【仕事】ワーキングホリデーで出来る仕事と探し方のコツ

【仕事】ワーキングホリデーで出来る仕事と探し方のコツ
この記事で説明する準備ワーキングホリデーで出来る仕事と応募方法を知ろう
難易度:★★★☆☆ | 所要時間:1時間

ワーキングホリデーの仕事というのはオーストラリア生活の中の大部分を占めるのではないでしょうか。

余裕のある資金を準備してきた方以外は、お金を稼がないと学校行ったり旅行したり、好きなこともできないですからね。

そこで、オーストラリアではどのような仕事に就けるのか、お給料はどのくらいなのか、どうやって探せばいいのか、求人に応募するために必要な準備など、ここで解説したいと思います。

貯金がしたいのか、学校の合間にアルバイト経験をしたいのか、キャリアのための仕事をしたいのか、セカンドワーホリのための季節労働をしたいのか、これらの目的によりするべき仕事や探し方も変わります

私も沢山のワーホリ・留学生と話しをしますが、仕事に関する相談は一番多いです。実際に応募のお手伝いも現在進行形でやっています。

日本で仕事探しをする際も同じだと思いますが、やはりお給料の良い仕事に就く、やりたい仕事に就くという事はなかなか難しいことですよね。英語力が必要だったり仕事の見つけ方も変わりますので。

ワーキングホリデーや留学の限られた時間の中、なるべく効率良く仕事に就けるように準備をしておきましょう。

どんな仕事ができるのか?

まず始めに、オーストラリアではどんな仕事ができるのか。これは本当に多種多様な職種があります。

オーストラリアの求人サイトを見てみると、日本の求人サイトと同じくらいの種類の仕事はあります。

ただ、それら求人案件に自分がマッチするか、という点でいうと日本と同じように応募可能な案件が限られてくるという事ですね。

仕事の内容とおよその時給

では早速ですが、ここに日本人のワーキングホリデーが就いている代表的な仕事の内容、その仕事に必要な英語力、更に平均時給をまとめてみます。

日本食レストランのウェイター、ウェイトレス、キッチンハンド

英語力 初級〜
時給 13〜16ドル

見習いシェフ

英語力 初中級〜
時給 日本食レストランで13〜16ドル

ローカルのレストラン、カフェなどのウェイター、ウェイトレス

英語力 中上級〜
時給 17〜22ドル

日本語ツアーガイド

英語力 中級〜
時給 14〜20ドル(研修期間有り)

留学会社などのオフィスワーク

英語力 初中級〜
時給 15ドル前後

オーペア(住み込みでの家事手伝い、ベビーシッターなど)

英語力 初中級〜
時給 20ドル前後または家賃が無料または格安になる場合がある

ホテルやバックパッカーズなどの宿泊施設のクリーナー

英語力 初級〜
時給 13〜22ドル前後

上記の仕事は求人も多くでており比較的見つけるのも楽なので多くの方が就いている仕事になります。

都市と地方都市

基本的に求人や業種が多いのは都市部に固まっています。都市の中でもシドニーはやはり一番求人数が多く、多くのワーキングホリデーの方が旅行前にシドニーに一時滞在してお金を稼いで行くようです。

またシドニー、メルボルン、ブリスベン、アデレード、パースなどの都市部であれば、上記に挙げたような代表的な仕事に就ける事は可能かと思います。

では、地方都市ではどのような仕事があるのか。地方都市でも、飲食店は必ずあります。また、リゾートエリアになると観光に関連したビジネスが盛んですので、ホテルやクリーニング関係、ツアー関係などの求人が多いです。

内陸の方やその他の都市ではセカンドワーホリ取得に必要なファームやファクトリーでの求人が多くあるようです。

ローカルジョブの探し方

やっぱりオーストラリアで仕事するからには、なるべく英語環境で仕事がしたいし、日系の会社よりもお給料の良いローカルの仕事に就きたいと考えますよね。

またローカルの企業での仕事になると就業規則も日本のそれとは大きく変わります。社風も変わればルールや習慣も大きく変わります。それら外国企業での仕事も体験したいですよね。

