

・無理な生活はしない
日本でできていた生活が渡航先でも同じようにできるとは限りません。例えば、日本でバリバリ働いていて平気だったからといって環境の変わった場所でも同じことが出来るかと言えばそうでもありません。挑戦することも大事ですが、少しでも辛くなったら1度自分自身の生活を振り返るようにしましょう。

 

5. 私のホームシックの経験

次に、私の体験をお伝えします。私も1度ワーキングホリデー中にひどいホームシックにかかりました。毎日仕事場と家の往復でさらに、その時は勉強にも力を入れていたためプライベートの時間を全く作らなかったんです。

仕事は楽しく、仕事仲間にも恵まれていたのですが、家族連れのお客さんを見ると涙が流れたり、突然悲しくなったりしていました。仕事先のテーブルを拭いている時でさえ泣いていました。

このままでは本当にダメだと思い、髪の毛を切ってショートヘアにして気分を変えようとしてみたのですがさほど気持ちの変化はなかったです…(笑)

環境を変えてもっと自由な時間を持とうと思い、2つしていた仕事のうち1つを辞めました。そしてオウンルーム(1人部屋)からその前に住んでいた家のシェアルームへ引っ越しました。友達と頻繁に遊ぶようになり、ジムにも行き始め、自分の時間を大切するようになり克服する事ができました!!

 

最後に

ホームシックになる原因は様々だと思いますが、共通して言える事は、「1人で抱え込まず誰かに相談する事」、「泣きたい時は泣いてリフレッシュすること」です。私はホームシック中に多くの方に支えてもらいました。1人っきりで解決するのはなかなか大変です。誰かに頼っても良いんですよ。

ホームシックになることは決して悪いことではありません。乗り越えた時は心が強くなります。ですが、ホームシックになる前にできれば予防をして毎日楽しく過ごすことが重要です。

>>次の記事はコチラ>>
行き詰まったら初心に戻って振り返ることも大事です。環境を帰る勇気から全ては始まります!ホームシックになった時は渡航前に感じていた気持ちを思い出してみましょう☆▼▼▼
環境を変える勇気から全ては始まる!海外でしか得られないものを考えよう

YURIからワンポイントアドバイス

・悩み事は1人で抱え込まず、家族や友達に遠慮なく相談しよう☆
・泣きたい時は思いっきり泣こう♪
・ストレスフリーな生活を送ろう!
・ピンチはチャンス!視点を変えて物事を見るのも大事☆

無料メール相談受付中

毎月100名以上のカウンセリング実績がある安心の『手続き無料』エージェントです。

留学・ワーキングホリデーの費用や準備に関するお問い合わせを24時間受け付けています。皆様の状況やご希望をお伺いした上で、留学のプロが丁寧にお答えします。どんな些細な事でも、何か気になる事などございましたら、お気軽にご相談下さい☆

この記事がためになったと思ったら、SNSで「いいねぇ♪」して下さい☆

今週よく読まれている記事