失敗しない語学学校の選び方② 自分にあった都市と学校を選ぶ基準

失敗しない語学学校の選び方② 自分にあった都市と学校を選ぶ基準
この記事で説明する準備都市の選び方と質の高い語学学校の選び方を知ろう
難易度:★★★☆☆ | 所要時間:30分間

語学学校選びで大事な基準となる都市選びと失敗しない学校の選び方について説明します。

学生ビザで留学をする場合は、どの語学学校に行くのか、留学前に決めなければなりません。

ワーキングホリデーの場合は、渡航後に実際に学校を見学して、更には体験レッスンまで受けて自分の気にいる学校を探せるのですが、、学生ビザの場合はそうもできないので、しっかり学校選びをする必要があります。

この学校選びは自分でしようとするとなかなか難しいですよね。しかし、留学エージェントに言われるがままに決めてはダメですよ!(私もエージェントだ!w)それに、語学学校ランキングや口コミサイトもあまり当てにはなりません。

本記事に、チェックポイントを書いておきますので、判断基準として使ってください。これは、私が学校見学に伺う際にチェックしているポイントでもあります。自分で納得できるかどうか、しっかり考えて失敗しない学校を選びましょう。

失敗しない語学学校の選び方① 自分が本当にやりたいコースを選ぼう
失敗しない語学学校の選び方② 自分にあった都市と学校を選ぶ基準 ←今ココです

 

オーストラリアの都市で選ぶ

前回の記事に書いたコース選びと同じく重要なのが都市選びです。

オーストラリアの留学先には、主に9つの都市があります。

ケアンズ、ブリスベン、サンシャインコースト、ゴールドコースト、バイロンベイ、シドニー、メルボルン、アデレード、パースです。

都市により、「学校の数」「費用」「生徒の雰囲気」「選べるコース」「生活費」「ライフスタイル」「天候」「街なみ」など、色々な要素が変わりますので、都市選びはコース選びに次いで最も重要なポイントです。

都市が変わればライフスタイルも変わります。ビーチの近くに住みたい、のどかなリゾート地に住みたい、気候が温暖な所がいい、大きな街で遊びに困らない所がいい、洋服が好きだからショッピングが出来る所がいい、カフェでのんびりできるところがいい、外国人が好む食を知りたいからレストランが沢山あるところがいい、スポーツができる所がいい、などなど。

自分にあった生活・ライフスタイルを求めて都市を選びましょう。

前回の記事、コース選びでも紹介した「英語 x サーフィン」のコースはサンシャインコースト、バイロンベイ、ゴールドコースト、シドニーにしかありません。このように一部のコースには開講都市が限られる場合もあります。

また都市により学校の数も変わります。バイロンベイには語学学校は2校だけ、サンシャインコーストには1校だけと地方には語学学校は少なく、都市部になれば語学学校は多くなります。その分、選べるコースも幅広くなり、学費についても料金の安い学校・高い学校と幅も出てきます。

まずは、「自分がやりたいコース」と「自分が求める生活(ライフスタイル)」の2つを掛け合わせて、該当する学校を探すことから始める事が良いかなと思います。

参考記事:オーストラリアの都市選び

 

予算は幾らなのか

次に大事なのは、学校に使える予算が幾らなのかということです。ここで比べるポイントがあります。学費が高い学校と安い学校は何が違うのか、ということです。

「英語をしっかり勉強したいが費用はなるべく抑えたい・・。」という声をよく聞きます。ここでしっかり費用を抑えるとどこが変わるのか、また予算を抑えた上でその中でもいい学校を選ぶポイントを知っておきましょう。

学費が高い学校 = 質が高い学校??