オーストラリアでどのように仕事を探したら良いのか、別記事にまとめていますので、ローカルジョブの探し方について、以下の記事も参考にして下さい。

【仕事探し】オーストラリアでの正しい仕事の探し方

ワーホリのルール、6ヶ月就労期間の縛り

さて、ワーキングホリデービザには同一雇用主の元で6ヶ月間しか就労ができないというルールがあります。特に現地企業で就労する場合にはこのルールは遵守されていますので、その点注意しておいて下さい。

12ヶ月間の就労が許される条件

2015年、この就労規則について変更がありました。ある一定の業種またはある決まった地域における決まった業種に対しては、12ヶ月の同一雇用主の元での就労が認められました。

2015年7月21日に、まずオーペアに関して、オーストラリア全土で仕事する場合にも12ヶ月の雇用が認められてました。仕事内容が、家事よりも子供のお世話をする事をメインとする事、一番下の子の年齢が12歳以下でなければならない、といった諸条件などもあります。

次に、2015年11月21日に、ノーザンテリトリー全体、クィーンズランド州北部、西オーストラリア州北部のエリアでの決まった業種においては12ヶ月の継続的な就労が認められました。これらの業種には、介護施設や障害者施設での労働、農業、養殖、林業、マイニング、観光業などが含まれます。

12ヶ月の継続した就労を行うためには、移民局に申請をしなければなりません。細かいエリアや仕事の内容、必要書類についてなどは、お気軽にお問い合わせ下さい。

必要な英語力について

次に、皆が気になる仕事に必要な英語力について。自分の英語力に自信が無い方は、自分がどんな仕事に就けるのか心配ですよね。

ローカルの仕事に就きたい、色々な業種の求人に応募したい場合など、やはり重要なのは英語力になります。

どのくらいの英語力が必要かと言えば、仕事内容や環境によって大きく変わりますが、英語力があればある程、良い環境でやりがいのある仕事を経験することができます。

英語力に自信が無い方は、オーストラリアにワーキングホリデーに来る前に、十分に英語力を上げておくことをオススメします。また渡豪後に語学学校に通いオーストラリアで英語を勉強することもオススメします。

オーストラリアに来るだけでは英語力は上がりません。。しっかり勉強して、常に英語環境に身を置くことを意識しましょう。

オーストラリアで自分がやりたい仕事に就くため、お給料の良い仕事に就くためには英語力は必要になりますので、英語の勉強はできるだけやっておきましょう。

目安は語学学校の中上級レベル以上

ローカルの仕事に就くことができるかどうかの目安は、語学学校のレベルで中上級レベル以上、TOEICでは700点以上を獲得していることです。英検だと2級〜準1級ぐらいでしょうか。

もちろん、業種や役職により左右されますので、あくまでも目安です。

中上級以上あると、日本人は自分一人という環境で、しっかりとした態度で仕事に臨むことができ、ある程度責任のある仕事も任され、覚えることも沢山ある完全に英語環境での仕事場でも対応できるでしょう。

ビジネスで使う英語、電話での対応やメールでの英語などはある程度は語学学校のビジネスコースでも学ぶことができます。それらのスキルは付けておいた方が良いでしょう。

英語力が伸ばせる仕事

仕事をすることで英語力が飛躍的に伸びることもあります。

仮に英語力が初級の方で、日本食レストランでアルバイトを始めた方でも、周りの従業員に日本人以外の方が働いていれば必然的に業務上英語を使います。当然お客さんには色々な国籍の方がいらっしゃるので英語での接客にもなります。

業務上で使う英語は学校で習うものとはまた違います。

更に、仕事のプレッシャーの中でどうしても英語を使わなければならない状況の中で、新しい単語や言い回しなども使います。そんな逆境の中で覚える英語も必ずあります(笑)

