【渡航後の買い物】渡航から最初の1週間、現地スーパーでまず買っておきたい買い物リスト

【渡航後の買い物】渡航から最初の1週間、現地スーパーでまず買っておきたい買い物リスト
この記事で説明する準備渡航後に必要になるものについて確認しよう
難易度:★★☆☆☆ | 所要時間:15分間

オーストラリアに着いて、ホームステイ先やシェアハウスなどで生活を始める際に必要なモノはどこで買えるのか、また何を買えばいいのか、ひとまずはこれを押さえておけば大丈夫!というものをご紹介します。

今回は、オーストラリアの3大スーパーの一つ、ウールワース(Woolworths)で買えるモノでまとめてみました。記事後半では知っておくと便利というものも載せているので合わせてご覧ください!

なんでも揃うウールワース(Woolworths)

日本でいう食品から生活用品まで揃う大手チェーンのスーパーマーケットです。ウールワース以外にも、留学生が良く使うであろうドラッグストアや他社スーパーマーケットもありますが、ある程度の地域に高確率であるウールワースでほとんどのものが揃うので今回はウールワースからご紹介します!
各通路に番号と置かれている食材が書かれています。日本も同じですよね ♪

食品編


野菜や果物、料理に必要なものを購入しましょう! 1つ単位での金額が書いてある場合とKg単位で書いてある場合があります。

お肉も必要ですよね♪ 鶏肉・牛肉・豚肉・ラムなど種類によって分かれています。

パンもこんなに種類があります。もちろんバターやジャム蜂蜜、ピーナッツバターなどもありますよ!

お米も種類が色々ありますがこの「Sun Rice Medium Grain」というのが一番日本米に近いです。

水を買うならコンビニよりもスーパーマケットで!オーストラリアは水道水も飲めるので水筒に水を入れて持ち歩いているオージーをたくさん見かけます。

オイルの種類も豊富。サラダオイルを始め、オリーブオイル、ココナッツオイル、エゴマオイルまであります。上に紹介しているものの他には、調味料や卵、バター、乾麺、パスタ、シリアルなどがメジャーかと思いますが、もちろんそれらも売っていますよ!

生活用品編


洗剤もこんなに沢山。日本と同じように液体タイプとパウダータイプがあります。ちなみに、柔軟剤には「Softener」です。

トイレットペーパーも滞在先では、各自が自分で準備しますので買っておきましょう。他にはシャンプーやボディーソープなども買う必要があります。

いざという時役立つ情報

パスポート写真
パスポート写真を撮影出来る場所です。Central 駅の南口を出た後、ヘンリー・ディーン・プラザというスペースへ向かって歩きます。そこを抜けていくと右手にそのお店があります。

Central南口の改札を抜けて駅構内を抜けるとヘンリー・ディーン・プラザと呼ばれる広場に出ます。そのままトンネルに入るように直進します。

ここの写真屋さんでPassport写真の撮影が可能です。

風邪薬
総合薬のような働き。カプセルがカラフルでいかにも効きそうです。これはPriceLine(薬局)で買うことが出来ます。
のど飴
日本の○ィックスさんのような効能ですが、効き目はそれよりもはるかに強い!風邪の菌に働きかけてくれる他に喉の痛みを和らげる成分(鈍感にする成分?)が入っているようで、正直舌のしびれも感じます(笑)
頭痛薬
色々な種類があるのですが、これがメジャーな頭痛薬、痛み止め。
酔い止め薬
*薬に関してはオーストラリアで一般的なものを紹介しているので、効き目などについては各自それぞれです。服用の際には薬剤師のアドバイスを参考にして下さい。

まとめ

日本から持ってくるものは分かったけれど、ついてから何を揃えればいいのか意外と質問を受けます。日本製品のこれじゃなきゃダメ!というもの以外は現地で買い揃えることが出来ますよ。特に食品の持ち込みに関してオーストラリアはとても厳しいので、食品を持ち込む場合には事前によく確認するようにしてくださいね!

ともみ先生からワンポイントアドバイス

・日本からの持ち込みもいいけれどぜひオーストラリアの製品にもチャレンジしてみて!
・それでもこだわりの日本製品があれば持ち込みを!
・食品の持ち込みが厳しいので細かく確認を!

無料メール相談受付中

毎月100名以上のカウンセリング実績がある安心の『手続き無料』エージェントです。

留学・ワーキングホリデーの費用や準備に関するお問い合わせを24時間受け付けています。皆様の状況やご希望をお伺いした上で、留学のプロが丁寧にお答えします。どんな些細な事でも、何か気になる事などございましたら、お気軽にご相談下さい☆

この記事がためになったと思ったら、SNSで「いいねぇ♪」して下さい☆