一般的に、学費が高い学校の方がいわゆる「質の高い」学校だと言われます。しかし、私の見解ですが、過去1年、色々な学校の評判を直接生徒から聞いていると、学費が高い=質が高いとは繋がらない学校も多いという事がわかってきました。

質が高いというのは、どういう事なのでしょう。ここで見てみましょう。

 

授業時間

学費が高い学校は全体的に授業時間が多いです。1週間に25時〜28時間の授業を受ける事ができます。逆に学費が安い場合は、1週間に20時間、学生ビザ規定きっかりの時間です。

先生の質

先生は全て資格持ち・経験も豊富、教え方が上手でクラスを飽きさせません。良い先生は準備も周到で時間を惜しみません。学生一人一人に目を配り、レッスン以外の時間でも相談にのります。反対にダメな先生は、これらをやらない先生です。また、ダメな学校はクラスの先生がコロコロ変わります。

生徒の質

良い学校は、生徒の勉強しようという気持ちが強いです。レッスン中は皆集中し無駄な会話は少なく活気があります。皆が集中しているから自分も集中できます。レッスンに真剣に打ち込むため先生も授業が楽しく明るい雰囲気でレッスンが進んでいきます。このようなレッスンの場合、毎日の学校が楽しくなりますよね。逆にダメな生徒の場合は、無駄口が多かったり集中に欠けている生徒が集まっている学校/クラスです。そんな学校の場合は学生サポートに苦情を出しましょう。

学生サポート

良い学校は、専任の学生サポートスタッフが常駐しています。また、日本人スタッフが常駐している学校も多くあります。個人個人に対して親身にサポートを行ってくれます。

選択クラスの豊富さ

良い学校は、通常の主要クラスの他にも学生が自由に選択できる「選択クラス(エレクティブ)」を豊富に準備しています。グラマークラス、発音クラス、TOEICクラス、リーディングクラス、リスニングクラスなどなど。自分が苦手とする分野や気になる分野を補うよう工夫されています。逆にダメな学校の場合は、分かりますよね。そのような選択クラスはとても少ないです。

施設

学費の高い学校は、一般的に校舎が綺麗な所が多いです。フロアーやカーペットが綺麗、部屋が綺麗に清掃されている、クラスルームの机や椅子も整然としている、コンピュータールームもありパソコンが自由に使える、食堂や食事ルームがあり電子レンジも数台あるなどなど。学校に入った時に「この学校綺麗だな」と思える所です。安い学校は、フロアーも汚く、壁やペンキも汚く、机や椅子も古いです。一目瞭然ですよね。

校外アクティビティ

良い学校は毎日のようにレッスン後のアクティビティが準備されています。週末には市外へのツアーやビーチでBBQなどの催し物も定期的に行われます。学校内の他のクラスの生徒にも出会えるチャンスで、もちろん同じクラスの生徒とも仲良くなるチャンスです。

進学へのパス

学費の高い学校は一般的に独自の進学パスを持っています。良い例は大学付属の語学学校です。大学進学を目的にした学生はその付属の英語学校で学ぶことで無試験で大学へ進学できます。また、専門学校やTAFEも同様に提携している語学学校からは英語テストが無試験で進学できます。

実際の学費

色々と質が高い学校は何が違うのか、という事を見てきましたが、実際の学費は幾らぐらいなのか。1週間の授業料は、こちらです。

高い 500ドル 〜 160ドル 低い

こんなに差があります(笑)

大学の付属の英語学校が一番高く、語学学校が一番多く密集するシドニーにある語学学校が一番安い学費を出しています。

しかし、先ほども言ったように、学費が高いから質が高い学校とは「ならない」ので、先生の質、生徒の質、その他の基準で判断しましょう。

 

キャンペーンの有無

質の高い学校へ通いたいけど、学費が高い、、、とお思いの方へ朗報です。多くの語学学校はキャンペーン料金を持っています。

通常、長い期間の申し込みをすれば、1週間あたりの学費が安くなるようにできています。

英語を習得するには、最低6ヶ月〜1年は語学勉強に費やしましょう。

英語習得の目安として、1ヶ月で英語に慣れ、2ヶ月で会話ができるようになり、3ヶ月で耳が聞けるようになります。6ヶ月で会話の幅が広がり発音も上手になり、9ヶ月で読み書きも上手になります。1年で生活に支障がない英語が話せるようになります。

英語を習得するためには長めに申し込む方が良いです。質の高い良い学校でじっくり腰を据えて勉強しましょう。

我々、正規の留学エージェントは各学校のキャンペーンを持っています。キャンペーンを行っている学校について知りたい場合はいつでもご連絡ください。

 

まだまだ学校選びのポイントはあります。

国籍比率で選ぶ

バランスの良い国籍比率というのはすごく大事な要素です。あるアジアの一国だけが固まっていたら、学校の休み時間にはその母国語をずっと聞くことにもなりそうですよね。同じように日本人ばかりがいると、どうしても日本語を多く聞いてしまいます。

