【留学相談】オーストラリア留学・ワーホリ後の「就活が不安」と悩んでいる方へ対処法をお教えします

【留学相談】オーストラリア留学・ワーホリ後の「就活が不安」と悩んでいる方へ対処法をお教えします
この記事で説明する準備不安に負けずに挑戦する道を選ぼう
難易度:★★☆☆☆ | 所要時間:15分間

皆さん、おはようございます。つよしです!

まず、最初にお知らせです。

お気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、実は先月から『メルマガ』を始めました☆ メルマガだけのお得な情報や現地情報を発信していますので、皆さん是非登録をしてください。毎月1日と16日の配信です。

(*登録はこのページ内の「無料メルマガ登録」から、5秒でできます。)

 

では、本日の本題です!

今日は、最近いただく相談の一つで「オーストラリアの留学(またはワーキングホリデー)を終えた後のキャリアが心配です」というものについて私なりの考えを書きたいと思います。参考になりましたら幸いです。

ワーキングホリデーで渡航される方の多くは、日本で3〜5年ほどのキャリアを積んだ後に渡航される方が多いのですが、そのキャリアに1年間の「ブランク」をあけて日本に帰ってもすぐに就職ができるのか、自分が思うような仕事に就けないのではないか…、そう感じる方が少なくありません。

 

あなたの「理想」の留学の成功は?

まず本質からいくと、あなたが考える「理想」の留学の成功とは何かを整理してみましょう。留学の目標を達成したあとに自分はどうなっているのが理想か、イメージしてください。

例えば、留学に半年間行くとします。半年後の自分はどうなっていたいですか?1年間のワーキングホリデーに行くのであれば、1年後の理想の自分はどうなっていたいと思いますか?

それが、日本に帰国したあとの「キャリアアップ」に繋がること、というのであれば、キャリアアップのための留学プランを考えましょう。典型的な例で言うと「大学院へ行く」「MBAを取る」「短期間のビジネス英語研修をする」「海外の資格を取得する」など。自分の仕事に直結する、または武器となるような資格や技能の取得を目指すと良いでしょう。

また、もしあなたが思う留学(またはワーキングホリデー)後の理想の自分が、キャリアアップよりも海外生活がしたい、海外生活を通して刺激を受けたい、人生を豊かにしたいというようなものであれば、あまり詰め込みすぎずにのんびりしたプランでもいいでしょう。海外で就労して長期滞在したいというものであれば、長期滞在に繋がるような留学プランを考えた方がいいですよね。

 

何ができるか分からないから不安

今、早速10秒ぐらいで、頭の中で理想の自分を想像してみてください。

 

 

 

 

・・・・・。

 

・・・・・・・・。

 

 

 

なんとなく、理想の自分が頭の中でイメージできましたか?笑

 

では、次はプランを考えましょう、という所ですが、

よし、理想に向かってプランを立てよう!とは思ったものの、実際のオーストラリアの生活を知らないし、現地で何ができるのか分からないじゃないか…、と感じた方。そういう場合は、我々カウンセラーに相談しましょう♪(←突然宣伝w)

はい、それも一つの手ですが(笑)、今はオンラインでも沢山の現地情報を見つけることができますよ。どんな仕事があるのか、今の求人事情を知りたい場合は、オンラインの求人情報を実際に見てみましょう。

オーストラリア現地の求人サイトはこの記事にまとめています。

求人サイトには、日本語のもの英語のものがあります。ビザにより応募の制限がある求人もありますが、それでも沢山の求人をオーストラリア全土で見つけることができますよ。

 

次に、現地で活躍している先輩から現地の就職方法を聞きましょう。どんな就活をしてオーストラリア現地企業で就職を勝ち取ったのか。長期滞在や海外就職を目指す人には、沢山のヒントが見つかるはずです。

オーストラリアで現地就職をしている先輩の就活体験談はこちらから。

 

または、スポーツに打ち込みたいんだけど、どこに行けば練習や試合に参加できるのか知りたい、ダンスをしたいんだけど、どこのスタジオがいいのか・イベントはあるのか、そんな現地の情報が知りたい場合は…、これはやっぱり弊社までお問い合わせください☆

 

【次のページ】不安はなくならない?不安に打ち勝つための対処法を教えます。

無料メール相談受付中

毎月100名以上のカウンセリング実績がある安心の『手続き無料』エージェントです。

留学・ワーキングホリデーの費用や準備に関するお問い合わせを24時間受け付けています。皆様の状況やご希望をお伺いした上で、留学のプロが丁寧にお答えします。どんな些細な事でも、何か気になる事などございましたら、お気軽にご相談下さい☆

この記事がためになったと思ったら、SNSで「いいねぇ♪」して下さい☆

今週よく読まれている記事