オーストラリアで幼稚園ボランティアをする際に必要な「Working With Children Check」の取り方

オーストラリアで幼稚園ボランティアをする際に必要な「Working With Children Check」の取り方
この記事で説明する準備Working With Children Checkを取得しよう
難易度:★★★☆☆ | 所要時間:1時間

幼稚園ボランティアとは

オーストラリアで人気のプログラムの一つに、「チャイルドケアセンターでのボランティア」というものがあります。

チャイルドケアセンターとは0歳〜6歳までの幼児を対象にした施設の事。そこで現地の子供たちを相手に英語を使った就業体験ができるプログラムのことです。(*各施設により対象年齢は変わります)

業務内容は、英語を使って子供たちと遊ぶこと。朝〜昼過ぎまで、ランチやお昼寝の準備、本の読み聞かせや外での遊び、スタッフの方のアシスタントなど。

日本で保育士をされていた方、将来英語を使った幼児教育に携わりたい方を中心にとても人気なプログラムです。

 

幼稚園ボランティアに参加するためには

通常、オーストラリアでチャイルドケアセンターで就業する場合は、サティフィケイト3(Certificate III)という資格の取得が必須になりますが、ボランティアで就業する場合は資格は必要ありません

必要な英語力についても特に規定はありませんが、英語力が高いほうがより満足度の高い経験ができるのは確かです。

期間は、短期の2週間〜4週間、または1ヶ月〜2ヶ月などで申し込みが可能です。

幼稚園ボランティアに参加するために必要な書類は就業先により変わりますが、一般的には以下のものになります。

  • 英文履歴書
  • Working With Children Check

英文履歴書の作成については、以前まとめた記事がありますので、こちらの記事を参考にして下さい。

今回の記事では、「Working With Children Check」の取得方法を説明します。

 

Working With Children Checkとは

読んで字の如く、子供と仕事をするための審査制度です。

簡単に言うと、オーストラリア各州の管轄により取り決められている制度であり、18歳以下の子供・青年と接する仕事をする人は、関係役所に事前に登録しなければならいというものです。この審査でオーストラリア国内での犯罪歴などが調べられます。

有給・無給ボランティア問わず登録が求められており、有給の場合は登録料が掛かりますが、無給ボランティアの場合は申請費用は無料です。

余談となりますが、VIC州ではこのWorking With Children Check制度は2007年より導入、NSW州においては2013年より導入され、子供と接する様々な仕事に就く人に対し年々義務化が進められています。(QLD州では、Blue Card Systemと呼ばれ、国内で一番早くに導入されています)

WWCC-01

 

Working With Children Checkの取得方法

各州により取得方法、また呼び名も変わりますので、その点気をつけて下さい。

こちらに各州の関係機関のウェブサイトのリンクを貼っておきます。

NSW州 Working With Children Check https://www.kidsguardian.nsw.gov.au/working-with-children/working-with-children-check
VIC州 Working With Children Check http://www.workingwithchildren.vic.gov.au
QLD州 Blue Card Check (System) https://www.bluecard.qld.gov.au
SA州 Child-related Employment Screening http://screening.dcsi.sa.gov.au/screening-process/types-of-screening
WA州 Working With Children Check https://workingwithchildren.wa.gov.au

 

NSW州のWorking With Chilren Check 申請方法

では、これからニューサウスウェールズ州での取得方法を解説していきます。

申請手順は以下の通り

  1. オンラインフォームへの記入(印刷したフォームも有り)
  2. 申請者番号と身分証明書を持って関係役所に行く(有給の場合は費用の支払いも行う)
  3. Emailで結果の通知が来る

手順① オンラインフォームへの記入

まず、NSW州の「Working With Children Check」 のウェブサイトを開きます。

アドレスはこちら。ここをクリックして下さい。

するとこの画面が開きます。

Working With Children Check 申請方法

画面右手の「Start Here」から申請手続きを開始します。

次の画面では、「Apply for your Check」ボタンをクリック。

WWCC-apply-02

次のポップアップで「Continue and apply」ボタンをクリックします。

WWCC-apply-03

次の画面では、個人情報を記入していきます。幾つか注意箇所があるので気をつけて下さい。

WWCC-apply-04

氏名は、必ずパスポートと同じ表記のものを記入して下さい。

そして旧姓がある方は、旧姓がありますか、の質問箇所の「Yes」にチェック。するとこんな画面が開きます。

WWCC-apply-05

旧姓を氏名で記入して下さい。

また画面右手「Volunteer(ボランティア)」の就業場所については、今回の幼稚園ボランティアの場合は「Early education and child care」を選んでください。(上から8番目)

Sector-01

次の画面へ進むと、この画面になります。

WWCC-apply-06

2箇所にチェックを入れて、キャプションを記入、最後に「Submit」ボタンを押せば完了です!

次の最後のページに出てくる「Application Number」を必ずメモしておくように!

 

手順② 申請者番号とパスポートを持って役所に行く

その「Application Number」と「身分証明書(パスポート)」を持って、「Service NSW」のオフィスに身分証明書の認証に行けば、全ての手続きは完了です。

Service NSWService NSW

Service NSWのオフィスを探す。ここをクリックしてお近くのオフィスを探して下さい。

ServiceNSW-logo-01

 

手順③ Email で結果の通知が来る

手続きの結果は、登録したEメールアドレスに送られます。早くて数日。遅いと4週間ほど掛かることもあるようです。

なかなかメールが届かない場合は、受信箱のジャンクメールや迷惑メールフォルダに入っていないかも、併せて確認をしてみましょう。

それでは、以上!NSW州の「Working With Children Check」の取得方法でした。

そんなに難しい手続きではないので、是非自分で挑戦してみてはいかがでしょうか。今回は、NSW州についての解説をしましたが、他の州のものはそれぞれやり方が変わります。先述したウェブサイトリンクからそれぞれ手続きを進めて下さい。

 

その他のボランティアに就きたい方、これらの書類以外に「National Police Check(オーストラリアの警察証明/無犯罪証明)」の取得が求められる事があります。

National Police Check の取得方法は、こちらの記事を参考にどうぞ。

 

ツヨシからワンポイントアドバイス

・18歳以下の青年・子供に接する仕事をする人に取得が義務付けられているこの制度、全然難しくないので、このガイドを見ながら自分で手続きを進めてみよう!

無料メール相談受付中

毎月100名以上のカウンセリング実績がある安心の『手続き無料』エージェントです。

留学・ワーキングホリデーの費用や準備に関するお問い合わせを24時間受け付けています。皆様の状況やご希望をお伺いした上で、留学のプロが丁寧にお答えします。どんな些細な事でも、何か気になる事などございましたら、お気軽にご相談下さい☆

この記事がためになったと思ったら、SNSで「いいねぇ♪」して下さい☆

今週よく読まれている記事