100%日本人に囲まれた仕事場で、日本人向けにサービスを行う仕事で無い限り、なるべく英語を使った環境に身を置いて仕事をすることで英語力も伸びるでしょう。

では仕事選びで重要なポイントを見ていきましょう。更には貯金できる仕事の探し方、ローカル求人応募のコツも少し紹介します。

 

キャリア vs 貯金

では、キャリアか貯金かについてについて考えましょう。

仕事を選ぶ比重として、収入=キャリアとはなかなか繋がらない場合が多いのではないでしょうか。特にオーストラリアの場合に当てはまると思うのですが、貯金をしたい場合は、純粋に、「高給」「安定した就業時間」が得れる仕事を選ぶべきですよね。

またキャリアを目的にする場合には、「自分の将来」に繋がる仕事を選ぶべきだと思うんです。自分が本当にやりたいとか興味がある仕事に就けるように計画しましょう。

では、まずキャリアを目的とした仕事について書き、次に貯金を目的とした仕事について書きます。

資格を取得してできる仕事

キャリアに繋がる仕事というのは、将来にも続けられる仕事であり、自分が長く続けられる仕事の事を指します。

どうやってキャリアを築いていくか、という部分は後述するにして、オーストラリアでどのような業種が就きやすいかというと、

マッサージ師、ビューティセラピスト、ネイリスト、美容師、シェフ、パティシエ、バーテンダー、自動車整備士、ITエンジニア、会計士、編集者、グラフィックデザイナー、バリスタ、日本語教師、チャイルドケアティーチャー、看護師、介護士、サーフィンインストラクター、ヨガインストラクター、ダンスインストラクター、各種スポーツコーチ、フィットネスパーソナルトレーナー、ダイビングインスタクターなどがあります。

これらの仕事には、オーストラリアの資格を取得しなければ業務に就けない職業というものもあります。

例えば、介護士や看護師、歯科助手、チャイルドケアティーチャー、パーソナルトレーナー、自動車整備士、会計士などが該当します。

逆を言えば、オーストラリアで資格さえ取ってしまえば、それらの専門職に就く事ができる訳です。

手に職をつける仕事

私はダンスをしておりましたので、ダンスインスタクターとしても長く活動していました。私のスタジオでは1回1時間のレッスンで100ドル(8,500円程)以上稼ぐ先生も沢山いましたよ。時給100ドル越えです(笑)

手に職をつける、自分だけのスキルをつける、自分の得意分野で仕事をすると、その分高いお給料の仕事につける可能性が上がると言えるのではないでしょうか。

シェフやパティシエ、バーテンダー、各種インスタクター、マッサージ師やネイリスト、美容師にビューティセラピストなども資格が必要な場合もありますが、基本的にはスキルが必要とされますので、スキルが高ければ、お給料も比例して高い求人が多いかと思います。

平均して時給20ドルから30ドル、ローカルジョブの場合は週末や祝日にはダブルペイとなり給料が2倍、多くて3倍のお給料が貰えます。1日に3〜4万円前後貰うことも可能です。