バランスの良い国籍比率とは、南米、ヨーロッパ、アジアの各国からの学生がバランス良く学校の中にいること。そうすることによって休み時間には英語を聞く・使う時間が増えます。

それに、色んな国の学生が話す「癖のある英語」にも慣れることもできます。これは以外に重要で、オーストラリアのような他民族国家で生活すると結局はオージーばかりではなく色んな国の人と接することになるため、癖を理解しておくと会話がとてもスムーズに出来るんですね。東南アジアやヨーロッパなどの国に行った時にも対応できますし、それぞれの特徴を知っておくと便利ですよ。

国籍比率のバランスについては、語学学校のスタッフの方の努力によって保たれているんです。バランスを考慮している学校は良い学校だと言えるでしょう。

日本人比率の実体

日本人の英語の特徴として、「読み」「書き」はできるが「話す」「聞く」が出来ないという人が多いです。話せない、聞けないため、最初は初級クラスから始める人が必然的に多くなります。

これは、ほとんどの語学学校で共通していることで、レベルが上がれば日本人の数も少なくなりますので、長期的に通ってレベルを上げようと考えている人は、最初だけだと思ってあまり深く考えなくても良いかと思います。

 

イングリッシュオンリーポリシー(母国語禁止)

学校内では、英語しか話せないポリシーを徹底している学校があります。母国語で話してると「罰」が課せられることもあるとか・・w しかし、このようなポリシーは生徒のためを思ってのこと。英語習得の近道は英語を使うことです。無理してでも英語で話すようにしましょう。

 

日本人スタッフの有無

日本人スタッフがいると学校で休みを取る際の手続きや進学や授業についての相談など色々な場面で助かります。もちろん英語で相談すれば良い、とも言いますが、短期留学者で英語が初級の方にはとても助かりますよね。

 

クラス人数

良い学校は、クラスの人数も調整しています。どの学校もクラスの人数は、12人〜15人ほど。クラスに20人もの生徒がいるような学校はあまり良い学校とは言えないかもしれません。

 

まとめ

この記事では、学校選びの重要なポイントとしてコースとあわせて都市を選ぶことが大事だと説明しました。

都市選びは自分の生活スタイルにあったもので考えましょう。

そこで幾つか学校を絞ったあとで、その中でも質の高い学校を選びましょう。質が高いかどうかの見分け方のポイントも解説しました。結果、学生のためを思って色々と努力を惜しまない学校が質の高い学校になるんでしょうね。

学費の高さ=質の高さではありません。中には、学費は安くて質の高い学校もありますよ。

私は、自分の目で見て、自分の判断で納得できる「質の高い学校」しか紹介していません。学費が高い学校だけを紹介したりはしません。最高にコスパが良い学校も紹介しています。

そのために常に学校に通っている学生さんのフィードバックをもらいますし、定期的に学校の方にも足を運んでいます。今、オススメの学校について情報が欲しい方は是非ご連絡ください!

最後に、語学学校という所は、沢山の仲間とも出会います。異国から来た留学生とすぐに友達になれるし、一緒に留学生活を楽しむことができます。英語習得は一番の目的なわけですが、留学生活はそれだけでは無いので、自分が一番楽しめると思える所、ワクワクする所で学校を選んでもいいと思います。

ツヨシからワンポイントアドバイス

・都市選びは自分のライフスタイルに合う所を選ぼう
・質の高い学校を選ぶことが英語上達の近道だと覚えておくように
・どの学校が良いのか最後に判断するのは自分。自分が楽しめそうな学校を選ぼう

Photo credit: alandot via VisualHunt.com / CC BY-ND

無料メール相談受付中

毎月100名以上のカウンセリング実績がある安心の『手続き無料』エージェントです。

留学・ワーキングホリデーの費用や準備に関するお問い合わせを24時間受け付けています。皆様の状況やご希望をお伺いした上で、留学のプロが丁寧にお答えします。どんな些細な事でも、何か気になる事などございましたら、お気軽にご相談下さい☆

この記事がためになったと思ったら、SNSで「いいねぇ♪」して下さい☆

今週よく読まれている記事