【速報】ワーキングホリデービザで3年滞在可能に!2019年7月1日適用

【速報】ワーキングホリデービザで3年滞在可能に!2019年7月1日適用
この記事で説明する準備ワーキングホリデーで3年滞在可能に
難易度:★★☆☆☆ | 所要時間:10分間

2018年11月5日、オーストラリアのスコットモリソン首相により驚きの発表がありました。

下記、オーストラリア移民局サイトに掲載されている変更点です。

Changes to the WHM visa program include:
● From 5 November 2018, expanding the regional areas where subclass 462-visa holders can work in agriculture (plant and animal cultivation) to qualify for a second year of stay in Australia. Currently only those who work in Northern Australia are eligible.
● From 5 November 2018, increasing the period in which subclass 417 and 462 visa holders can stay with the same agricultural (plant and animal cultivation) employer, from 6 to 12 months.
● The option of a third-year for subclass 417 and 462 visa holders who, after 1 July 2019, undertake 6-months of specified work in a specified regional area during their second year.
● Over the coming weeks, offering an increase in the annual caps to a number of countries that participate in the subclass 462 visa program.
● Increase the eligible age for subclass 417 visa applicants from Canada and Ireland to 35.

ワーキングホリデービザで3年の滞在が可能に

現在のワーキングホリデービザは、1年目のワーキングホリデービザ滞在中に88日以上の季節労働(特定地域での農業など)をすることで、最長2年間の滞在が可能です。

2019年7月1日以降は、2年目のワーキングホリデービザ滞在中に6ヶ月以上の季節労働をすることで、3年目のワーキングホリデービザを申請可能になります。

ポイントは、
セカンド滞在中に6ヶ月の季節労働を行う、という点ですね。
1年目に連続して長期就労しても対象にはならなそうです。

また、詳細はまだ未発表ですが、スコットモリソン首相のインタビューの中では、申請にかかる書類手続きを簡素化するともありました。今の書類はややこしいので、それは嬉しいですね。

 

6ヶ月から12ヶ月の雇用期間へ

その他の変更点として、

現在は同一雇用主の元では6ヶ月までしか就労ができませんでしたが、季節労働者に限り、2018年11月5日より同一雇用主の元で12ヶ月就労可能になりました。

ポイントは、
季節労働に限りという点。
引き続きノーザンテリトリー準州での介護・建築・観光などのお仕事では12ヶ月の就労が可能です。

 

ワーキングホリデーの年齢制限が35歳に

なんと、、カナダ人とアイルランド人のみ、ワーキングホリデーの対象年齢が35歳までに引き上げられました。

日本人はどこへ・・・・・・。

2016年10月にワーキングホリデーの年齢制限の引き上げが発表されてから早2年。
一向に適用されず、音沙汰なく時間だけが経っていましたが、2カ国を対象のみという結果に。
今後、日本人にもまだ望みがあると信じたいところです。

関連記事:【朗報】2017年1月から、ワーキングホリデーの年齢制限を35歳に引き上げ、3点の大きな規定変更について

 

なぜこのタイミングで変更に

今回は、オーストラリア国内の地方における労働者人口の獲得のための施策として、ワーキングホリデービザの緩和を発表したという背景があります。また、選挙が近いということもあり、リップサービス的な部分もあるのでしょうか。

昨日に発表し、同日に施行、というのもすごいですが、ビザの規制緩和は今後も進めて欲しいです。

ワーキングホリデー中に貯金をしたいなど、ファームジョブを長く続けたい方には最高なニュースですね!

更に詳しくは、下記オーストラリア移民局のサイトをご覧ください。

参照サイト:Changes to the Working Holiday Maker visa program

ツヨシからワンポイントアドバイス

・ワーキングホリデーの3年滞在可能は2019年7月1日から
・1年目、2年目、3年目のプランを立てよう!

無料メール相談受付中

毎月100名以上のカウンセリング実績がある安心の『手続き無料』エージェントです。

留学・ワーキングホリデーの費用や準備に関するお問い合わせを24時間受け付けています。皆様の状況やご希望をお伺いした上で、留学のプロが丁寧にお答えします。どんな些細な事でも、何か気になる事などございましたら、お気軽にご相談下さい☆

この記事がためになったと思ったら、SNSで「いいねぇ♪」して下さい☆