またスキル重視の仕事は、多くのローカルジョブよりも求められる英語力が低く、仕事に就き易いという事もあります。

オーストラリア国内では、これらの「手に職」「資格」を伴う仕事は求人も多くでていますので、比較的仕事も見つけやすいです。

是非、日本で手に職な仕事をされてきた方は、オーストラリアでも続けましょう。

スポーツでお金を稼ぐ

次に、最近特に注目されているのが、ワーキングホリデービザを利用したスポーツ留学です。

その中でもお金を稼ぐという事であれば、サッカー、ダンス、ヨガ、ダイビングなどでしょうか。

サッカーは、州のプレミアリーグにプロの選手として契約し、お給料をもらい選手として活躍することができます。

ダンスは先述したように、ダンスインスタクターとしてクラスを担当し給料を得ることができます。

同様に、ヨガのインスタクター、ダイビングインストラクターなどは仕事を見つけ易いかと思います。

その他、お金を稼ぐという事ではなく、オーストラリアでスポーツのキャリアを積むという事であれば、様々なスポーツで集中的に強化トレーニングなどを行うことができます。

野球、ラグビー、ソフトボール、テニス、ゴルフ、バスケ、柔道、空手、サーフィンなどでは、各種スポーツに関連した仕事(ボランティアベース)に就く事も可能です。

貯金できる仕事

では次に、20代前半から半ばのワーキングホリデーの方に多く見られる貯金を目的とした仕事探しについて。

オーストラリアは物価が高い分、最低保障賃金も高いです。2017年現在の最低賃金は、時給で17.29ドル(日本円で1,469円)です。

ほとんどのワーキングホリデーの方はカジュアルでの就業になるはずですので、その場合は、時給21.61ドル(日本円で1,837円)という事になります。*1ドル=85円で計算

そんな状況の中、今では出稼ぎワーホリという言葉も出来るように、貯金をメインの目的としたワーキングホリデーの方も多く滞在しています。

どのような仕事をすれば貯金をする事ができるのか。これには、2つの要素が必要になります。

  • 高給(ローカルジョブ)
  • 安定した就労時間

この2点が揃えば、どんな業種でも貯金をしていく事が可能です。

オーストラリアの平均的な生活費は、一月1,000ドル程。時給手取り16ドルとして、週に38時間労働すると608ドル。4週働くと2,432ドルになります。生活費を引いても手元に1,432ドル(12万円程)残る計算になります。

しかし、世の強者ワーホリの中には半年で100万円〜300万円まで貯金している人もいるようです。(ビックリw)

それらの多くの仕事は、ファームや養殖、マイニングなどの仕事(いわゆるセカンドワーホリ対象の仕事)になるようで、英語力もそこまで求められない事から、多くのワーホリの方がそれらの仕事で貯金をしているようです。

以下に、どのようにしたらそれら優良なファームなどの仕事に就けるか解説しているウェブサイトを紹介します。

セカンドワーホリ申請資格関連の求人や情報

ファームの仕事情報、Facebookグループ「Famz」

FREESTYLE TRAVELERFamz

ファームの仕事情報、Facebookグループ「Famz」

ファームの求人情報はオープンなようで様々な仲介業者も徘徊している世界。クローズドなグループを管理することで悪の手が伸びるのを防いでいます。活発に情報交換がされており、とても有意義な場所になっています。これからファームへ行く方は必ず加入されるべし!

ファーム・真珠・マイニングの仕事情報および獲得方法

FREESTYLE TRAVELERFREESTYLE TRAVELER

ワーホリ必見!!セカンドビザ情報〜ファーム・真珠・マイニング〜

筆者は2016年1月現在ワーホリで西オーストラリア州に滞在中とのこと。かなり色々な地方都市で仕事をしてきた経験があるようで、経験に基づいて書かれている分とても説得力があります。中にはかなり高給が貰える仕事もあるようで、お金を稼ぎたいワーホリの方は必見です!

ファームについて書かれているブログリスト

FREESTYLE TRAVELERなちブ〜living freely〜

オーストラリアのファームについて書かれているブログまとめてみた

筆者は2016年1月現在ワーホリでシドニーに滞在中のようです。自身の経験からファームについての記事も幾つか書かれています。ワーホリの方のためになるような情報を沢山執筆されていて参考になる記事も多いのではないでしょうか。こちらのリストもかなりの数を網羅されてて熱い気持ちが感じられます。ビーボーイという所も◎。必見です!

