【ファーム】2016年のファームの探し方と問題点を知ろう

【ファーム】2016年のファームの探し方と問題点を知ろう
この記事で説明する準備ファームの仕事の探し方と問題点を知っておこう
難易度:★★★★☆ | 所要時間:30分

セカンドワーキングホリデービザ取得に必須とされている季節労働について、少し問題定義をしておきたいと思います。少々重たい内容ですので、気分的に読みたくないという方は、次の記事へどうぞ(笑)

なぜファームで労働が必要なのか?

オーストラリアのワーキングホリデー制度は、1回目のワーホリ期間中に、申請規定を満たすことで2回目の申請をすることが可能であり最長2年間の滞在が可能となっている事は、もう皆さんご存知ですよね。

申請規定の中には、政府指定の地域で88日以上の季節労働に従事することで、その権利を得られるという事が含まれているんです。季節労働の中には、ファームでの仕事(各種農作業・動物飼育など)や工場での仕事など様々な業種が含まれるのですが、その多くは農作業です。

様々な問題が表面化

この申請規定については、2005年の導入以来、10年という歳月を経て、やっと(!)様々な問題が取り上げられるようになり公に報道もされるようになってきました。

ファームを中心とした情報の少ない地方での労働という、ある意味閉ざされたエリアで行なわれていることとあり、なかなか表面化し辛かったのかもしれません。

情報を必要としている人に対して、正しい情報が届くようになれないものか、、、。

ファームの求人情報は、日系の求人クラシファイドや英語のサイトでもたくさん見つけることができますし、「ファームで○○万円貯金しました!」などのハッピー系なブログも少なからず存在するのですが、現在表面化している諸々の問題のため、ワーホリ本人の不安は拭えない物となっているようです。

体験談を集めてはどうだろう

確かな情報を届けるためにはどうしたらいいのか、ファーム体験談を含め、現在ファームにいらっしゃる方の声を集める方法はないものでしょうか?

例えば、体験談を集めたらどうでしょう。優良ファーム・悪徳ファームの情報、ご自身の体験などを含めてどこかでまとめて公表したらいかがでしょう。情報発信の信憑性を出すためになるべく実名・顔出し・写真付きなどで見る人が分かり易いようにする必要はあるかと思います。

悪質ファームの情報も重要ですが、それよりも良質ファームの情報が沢山でるようにした方がいいですね。皆さんそういう所を探しているわけですから。あとは仕事の応募方法を明確にすることが大事ですね。実際、バッパーやバンガローなどの宿泊施設が労働者斡旋を行っている場合も多いようで、それならばその連絡先、担当者などの情報があると助かります。

ファームの探し方

私が知っている範囲では、Facebookのグループで「オーストラリア☆ワーキングホリデー」というオープンなグループでよく求人情報やファーム体験者の情報交換が行われています。

また、「Famz – オーストラリアのファーム専門コミュニティ」でも、ファームの求人・ブログ・悪徳ファームの情報が共有されています。(こちらはクローズドグループのため加入申請を出す必要があります。)まだ出来て数ヶ月のコミュニティですが、すでに300名以上のメンバーが参加しているようです。すごく有意義な活動をしているグループだと思います。是非、活発に情報交換が行われる事を期待しています。

(これらのサイトは、Facebookで検索して下さい。すぐに見つかります)

2016年1月18日追記。Australian Picking Information というサイトも見つけました。日系の法人様が運営されているのでしょうか。サイトでは、詳しいファーム情報が日本語で集められるほか、ファーム体験が綴られたブログリンクが多く貼られています。有名ブログも沢山です。一括でファームブログを見つける事ができるのはとても便利ですね。また、こちらのサイト経由で販売されている電子ブックで、オーストラリア国内のファームリストが取得可能なようです。私が電子ブックの中身を見ておりませんので、詳しい事はお伝えできませんが、ファーム情報を取得したい方は直接サイトへ連絡を取ってみると良いでしょう。

APIAustralian Picking Information

日本語でファーム情報、日本語ファームブログリンク集、州別ファーム情報電子ブック販売

これらのサイトを見ている限り、Facebookのクローズドグループ「Famz」に登録しておく事がよさそうですね。現在進行形でファームにいらっしゃる方からの意見や情報がどんどんあがってきています。これからファームに行かれる方は是非登録をオススメします。

その他、どなたか良質なファーム情報を発信しているサイトやFBグループなどを知っていましたら、共有お願いします。

有料コントラクターの実情?

悪徳コントラクターや悪徳ファームという言葉をよく耳にしますが、実際どのぐらい悪徳なのでしょうか。

私が知っている韓国系のファームコントラクターの方々も、やはり信頼できるようなサービスを行ってはいないような話を聞きます。

残念な事は、その会社のサービスを、ある大手日系留学エージェントや韓国系留学エージェントは手数料上乗せして販売してる事です。ファームへ斡旋している全てのエージェントとは言いませんが、悪質なコントラクターのサービスを販売しているパターンは多数存在しています。

エージェントは数百ドルという手数料を乗せて販売。ワーホリ本人は合計で何百ドルという手数料を支払いファームの仕事を斡旋してもらう。

最悪なのは、そんな手数料を支払っておきながら、ファーム先で満足に仕事にありつけない事や、不当に扱われる事、結果移動を余儀無くされ不本意ながらに他のファームをまた探さなければならない事態が起こってるという事。更に、そんな事態になっても大元のコントラクターや販売したエージェントは全然責任取らないんですね。

ファームの紹介をする時点では、そんなリスクの説明はしないでしょうからタチが悪いんです。留学業界にはビジネスに目がくらんで顧客サービスを忘れてしまったエージェントが、今も沢山存在しています。

体験者へお願い、良いファーム情報を発信して下さい

「ファームでの労働」という事は、このセカンドワーキングホリデー制度とそのための申請条件の中に、この季節労働の規定が組み込まれている限り、絶対に無くなりません。

2014年の統計では、1,000名以上の日本人がセカンドワーキングホリデーを取得しています。その全員がファームに行っているわけで、体験した当事者が活きた体験談や情報を発信していかない限り、外部にいる人間またはこれからファームに向かうワーキングホリデーの方々には分かりません。

ファームに行かれた方、是非、あなたの体験談や情報を、次のワーキングホリデーの方のために発信して下さい。Facebookのグループなど、情報を必要としている人たちが集まる場所があります。あなただけが持つ情報を発信して下さい。私も新しい情報が分かり次第、どんどん共有したいと思います。

ツヨシからワンポイントアドバイス

・仕事情報は、FB上のコミュニティや人伝に情報をもらおう。
・有料コントラクター、有料ファーム情報には要注意。
・ファームを楽しんでいる人達は沢山いるはずなのであきらめずに情報を探そう。

無料メール相談受付中

毎月100名以上のカウンセリング実績がある安心の『手続き無料』エージェントです。

留学・ワーキングホリデーの費用や準備に関するお問い合わせを24時間受け付けています。皆様の状況やご希望をお伺いした上で、留学のプロが丁寧にお答えします。どんな些細な事でも、何か気になる事などございましたら、お気軽にご相談下さい☆

この記事がためになったと思ったら、SNSで「いいねぇ♪」して下さい☆

今週よく読まれている記事