【奨学金】高校生向け「トビタテ!留学JAPAN」の募集要項、次回第3期は10月募集開始!のはず(未発表)

【奨学金】高校生向け「トビタテ!留学JAPAN」の募集要項、次回第3期は10月募集開始!のはず(未発表)
この記事で説明する準備トビタテ!留学JAPAN高校生コースについて知ろう
難易度:★★★☆☆ | 所要時間:2時間

2013年から始まった「君が留学する、という国家プロジェクト」というキャッチフレーズの官民協働の留学生支援プロジェクト「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」、その内容がずば抜けてインパクトがあるため、名前を聞いたことがある人は多いのではないかと思います。

学問の留学だけではなく、スポーツや芸術、国際ボランティアや技術習得までも「留学」として認めるという、とても斬新で、今までの留学支援や奨学金の規定とは大きくかけ離れている国家プロジェクトです。

現役の大学生と高校生などを対象とし、2020年まで大学生1000高校生500毎年海外へ送る予定です。

今までに沢山の大学生や高校生、高校生の親御様から留学に関する質問や相談を受けてきましたが、この奨学金について具体的に知らないという方も多いので、前回から2回に分けて少し詳しく紹介しています。

2020年までの国家の奨学金プログラム。返済不要で、学問だけの枠に捉われない幅広い留学を金銭面・知識面・精神面から支援しています。

後半の今回は、高校生向けのプログラムを紹介します。これから留学を考えている沢山の高校生にどんどん応募して頂きたいなと思います。

大学生向け(高校生以外)のトビタテ!留学JAPANの募集要項に関しては前回の記事を参照にして下さい。

【トビタテ!留学JAPAN特集】
【奨学金】大学生向け「トビタテ!留学JAPAN」でオーストラリア留学!次回第6期は7月募集開始だよ
【奨学金】高校生向け「トビタテ!留学JAPAN」の募集要項、次回第3期は10月募集開始!のはず(未発表) ←今ココです

 

トビタテ!留学JAPAN高校生コースを一気に理解する

高校生向けのプログラム「高校生コース」は2015年から募集が始まりました。現在(2016年3月30日)第2期の募集が終盤に差し掛かっています。

この「高校生コース」とはどのようなプログラムなのか、たった7分51秒で理解できるトビタテ!留学JAPAN公式紹介ムービーがありますので、まずは、こちらをご覧下さい。


「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」高校生コース紹介MOVIE-第2期 募集用-
「トビタテ!留学JAPAN」のビジョン、高校生コースの特徴・概要、応募要件、応募から帰国までの手順について凝縮して説明しています。

どうですか。ワクワクしませんか??

 

高校生コースの概要

このトビタテ!留学JAPAN高校生コースは、

多様な分野においてリーダーシップを発揮し、 世界で活躍しようとする又は日本から世界に貢献しようとする意欲のある若者の留学を高等学 校段階から支援することで海外留学の機運を高めること

を目的としており、

高等学校、中等教育学校後期課程、特別支援学校高等部、高等専門学校(1~3 年次)、専修学校高等課程に在籍する日本人生徒等に対し、諸外国への留学に必要な費用の一部を奨学金等として支給し、

留学経験の質を高めるため、留学の前後に研修を実施するほか、留学後の継続的な学習や交流の場としての留学生ネットワークを構築する

支援を受ける生徒は、

留学先において日本や日本の地域の良さを発信する“アンバサダー活動”と、帰国後、海外の魅力や留学で得た体験を周りに伝える“エヴァンジェリスト活動”にそれぞれ取り組む

事を行うプログラムです。

 

高校生コースに求められる人物像

では、どのような学生がトビタテ!では求められているのか。以下の3つのポイントが挙げられています。

① 日本人生徒等であって、将来のグローバルリーダーとして、留学を通じて以下に掲げるような素養を身に付ける意欲を有する人材
・世界の人々との交流を通じた経験から学ぼうとする意欲
社会のために貢献しようとする志
・失敗を乗り越え、試行錯誤しながら挑戦し続ける気持ち
・様々なことに好奇心、探究心を有し、未知の領域に対しても挑戦する姿勢

② 留学先において日本や日本の地域の良さを発信し、帰国後、日本において留学の意義や成果を積極的に発信する人材

③ 事前・事後研修や本制度で実施する諸活動に積極的に参加する人材

いかがですか。こうやって書かれると少し固いイメージがしますが、、w 要するに、前向きで、ポジティブで、意欲あふれる好奇心旺盛な人物。海外に出る事が楽しめる人物。情報発信を楽しめる人物という感じでしょうか。

 

プログラムの応募要件

  • 対象:高校生なら誰でも(同年4月入学の新入生も対象)
  • 留学期間:14日以上1年以内
  • 受け入れ先がある留学計画があること

*トビタテ!留学JAPANの大学生プログラム同様、日本に永住する学生であれば対象となっています。高校生プログラムも日本国の高校等に在籍していれば在日韓国人の方も応募可能です。

 

【次のページ】高校生コースのカテゴリーと募集人数、第2期の応募人数と応募傾向、応募の流れ

無料メール相談受付中

毎月100名以上のカウンセリング実績がある安心の『手続き無料』エージェントです。

留学・ワーキングホリデーの費用や準備に関するお問い合わせを24時間受け付けています。皆様の状況やご希望をお伺いした上で、留学のプロが丁寧にお答えします。どんな些細な事でも、何か気になる事などございましたら、お気軽にご相談下さい☆

この記事がためになったと思ったら、SNSで「いいねぇ♪」して下さい☆

今週よく読まれている記事