いかがでしょうか。結構沢山のブログがありますね。体験者の皆さんの情報を活かして、皆さんも貯金に挑戦してみて下さい。

英文履歴書とカバーレターについて

最後に、求人の応募に必ず必要となる英文履歴書とカバーレターについても簡単に書きます。

私に相談に来られる方の中にも、求人の応募を続けているがなかなか決まらないという方が多くいらっしゃいます。そういった際に、一度見直してもらいたいポイントが3つあります。

  1. 英文履歴書が十分魅力的かどうか
  2. カバーレターが十分魅力的かどうか
  3. 応募手順が適切かどうか

1. と 2. については、別記事を書いておりますので、そちらを参照にして内容を十分検討してみて下さい。

2. のカバーレターについては職種によっては必ずしも必要ではありません。特に企業などで働きたい場合にのみ必要となります。

3. については、どのようにその求人案件に応募をしているのかを見直して下さい。オンラインで応募している場合はなかなかテコ入れをする事は難しいですが、履歴書を配って回っている場合や人伝に紹介してもらる場合などに特に有効な方法はあります。

  • 履歴書を手渡しする際に、必ず相手に印象付けるように工夫する
  • 採用を担当するマネージャーの名前、連絡先を確認しておく
  • 連絡先が分かれば直接連絡を取ること
  • 正しい応募方法が提示されているのであれば、その手順を守ること

これらを一つずつ見直しして応募を続けて下さい。

仕事が決まるかどうかは運もあればタイミングもあります。色んな要素により左右されますので、くじけずに次々と応募していきましょう。

ただ、仕事を取るためには「情報の収集」と「行動力」、「状況判断力」や「コミュニケーション能力」も必要です。その点も自分で改善できます。あとは、ポジティブに楽しんで頑張るだけです。

【社会人の英文履歴書】英文履歴書の書き方〜仕事が取れる履歴書を作ろう

【カバーレター】カバーレターの書き方〜採用者に読ませるレターの作り方

まとめ

ワーキングホリデーで出来る仕事は本当に沢山あります。 仕事をする目的は何なのか、まずはそこを明確にしましょう。

目的がはっきりすれば次にやりたい仕事を探します。仕事の探し方も幾つかありますので色々な方法で試しましょう。

私の今までの経験上、人に頼るばかりではなく、自分で情報を収集することが出来る人が、良い仕事に就けているように思います。

またワンランク上の仕事に就くためには、「資格」や「手に職」をつけましょう。

貯金を目的としている人はとにかく良いお給料で安定した労働時間が得れる仕事を探しましょう。地方都市にはそのようなオイシイ案件があるようですよ。体験者の方のブログをチェック!

どうしてもなかなか仕事が決まらない方は、自分の応募方法や手段を見直ししましょう。英文履歴書は作ればいいってものでも無いし、どうやってインタビュー・トライアルに辿り着けるのか、研究しましょう。

仕事は最高に楽しいです。一生懸命、夢中になれるような仕事に就けることを願っています。

 

>>次の記事はコチラ>>
仕事探しの際に使えるワーホリ向け英語例文集の記事はコチラです!レジュメを配るまでに覚えておきたいフレーズが盛りだくさん!是非、覚えましょう☆▼▼▼
【確実に仕事をゲット】仕事探しに使える英語例文集13選、ワーホリ向けレジュメ配布編

 

ツヨシからワンポイントアドバイス

・ワーキングホリデーで出来る仕事は沢山ある
・仕事をする目的は何なのかをハッキリさせよう
・仕事が決まるかどうかは情報収集力と行動力だぞ!どうして良いか分からない場合は相談するように!

無料メール相談受付中

毎月100名以上のカウンセリング実績がある安心の『手続き無料』エージェントです。

留学・ワーキングホリデーの費用や準備に関するお問い合わせを24時間受け付けています。皆様の状況やご希望をお伺いした上で、留学のプロが丁寧にお答えします。どんな些細な事でも、何か気になる事などございましたら、お気軽にご相談下さい☆

この記事がためになったと思ったら、SNSで「いいねぇ♪」して下さい☆

今週よく読まれている記事